-  -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

【ほのぼのとした夏と】ファンタジーライフPart.5【平穏な日常】

777アカハネ◆L1x45m6BVM:2019/02/11(月)20:25:02 ID:903
>>776
「ハッハッハ! 何、俺の持ち物では無いので売りはせんさ!」
「今のところノリー殿に売る気がないなら心配いらぬだろう!」

刀はあっさりとアカハネの手から離されて鞘に戻されることだろう。それにも驚いた様子だが如何せん表情が笑顔なので分かりにくい。
ノリーの一存にかかるというがさてノリーの考えやいかに。実際そんな待遇は波斬も御免だろうが。

「ハッハッハ! どなたか!! ……弟殿は変わられたのか!」

お姉様呼びである以上は流石に関係性もわかるがどうも前会った方の弟がイメチェンでもしたかと捉えてるご様子。
しかしそれだとそれでノリーの発言的に何かおかしなところを感じたのか「ムッ」とした雰囲気になり考え出した。


「………………以前の弟殿とは異なる方の弟殿であるか! そうだとして心配なくとはどのようなことか!」

なんとかこの結論は出せたようだ。そしてノリーの言葉の理由を知りたがるアカハネ、近い。
+ の新着レス
このレスの続きを表示(19件)

板に戻る | 履歴に戻る | 全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中: 0:00/0:30

【ほのぼのとした夏と】ファンタジーライフPart.5【平穏な日常】