- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

【ツツゥー】ギルドファイアワークス会議スレ250【コッパァ!】

631cGCGfIKxrA :2018/02/04(日)16:12:44 ID:5uR
クソ雑くてすまない
たたき台にしてくれ……

【ニクス公爵家】
 スペロ帝国五爵家の一角にしてニックス公国を預かる大公家。
 帝国の勃興から今日に至るまで、霊龍『白火(はっか)のアルヴニクス』が当主を努めている。

 元来ニックスは「神の火」を奉じ「あちらとこちら」を分かつ使命を持つ一族の土地であった。
 その一族の始祖こそがアルヴニクスであり、その血を引く彼らだからこそ危険な魔物たちが跳梁跋扈するかの地の守護者たり得たのであろう。

 そんなニクス一族、アルヴニクスがスペロ帝国の公爵として叙勲されているのはかの地が持つフルゴル教との深い関わり故である。
 というのも神の火を奉じる神殿こそがフルゴル降臨の地であるとされているためだ。
 フルゴルの計略によって建国されその意志を国教としたスペロ帝国にとって、国内の強力な貴族たちに伍する「軍」の長でありフルゴル降臨の生き証人であるアルヴニクスは是が非でも抱き込みたい存在だった。
 故に彼らは建国に際しアルヴニクスへ「スペロ帝国(フルゴルの理想)を守護する者」として大公位の叙任を打診、彼が「友がそう望むなら」とそれを受けたのである。

 大公が治める土地であるため「公国」として扱われ自治権が認められているが、帝国としては「竜如きに統治は無理。傀儡にすればいい」というつもりでいたらしい。
 しかしアルヴニクスが「叙任されたし責任は果たす」とやたらやる気を出して統治に乗り出したため思惑は大外れすることになった。
 アルヴニクスによる当地などの詳細は《ニックス公国》の項に詳しい。

 前述の通り、当主は「白火」の二つ名を持つ霊龍アルヴニクス。
 その姿はまるで龍の形をした白銀の鎧に青い炎が詰まっているかのようで、神秘的な美しさがある。
 しかし大変な高齢らしく、本人曰く「人間に例えるなら骸骨が気合で動いてるようなもの」らしい。
 スペロ帝国からの召還があった際には術を使って人の姿をとる。その際の容姿は男とも女ともつかない人間離れした美形。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(369件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【ツツゥー】ギルドファイアワークス会議スレ250【コッパァ!】
CRITEO