- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

ここだけ現代異能学園都市 No.8

989デステロ◆GUOXgOFDZ2 :2018/07/09(月)20:01:08 ID:jpe
>>986
「なァ、お前よォ」

席に着いたデステロは、墨音と同じペースで朝食を食べ進めている。
朝は食べる気がしなくても、身体が起きてくればなかなか入ってしまうものだ。

めり、マフィンを齧る音が静かな店内に響く。
デステロは食べかけのそれを手で持ったまま、墨音に問いかけた。

「悪の定義を考えたことがあるか?」

ただのゴロツキにも見えるその風貌に似合わぬ問いだ。男の口から発されたのは。
墨音を見据える視線はとても静かで、それでいて腹の底を見透かすような底知れないものだ。
情緒的で面倒見の良い一面とはまた別の、どこか遠くへ引き込まれるような眼。

「誰にとって何が悪で、何が善なのか……俺や、お前がやってる事は……本当に善いコトか」
「つまり、超法規的なチカラだな……殺しや、暴力……悪を止める為にそれを使う事は、悪なのか」

デステロが墨音を守る為にマーダラーを殺害したことは言うまでもなく違法である。
墨音がソーマの取引を襲撃したことも、また法に背いている。
しかしそれが悪と言えるのだろうか。人間は法を守るが、法は人間を守ってはくれない。
人間を守る為に法に背くことは、悪として咎めを受けるべきなのだろうか?

「俺ァ……その問いにな」
「『ンなこと知るか、ボケ』ッつって、がむしゃらに……この街の為に戦えるヤツを探してるんだ」

デステロはそれを根底から覆し、法の外で世界を荒らすものを、法の外のやり方でケジメをつけさせることを選んだ。
どんな闇の住人であろうと根底は社会に根ざすものであり、社会をないがしろにすることは許されないと。
その理念に賛同して、彼と共に戦う人間を探しているのだ。

「墨音、俺達の仲間にならねェか?」

そして鬼久墨音、その美しい精神を持つ者こそ、新しい狼の群れの一員に相応しい。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(11件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ここだけ現代異能学園都市 No.8
CRITEO