- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

リレー小説をしりとりでやるんガー!

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2017/03/16(木)14:06:26 ID:???
ここは風の谷・・・
最後に「ん」がついても風はやまない
そもそも、末尾の何文字前からしりとりしても良いのだから
384名無しさん@おーぷん :2017/07/20(木)19:25:36 ID:???
中年探偵団、勇気りんりん などと口ずさみつつ
俺はまた、彷徨っていた、
次に出てきた鼻歌は、あすは、チェニスか?、モロッコか?
どうやら、俺は、外人部隊に所属しているらしい 
と、言う事は现在、俺のいる場所は、エリア88なのか?
385名無しさん@おーぷん :2017/07/21(金)20:53:33 ID:???
「88なのか?もう…」
米寿を迎えた朝、クシャナは独り言ちる。
思えば波乱万丈の人生であった。更にこの世界に於ける平均寿命は60歳程度。
もう充分に生きたと言えよう。

「ババ様ー!」
「ババ様、おはなししてー!」

パタパタと今日も近所の子供達がやって来る。
いつからか、この風の谷に身を落ち着け、子供達に読み書きを教える様になって数十年…
いつの間にやら、ババ様などと呼ばれる様になってしまった。
悔いは無い。平穏で緩やかな生活。
それを手にする為に足掻いて来たのだろう……。

クシャナ「…ハッ!?」
クシャナ「……嫌な夢を見た。」
クシャナ「クロトワ! クロトワは居るか!! 巨神兵の起動はどうなって居る!!」

さあ戦争の時間だ。
386名無しさん@おーぷん :2017/07/21(金)21:28:53 ID:???
噛んだら怒られた・・・かなしい・・・好きなのに
387名無しさん@おーぷん :2017/07/22(土)02:22:28 ID:???
すきなの にんげん
ぼく(犬) だいすきなの ごしゅじんさま
おもわずかんだら おこられたけど
だいすきなの
わんわん!

夏目「先生、いい加減戻って来いよ…。なに犬の真似してんだよ」
388名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)13:25:51 ID:???
ダヨーンのおじさんだよーん

お出かけですかレレレのレー

これでいいのだ

このスレは赤塚不二夫ワールドが乗っ取った
389名無しさん@おーぷん :2017/07/24(月)14:40:46 ID:???
乗っ取ったぞ、あさま山荘、赤軍派 機動隊はまだか、
390名無しさん@おーぷん :2017/07/25(火)11:02:00 ID:???
まだか、まだかと、急かされて、試験飛行を繰り返す震電では在った、
そして、運命の日8月15日 ラジオからの しのび難きをしのび、耐え難きをたえの
言葉で終戦を知る
あれから、幾星霜、過ぎたのだろう
全ては、学習通りだった 
391名無しさん@おーぷん :2017/07/25(火)15:16:27 ID:???
伝わって来る轟音に何事かと空を見上げれば…

