- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

ここだけ現代異能学園都市 No.8

954亜主羅神 :2018/07/09(月)17:24:07 ID:DZd
>>940

「――――死なない程度に痛め付ける、ってのが制圧だろう?」


尤も、今の攻撃など普通の人間に放っていたら死んでいたっておかしくはない。
相手を選ぶ程度の頭は在るとは言え、神の攻撃が極めて危険だった事に違いは無かった。

「……」

被害状況を確認。ぬるりと額から溢れ出す血は比較的多量。流す事はできても神自体の耐久力その物を大きく変える力は気には無い。
左手を動かしてみる。ヒビの入った部分が腫れ始め、指の震えが強くなってきた。無理矢理動かしたのだから当然の事か。

(これっから、って感じだな)

神はそう淡泊に決着をつけ、傷の事を遠くに追いやった。

「ぐだぐだ鳴いてねえで来いよ後輩。ハリーハリーって呼んでやろうか?」

――――だらりと左腕を垂らし、腰を落として掌打の型を取った右手を後ろへ引き込む。
刀を拾う気などありはしない。路上の立ち合いならそんな暇は寧ろ死を引き寄せる。

模擬戦だろうがじゃれ合いだろうが本格派だ。
それが亜主羅神と言う男に他ならない。常に全力で燃え上がる剥き出しの魂の具現也。

「今鳴いてる内に二回は首が跳んでたぜ、俺がそいつを拾ったらヨ?遠慮して待っててやってんだから有り難く胸を借りに来い。死なない程度に、死にたくなる位に、ぶちのめしてやっからよう――――――」


狂気的な迄の燃え上がりが消え、ぴたりとオーラの噴出が蝋燭のように統一を果たした。
戦意喪失と捉えるか、冷静になったがゆえにさらに危険なのだと捉えるかはリタ次第。

しかしながら、当然。まだ不能には程遠い。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(46件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ここだけ現代異能学園都市 No.8
CRITEO