- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【金メダル】ウサインボルト【北京&ロンドン3冠】

1プーマ:2013/05/29(水)21:26:30 ID:9hZmZj0pd()
選手情報
フルネーム ウサイン・セント・レオ・ボルト
愛称 ライトニング・ボルト
国籍 ジャマイカの旗 ジャマイカ
種目 短距離走
生年月日 1986年8月21日(26歳)
身長 196cm(6フィート5インチ)
体重 93.89kg(207ポンド)[1]
自己ベスト
100m 9秒58(2009年、世界記録)
150m 14秒35(2009年、世界最高記録)
200m 19秒19(2009年、世界記録)
400m 45秒28(2007年)
220名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)10:05:54 ID:UL0
2008年の北京五輪と2012年のロンドン五輪に続き、ボルトがこの3種目で3連覇を果たせば、男子では五輪史上初の3大会連続3冠を達成することになる。

 ジャマイカ陸上競技連盟(JAAA)の選考基準では、世界トップ3の選手には医療免除を申請して代表選考会を欠場することが認められているものの、
代表に選出されるためには後日の大会で競技可能であることを証明しなければならない。

 国内選手権の初日にハムストリングを痛めていたボルトは、男子100メートルの準決勝を終えると、決勝レースの1時間前に棄権。
200メートルを含め、残りの種目では医療免除を申請していた。その後、欧州に向かったボルトは、
ハンス=ヴィルヘルム・ミュラー=ヴォールファート(Hans-Wilhelm Mueller-Wohlfahrt)医師の治療を受けながら練習に臨んでいる写真をSNSなどに投稿している。
221名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)10:06:30 ID:UL0
今季のボルトは、100メートルで9秒88のシーズンベストを記録しているものの、200メートルについては競技会に出場しておらず、今月下旬に英ロンドン(London)で開催されるダイヤモンドリーグ(IAAF Diamond League 2016)で走る予定となっている。

 ジャマイカの選手はボルトのほかに、女子100メートルで今季世界最高の10秒70を記録したエレーン・トンプソン(Elaine Thompson)、ロンドン五輪の男子110メートルハードルで銅メダルを獲得したハンズル・パーチメント(Hansle Parchment)、
そして女子400メートルハードルのジャニーヴ・ラッセル(Janieve Russell)が医療免除を利用しており、3人とも代表リストに名を連ねている。
222名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)10:07:48 ID:UL0

五輪代表にガトリンら127人=米陸上〔五輪・陸上〕

時事通信 7月12日(火)11時34分配信

 【ニューヨーク時事】米国陸連は11日、リオデジャネイロ五輪の代表選手127人を発表し、男子100メートルでアテネ五輪金、ロンドン五輪銅メダルのジャスティン・ガトリンらが
選ばれた。ガトリンは200メートルと400メートルリレーでも代表入り。400メートルリレーのメンバーには、ロンドンで銀メダル獲得に貢献したが、後に禁止薬物使用が発覚して失格となったタイソン・ゲイも入った。

 ロンドンで女子200メートル優勝のアリソン・フェリックスは、400メートルとリレーで代表となり、4大会連続の五輪。同棒高跳びのジェニファー・シュアや男子十種競技のアシュトン・イートンらは連覇を狙い出場する。初選出は84人だった
223名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)10:22:01 ID:UL0
400m


男子400m
ラショーン・メリット 43秒97
Gil Roberts 44秒74
David Verburg 44秒82

110h

男子110mH +1.0
Devon Allen 13秒03
Ronnie Ash 13秒21
Jeff Porter 13秒21
224名無しさん@おーぷん :2016/07/13(水)10:26:36 ID:UL0

女子100m
イングリッシュ・ガードナー 10秒74
Tianna Bartoletta 10秒78
3位はTori Bowie 10秒78

女子200m

Tori Bowie 22秒25
Deajah Stevens 22秒30
Jenna Prandini 22秒53

女子400m

アリソン・フェリックスが49秒68
hyllis Francis 49秒94
Natasha Hastings 50秒25


女子100mH
ブリアナ・ローリンズ 12秒34
Kristi Castlin 12秒50
Nia Ali 12秒55
225名無しさん@おーぷん :2016/07/22(金)11:28:32 ID:P6y
ボルト、ロシアへの厳しい措置を支持 「違反者への強いメッセージになる」

男子陸上短距離界の王者、ウサイン・ボルト(Usain Bolt)が21日、ロシア側の申し立てを却下したスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定に言及し
、ドーピングを許さないという強い警告になると話した。
国家ぐるみのドーピングを行っていたとして、国際陸上競技連盟(IAAF)から出場資格を停止されているロシアは、
陸上選手がCASに異議申し立てを行っていたが、21日にこの訴えを退ける裁定が下された。
これを受けて、国際オリンピック委員会(IOC)は今週末にも、ロシア人選手のリオデジャネイロ五輪出場を全面的に禁止する可能性がある。
しかし、五輪で六つの金メダルを獲得しているボルトは、強い姿勢を見せることこそが陸上界の浄化に向けた正しい道だと信じている。