──あれは、あれは震電か!?──

まさかこの目にする時が来ようとは…。
感動に打ち震えるクシャナの下にクロトワが参じる。

クロトワ「殿下、よく見て下さいよ、あれは雷電です」

目を凝らして見れば空を飛んで行く雷電爲右エ門。
マワシ一丁で大空を往くその勇姿に、日本の未来を託すクシャナは涙を禁じ得ない。
392名無しさん@おーぷん :2017/07/26(水)14:03:55 ID:???
ないわ~、その声に振り向くと、貞子が佇んでいた
ひぇ~、声になら、悲鳴を俺はあげそうだった
その時であった、目も眩む様な、閃光が走った 俺の思考はまた停止した
どれくらいの時が経ったのであろう、目の前の景色は一変して焼け野原
393名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)18:27:45 ID:???
腹這いになって暑さを腹で押し付けてくる太陽夏央(たいようなつお)
あついアツイ暑い厚い篤い
やめろヤメロ辞めろ止めろ
お前のせいだったのか太陽夏央
今年の夏もお前のヘソを探してレジャー地を右往左往することになるのか?
・・・
いや待て
これ以上キャラを増やしてどうする
頭がゆだってるのに管理項目を増やすんじゃない
ヒンヤリしたし全キャラ死後のユーレイかもん
394名無しさん@おーぷん :2017/07/27(木)18:55:34 ID:???
モンスター共め、こうしてやる、と俺は、中性子ガンを構えた
その時、
やめてとスターシアの声が響いた、ここはどこだ?
俺は足りない頭で、必死に考えた、このシーンは、暗黒星団帝国編の宇宙戦艦ヤマトだ
395名無しさん@おーぷん :2017/07/28(金)12:45:40 ID:???
堕天使という言葉にはまっていた俺こそ駄天使だったのかもしれない・・・
396名無しさん@おーぷん :2017/07/28(金)13:44:45 ID:???
ない、ない、ない、愛じゃない、 (メ・ん・)? また、どこかで聞いたような
シブがき隊か?
フフッ! どうにかしてるぜ、
どうやら、俺の負けだぜ、時間よとまれ    なんだったけかな 永ちゃんか
397名無しさん@おーぷん :2017/07/29(土)16:34:57 ID:???
ちゃんかちゃんかちゃんかちゃんか♪
ああ鳴り続けてるぜ
何とか音頭
詳しいことは知らんが
398名無しさん@おーぷん :2017/07/29(土)18:24:14 ID:???
「蘭が咲いていたら、根元を掘って球根を確かめるといい」

クシャナが珍しくナウシカに物を教えている。
しかもナウシカの得意分野である植物についてである。

ナウシカ「どうして?姉さん」

クシャナ「睾丸に似ている。気合が入るぞ」
399名無しさん@おーぷん :2017/07/29(土)18:46:15 ID:???
入るぞ、熱湯風呂に、と、」気合を入れつつも、心臓はバクバク言っている
せ~のと、o(*・ω・)○気合だー!! 
ドボン!! 熱くない、どうなっているのだ 野田聖子
400名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)07:25:45 ID:???
「個性が大事だ」
そんなスローガンのもと、腐海が誕生したのじゃよ。

オババは自分のガングロギャル時代の写真を眺めながらそんなことを謂う。
401名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)10:45:20 ID:???
いうことないね、 はぁ~ごくらく、ごくらく、いい湯だな!アハハン
402名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)12:25:23 ID:???
「反抗的だな」
そう言って、見た目は幼女、中身はオッサン! のターニャ・デグレチャフ少尉は、
ぼく(新キャラ)を冷ややかに“見上げる”。そして
「新兵の心得と云うものを教育してやろう」
と、言うが早いが魔力を乗せた拳で、ぼくの股間を突き上げた。(身長差的に丁度良い
位置だった)

──うぎょええええっ!!!!──

更に、悶絶して倒れ込んだぼくの顔をゲシゲシと踏みつける。「そんな腑抜けた事ではオームの群れに呑み込まれて、屍も残らんぞ?」
そう言ってクソ虫でも見る様な目で見下ろすデグレチャフ少尉…。
(中身は兎も角)幼女に踏みつけられて見下げられるなんて…

ご褒美美味しいれす(^q^)
403名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)19:14:34 ID:???
美味しいレストランとの、評判を聞きつけ 会食の予約を入れつつ
俺は、一体、何をしているのかすら判らなくなった
目の前に佇んでいるのは、誰なのか、 
(≧0)Ο //ネェネェ!! 鷹ちゃん そのようにも聞こえた、漏れは、加藤鷹なのか?
404名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)19:53:22 ID:???
仮面の向こうにどれだけの人格を隠しているのだろう?

ぼく(新キャラ・犬)にはまだ2つしかクリーチャー属性が無い。
いつかもっとたくさんの文脈に登場してやるんだ!
405名無しさん@おーぷん :2017/07/31(月)21:55:37 ID:???
「んだんだ、もう帰(けえ)るべさ」
「んだなあ、おらもう、はあ、腹さ減ってきたべ」
「んだんだ、ここは、こって寒みかんなあ」
「みなでハライソさいくだあ」

そう言い合うとオームの群れは腐海へと帰って行ったのでした。
こうして風の谷は平和を取り戻しました。

   どっとはら~い らすたふぁら~い あいあん らいおん ざいおん
406名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)07:20:10 ID:???
on the universe
別の宇宙は知らんぜよ
ジェダイだらけの新撰組に
マイト特攻喰らわせたろか
闇市の仕切りはピザの円周率と知るべし
407名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)07:55:30 ID:???
7時7時シッチジィー♪
408名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)18:27:39 ID:???
「居るんでしょー? ヨルムンガンドさーん」ドンドン
「NHKですー」ドンドンドン
「皆様のNHKですー、集金に来ましたー」ドンドンドンドン

 ガチャ
ヨ「…間に合ってるガンド~」バタンッ!!

