- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

『World of Legacies』ロールスレ

228ルゥ・ヴィレット ◆P4301E8CFs :2018/03/13(火)23:28:36 ID:ATy
>>227
小さくなっていく足音を聞いた。
それが本当に遠ざかっているのか、意識が遠のきつつあってそう感じるのか定かではなく。

――それでもまだ、生きている。

微かな身動ぎ。次いで何かを引きずる音。
無理に酷使させた全身が遅れて悲鳴をあげる。そんなものは箱に閉じこめて蓋をすればいい。
蓄積されたダメージが四肢に絡みついて苛む。その程度で音を上げれば笑われてしまう。
片腕の感覚は既にない。けれどもう一本が残っているなら諦めるにはまだ早い。

「…………――――」

物音に振り向いたのならば、その瞳に映るだろう。
壁を支えにして、確かに二本の足で立つ少女の姿が。
蝕む痛みに声は上げない。歯を食いしばりながらも女を睨みつける。
片腕はだらりと力なく垂れる。喉から振り絞るのは最早人語に成り得ない、獣に近しい唸り声。
そこに意図など介在しない。ただまだ諦観の二文字を見ていないと、伝えたいだけだったのかもしれなかった。
全ての力を使い果たし、有効な攻撃手段など残ってはいないというのに。
このレスの続きを表示(134件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





『World of Legacies』ロールスレ
CRITEO