 英ロンドン(London)で報道陣の質問に答えたボルトは、「多くの人間を震え上がらせる決定だ。それに、
陸上競技が浄化に真剣に取り組んでいるという強いメッセージにもなる」と話した。
226名無しさん@おーぷん :2016/07/22(金)11:29:39 ID:P6y
「悲しいが、決まりは決まりだ。僕はルールを作る立場にも、判断する立場にもない。ただ決定に従うだけだ。全面禁止が正しいとみなさんが感じているのなら、僕も大賛成だ」

 ボルトはこの後、ダイヤモンドリーグ(IAAF Diamond League 2016)のロンドン大会(The Muller Anniversary Games)で、今季初めてとなる200メートルに出場を予定している。

 ボルトにとっては、太ももの張りでジャマイカの国内選手権を棄権して以来の公式戦。リオ五輪に向けて、回復の度合いを確かめる重要なレースとなるが、本人は調整の順調ぶりを強調している。

「いいよ。調子はいい。いいトレーニングができているし、今いる段階には満足している。太ももの状態もいい。現時点で不安はない。体調の良さを自分で感じている」

 試合会場のオリンピックスタジアム(Olympic Stadium)は、ボルトが2012年のロンドン五輪で100メートル、200メートル、4×100メートルリレーの3冠を達成した場所でもある。
ボルトにとっては、これが五輪前最後のレースとなる
227名無しさん@おーぷん :2016/07/23(土)01:22:38 ID:T8j
モウリーニョへラブコール

8月のリオデジャネイロ・オリンピックで100m、200m、4×100mリレーの3種目で3連覇が掛かっているウサイン・ボルトは、マンチェスター・ユナイテッドの大ファンとしても知られている。
そんな彼が新生モウリーニョ・ユナイテッドについて語った。

米『ESPN』のインタビューに応じたボルトはユナイテッドについて「僕はとても幸せだ。ユナイテッドは良い選択をしたと思うよ。だって、モウリーニョは勝者だ。
彼はタイトルを勝ち取るために一心不乱に働く。これは今のユナイテッドにとって、とても必要なことだからね。
彼はチーム作りをしているところだと思うけど、僕はより偉大な選手たちを見られることを楽しみにしているんだ。とても興奮しているよ」と述べた。

さらにボルトは「まだ僕にはお呼びが掛かっていないんだ。でも、まもなく連絡が来ると思うよ。
モウリーニョは、僕がオリンピックを終えるのを待っているんじゃないかな」と話し、指揮官へラブコールを送った。

陸上選手を引退後、サッカー選手へ転身するとジョークを交えて口にしていたボルト。
彼の身体能力があれば、それも可能なのかもしれない。ただ、ピッチの端から端までを9秒台で走る姿は1度でいいから見てみたいものだ。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160722-00010029-theworld-socc
theWORLD(ザ・ワールド) 7月22日(金)21時30分配信

http://i0.wp.com/www.theworldmagazine.jp/wp-content/uploads/2016/07/GettyImages-532086090-min-2.jpg
228名無しさん@おーぷん :2016/07/23(土)01:34:23 ID:T8j

新たに45人陽性=北京メダリスト23人含む―ドーピング再検査

時事通信 7月22日(金)20時57分配信

 【ロンドン時事】国際オリンピック委員会(IOC)は22日、2008年北京と12年ロンドンの両五輪で行ったドーピング検査の検体を再検査した結果、新たに45件(北京30、ロンドン15)が陽性反応を示したと発表した。
北京のケースは主にメダリストを対象にした暫定的な結果で、23件がメダル獲得者だった。
 違反が確定した選手は8月のリオデジャネイロ五輪に参加できない。再検査で新たに違反が発覚したケースは、5月の発表分と合わせて98件となった。リオ五輪の期間中と終了後に、さらに追加で検査を実施する。
 45件のうち、北京は4競技の8カ国・地域、ロンドンは2競技の9カ国・地域の選手。名前は明らかにされていない。前回の発表分では、国際重量挙げ連盟がカザフスタンの金メダリスト4人らの違反を公表。
陸上男子短距離では両五輪の男子400メートルリレーで金メダルに輝いたジャマイカのネスタ・カーターの違反が報道された。
 IOCは過去にドーピングを犯した選手をリオ五輪から可能な限り排除するため、保存された検体を最新技術を使って再検査している。今回の発表分を含め、既に1243件を再検査した。
229【53】 :2016/08/15(月)18:52:26 ID:RVj
テス

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【金メダル】ウサインボルト【北京&ロンドン3冠】