「あっ! テレビ見てたらNHKの受信料払わないとダメですよー!
皆様のNHKですー」ドンドンドンドンッ!!

 ガチャ
ヨ「スカパーのナショジオとヒスチャンしか見てないから」
ヨ「NHKは関係ないガンド~」バタンッ!!

「見てなくてもテレビ持ってたら受信料は払って下さいー」ドンドンドンドンドンッ!!!

 ガチャ
ヨ「見てなくても金取るとか、どこのヤ○ザガンド~?」バタンッ!!

「ちょ、受信料払うのは国民の義務ですよー」
「あと○クザじゃなくて皆様のNHKですー」ドンドンドンドンドンドンッ!!!!

 ガチャ
ヨ「国民じゃなくて蛇だから関係ないガンド~」バタンッ!!

「いやいやいやいや、蛇だろうと海老だろうとテレビ持ってたら払うのが義務ですー」
「皆様のNHKですー!裁判起こしますよー?」ドンドンドンドンドンドンドンッ!!!!!

ヨ「あー、メンドくせーガンド~……」

ヨルムンガンドが面倒臭くなって人類を滅亡させたのは全部NHKが悪い。
409名無しさん@おーぷん :2017/08/02(水)20:26:26 ID:???
悪いなー他をあたってくれよ、奴はそう言い残し、霧の彼方へと立ち去った
次は幸手幸手、お出口右側です
410名無しさん@おーぷん :2017/08/03(木)15:34:45 ID:???
お出口右側です、と 何故か?関東のローカル鉄道に乗ってしまったようだ
さてと、次で降りて、街を探検してみてみますか
411名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)01:38:25 ID:???
「スカだ…」
辺鄙な田舎村の駄菓子屋でぼく(新キャラ)こと最上ナニガシはがっくり
と肩を落として居る訳であるが、何故こんな田舎の駄菓子屋でクジなぞ引いて居るのかと
言えば、ヨルムンガンドさんの八つ当たりに巻き込まれまいと、銀河なんちゃらとか云う
列車に飛び乗ったところ、うっかり爆睡してしまい、終着駅であるとんでもない
(別次元の)田舎に着いてしまったと言う訳である。
その田舎では駄菓子屋で必ず何か買わないと、其処の見るからにヤンキーな女店主に
木刀でしばき倒された挙げ句、口に無理矢理タニシを詰め込まれる、と地元の
中学生らしき姉妹の片割れ(背の高い方)に聞かされた訳で、特に欲しい物も
無かったぼくは、一等の学術書『捻れ宇宙理論』が欲しいと言う、丁度居合わせた
これまた地元の小学生の為に延々とクジを引いて居る所なのである。

れんちょん「にいにい、運が無いんなー」

薄々気付いてはいたが。
妹が深きものだったり、クトゥグアに焼かれたり、何故かボディコンおねいさんの
パンツの中に落ちたり(首だけ)と、ぼくの運は何処に行ってしまったんだろうか…。
412名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)15:04:25 ID:???
何処へ行ってしまったんだろうか・・・ おれの意識もある時は謎の運転手
また、あるときは、タイムスリップして戦国の世に
これは、俺の願望なのか,
413名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)15:49:10 ID:???
ナノか。
ナノでは駄目だ。
ピコでなければ唄にもならない。
買い置きのカップ麺でも喰おう。
414名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)19:55:51 ID:???
おう、 と呼ばれて振り向けば、そいつは、いきなり斬りかかってきた、
どうする?崖っぷちで逃げられそうにない、
飛び降りるか、助走を付け、おれの身体は、宙に舞った
415名無しさん@おーぷん :2017/08/04(金)22:33:26 ID:???
まったりと美味しいパインアップルジュース。
この美味しさを享受できる優越を、他に誇りながら、寧ろ見下しながら独占する。
しかし目の前にはキウイジュースを飲みながらニヤニヤと笑う奴が居た。

