- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ここだけ創造主たちの世界

12eC.rrQBLobnO :2018/05/15(火)22:21:01 ID:FIL()
そしてキャラシが完成しましたので投下します


【出典作品】『昏き魔女たち』
【名前】ルシエル・クラマール
【年齢】無し
【容姿】
幼い身体とは裏腹にどこか大人びた表情を見せる少女。
白銀の長髪に赤い瞳、そして特徴的なのが普通の人間よりも明らかに長い耳とその平坦な胸元に刻まれている紅い刻印。
黒のローブとフードを目深に被り、その下にはやや露出が激しい衣装を身に付けていて、いつも周囲に一冊魔術書を浮かべている。

【特殊能力】
《影魔の魔導書(スキア・グリモワール)》
闇系統の魔法を扱うためのもの。
本来は魔導書が無くても魔法の使用は可能だが、魔導書を用いることで魔法の威力が上がり、また詠唱無しでの魔法の使用が可能となる。
またこの魔導書はルシエルの魔力を通してのみ魔法の発動が可能である為ほぼ彼女専用のものに近い。

《呪刻の魔法(カタラ・マギア)》
身体に刻まれた刻印の封印を解き、一時的に強力な力を得る。
その際には胸元だけでなく身体中に刻印が駆け巡り、魔力が可視化できるほどにまで膨れ上がる。
魔導書を用いない魔法であっても凄まじい威力を有し、また無詠唱も当然可能となり身体能力も底上げされる。
ただし身体への負荷は凄まじく、効果が切れれば一定時間魔法の行使が不可能になる。

【概要】
シミュレーションRPGゲーム『昏き魔女たち』の主人公。森の奥に棲む魔女の一人であり、"少女"に招かれた"役者"。
少女の声を拒絶し、魔導書と身体一つでこの世界に放り出される。声を拒んだ理由は"とてもつまらなそうだから"
自由気ままな性格であり、興味が湧いた物事には積極的に首を突っ込んだりするが物事を冷静に判断できないわけでは無い。
しかし彼女は魔女であり、見た目に反して命に関して酷く冷酷な面がある。
このレスの続きを表示(25件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ここだけ創造主たちの世界
CRITEO