・・・羨ましい・・・!!!!
416名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)11:48:05 ID:???
羨ましい とそいつの顔を見て あっと、驚く為五郎・何??
鏡に映った、俺の顔だ、
ダダーン、轟音が響いた、 う~厶、どうなってしまったのか
417名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)14:17:05 ID:???
「閉まったのか…」
延々とクジを引き続けていたが、結局一等の学術書『捻れ宇宙理論』は当たらず、
気が付けば既に辺りは暗く、駄菓子屋は閉店してしまった。
手にしたのは、三等の何処かの中学生が作ったかの様なネコミミ美少女粘土細工
(とてつもなく出来が良い)と、四等の何処かの女子中学生が作ったかの様な、
れんちょんぬいぐるみ(微妙な出来具合)、そして大量のスカ(ニッケ味が付いた紙を
しゃぶるヤツ)…。
せめて、五等のキウイジュースとは言わずとも、六等のパイン飴くらいは当たると
思っていたが…。
小学生は喜んで紙をしゃぶっていたが。

れんちょん「にいにい、またあしたなの~ん」

小学生は駄菓子屋の女店主(ヤンキー)が送って行く様だ。

うーん、明日もこの田舎に居るつもりはないんだけどな……。

まあ、たまには田舎でのんびりするのも良いかなぁ。
418名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)17:16:47 ID:???
蟻はヒアリについてどう思うのだろう?
エメラルドゴキブリバチにお任せなのだろうか?
419名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)19:07:44 ID:???
か、カエルがなくから帰ろうと、口ずさみながら、俺は、夕焼けを見ていた
ううう・・・目が痛いまだ沈みきっていない太陽を直に見てしまった様だな
懐かしい、匂いに誘われ、一軒の飲食店の扉を開いた、
アラっ、モーさん( ´∀`)ゞ イラッシャーイ どうやら、俺の名前は もがつくようだ
420名無しさん@おーぷん :2017/08/05(土)19:15:42 ID:???
喪がつくようだ・・・
その店でついたお姉さんはどっからどうみても喪女_| ̄|○
421名無しさん@おーぷん :2017/08/06(日)10:57:29 ID:???
女子力は低めだ、俺は、ロックをあおった、ひさしぶりに飲むせいか、廻りも早いようだ
いつのまにか、酔い潰れたのだろう?
気が付けば、隣で小さな寝息を立てている、マリーローズが居た
422名無しさん@おーぷん :2017/08/08(火)13:47:53 ID:???
居たたまれない…
寝ているローズマリーは放っといて、ついた喪女をよく見れば黒木智子じゃねーか!!
よくこんなポンコツJKを店に出そうと…って以前に良いのか!?未成年だろ……

智子「…あ……しょ、しょにょ……ぅぇへへへ………ゴニョ…ゴニョ……」

……駄目だコイツ。接客させちゃ駄目だ………。
なんか不気味な笑いを浮かべて不気味な独り言をブツブツ呟いてる。
同じ不気味系JKでも、黒沼爽子なら座敷童も裸足で逃げ出す程の御利益がある(筈だ)し、
黒井ミサなら憎たらしいヤツを呪い殺してくれる(筈だ)。
だが黒木智子、てめーは駄目だ!!
423名無しさん@おーぷん :2017/08/09(水)18:43:45 ID:???
目だ!奴の弱点は、目だ!

はぁ、そうですか。
でも逆に、目が弱点じゃない生物っているんですかね?
424名無しさん@おーぷん :2017/08/11(金)20:42:59 ID:???
Death金とLive金がある。
死に金と生き金。
無駄な投資は次に繋がらない、ということだ。
しかし本当にそうなのだろうか?
無駄に思えることにこそ、か細いとはいえ普遍に通じる道へと開かれているのではないか?
そう思えてならないのだ。

ぼく「かんぶりあ~ん、えくすぷろーじょ~ん」

いや寧ろ、これこそ行き止まりの発想なのだろうか?
425名無しさん@おーぷん :2017/08/11(金)23:02:19 ID:???
廊下に思いっ切り穴が開いているとんでもない田舎の分校…。
もう廃校になってるかと思って、ここの宿直室に昨夜は泊まったのだが……。
なんと朝になって5人もの生徒が登校して来た(汗)
昨日、駄菓子屋で遭った小学生と、延々とクジを引き続けるハメになった原因
であるところの(頭の)軽そうな女子中学生も居る…orz

れんちょん「にいにい、くじ! 今日もくじひくのんな!!」

………まあ、良いか。田舎の子供に喜んで貰えれば、これこそLive金なのかも
知れないし。
426名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)23:24:02 ID:???
意志に反して一等4億円!?

なぜだ!

買ってないのに!!!!
427名無しさん@おーぷん :2017/08/15(火)00:59:55 ID:???
無いのに有る、有るのに無い、是即ち空即是色色即是空也。
南無阿弥陀仏南無阿弥陀仏~
428名無しさん@おーぷん :2017/08/15(火)07:17:52 ID:???
物々交換の経済に戻ろう
君のアバターと僕のエクボーを交換しよう
・・・あのね
なんとなく解説したくないぞ
これは渾身の!一世一代の!とんちボケなのだから!
429名無しさん@おーぷん :2017/08/15(火)19:39:40 ID:???
体から出て来るのか?エクスクラメーションマーク
430名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)13:51:26 ID:???
マークシートでメニュー選択させられると食欲が減るのですぅ・・・

美味しいもの食べさせたいと考える人が
お店を建てる段階でそのことに気付かなかったのだろうか?
431名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)14:45:11 ID:???
老化したこの国に、残された享楽と言えばラーメン屋デートくらいのものだ・・・。
出来ればモメずに美味しく食べてほしい・・・。

金太郎「N(なんだよお前!)H(変な)K(香辛料入れるなよ!)」フゴフゴ

ナウシカ「うふふ・・・。香辛料って受信料に響きが似ているわね」パッパッ

金太郎は呪侵霊(じゅしんりょう)を祓わなかった。
山暮らしの男である。まずテレビは見ない。
彼は月からの衛星念波を、モニターを介せずに、あばばばと受け取れるのだ。
サテライトでハイパーなムーンライトマザコンなのである。
母に満たない女の股たる、谷による浸透的呪力を甘く見ることがあったとしても、それは無理からぬことである。

ナウシカ「あのね・・・。私が主催してる腐海ミサがあるの・・・。虚心兵も来るのよ・・・今度・・・おいでなさいよ」パッパッ

金太郎「N(何とかしろよ店員!)H(放っとくなって!)K(こいつから香辛料の小瓶取り上げろよ!)」フゴフゴ

哀れなり金太郎。
彼は今、苦境に在る。
しかし苦境に在ることを訴える声は、呪力によって歪められ世間様観音様には届かない。
某国営放送局の略称を叫ぶことしかできないのだ。

ナウシカ「熊さんがね・・・。アナタを誘う私の前に立ちはだかったの・・・。だからね・・・。私・・・。」パッパッ

金太郎「N(何とかひと暴れして助け出してくれ熊吉!)H(本店に連れて来られちまった!)K(こういう時はお前だけが頼りだ!)」フゴフゴ

人々が談笑する店内。と、その奥。
厨房では熊から取ったダシがグツグツと煮立っていた・・・。
432名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)18:09:55 ID:???
停滞している夏の終わりのプールサイドに
黒蟻の推理力と
ジンライムの酔い心地と
433名無しさん@おーぷん :2017/08/18(金)22:46:45 ID:???
「こちとら江戸っ子でい!!」
一心大助の啖呵にちょっとびびったクロトワ。
「お、お前、俺に逆らうときょ、巨神兵衛の兄貴が黙ってねーぞ!!」

しかし、一心大助は全く動じず
「けっ! 巨神兵衛が怖くて腐海の魚が食えるかってんだ!!」
と、腕まくりで天秤棒を突き出す。
「お、覚えてやがれーっ!!」と、お約束のセリフを吐いて逃げてくクロトワであった。

   『御存知一心大助・江戸の旋風(かぜ)の谷』第三話『クロトワ騒動』

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





リレー小説をしりとりでやるんガー!