- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

とある研究施設

1FLLf/FabFw:2018/07/08(日)00:13:08 ID:Umx()
ここはとある研究施設。
ある日ここに一体の「ゾンビ」が収容された。
研究員は彼に対し何かしらの刺激(質問など)を与えることで
どんな反応をするのか記録することにした。
2FLLf/FabFw :2018/07/08(日)00:25:46 ID:Umx()
ゾンビ「ア"~~~…」

[ここにゾンビがいます。体の自由を拘束具で奪われ、鎖で壁に繋がれています。]

[ここでは毎日ゾンビにさまざまな形で刺激を与え、
どのように反応を示すのか実験しています。]

[私は研究員です。試したい実験がありましたら、是非書き込んでください。]
3名無し :2018/07/08(日)01:21:33 ID:Sz5
ゾンビが酔っ払ったらどうなるか見てみたい。
お酒を呑ませてみてよ
4FLLf/FabFw :2018/07/08(日)01:35:15 ID:S8b
[……実験を開始します。]

隔離室に防護服を着た研究員が数人入っていく。
その手には酒瓶の入ったケースや電気警棒が握られていた。

[ストアでも手軽に購入できる酒を揃えて見ました。ビール、ワイン、焼酎……もったいないですが実験のためです。]

ゾンビの目の前でそれぞれの瓶を開けて、匂いを嗅がせ反応を確認する。

ゾンビ「………ア"ァ! オオゥォォゥア……」ピチャピチャ

最も反応が良かった(?)のはビールだった。ゾンビは身体をユラユラ揺らし、ビール瓶を見つめている。
研究員の一人がボウルにビールを注いで与えたところ口にした。

ピチャピチャ……ピチャ……

ゾンビは床に四つん這いになってビールを飲んだが、飲み干しても何かが変化することはなかった。
どうやら体内をアルコール消毒しただけのようだ。
ゾンビの腹からは飲んだビールが漏れ出ている。

[目新しい反応は無し……と。しかしビールの飲みっぷりが凄かったですね。生前はビールが好きだったのかもしれませんね。]
5名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)07:02:54 ID:XSm
ゾンビの血がどんなものか見て見たい
採血お願いします
6FLLf/FabFw :2018/07/08(日)07:39:54 ID:S8b
[……これより採血を行います。]

ゾンビ「ウオォァァァァ~~! !」

数人の研究員と、非常時に備えて警備員が隔離室の中に入る。
暴れて噛み付かないよう刺股で壁に押さえつけ、細心の注意を払い採血を行う。

ゾンビ「グウゥ……」

ゾンビの腕に注射針が突き立てられた。シリンダーにドロドロとした、黒味の強い血液が満たされていく。
採血は無事に終わった。

ゾンビ「ア、オァ……、ウァ」

注射針が刺さった箇所をゾンビは気にしているようだ。
痕を手で触って舐めようとしているが、拘束衣のせいで腕を自由に動かすことができない。

[そろそろ足りなくなってきたので丁度良かった。見てください、まるで石油のようだ。粘性も強い。
さて……血液を他の研究室にも回さないと。]

[あぁ、この施設のは研究室がいくつかあるんですよ。知りたいことがあれば、施設に関する質問も答えられる範囲で答えましょう。]
7名無し :2018/07/08(日)10:17:43 ID:Sz5
ビール好きなのかw
ゾンビって、視力いいのかな?
視力検査してみてよ
8名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)10:58:47 ID:kR2
バイオハザードではぞ
9FLLf/FabFw :2018/07/08(日)12:34:00 ID:81X
[あの後ワインや焼酎、ウイスキーも飲んだようですが飲みっぷりはビールが一番でした。知能はともかく生前の記憶は残っているようです。]

[それでは視力検査を始めます。ランドルト環による検査は……彼には難しいのでこの検査器具を取り付けます。
この器具はゴーグル内に投影された映像に対する反応から視力を計測できるんですよ。]

研究員たちによりゾンビに検査器具が取り付けられる。
ゾンビは外すような素振りを見せず大人しくしていた。
しかし、検査が始まってから様子が変わる。

ゾンビ「……ウオ、オアアァッ!!グフゥ、グルル……!!」

拘束されたまま激しく暴れ、鎖をガチャガチャと鳴らす。
検査が終わった後もそれは続き、十数分後にようやく大人しくなったところで検査器具は外された。

[1.5……平均的ですね。しかし腐敗している状態で1.5を維持しているということは興味深い]
10名無しさん@おーぷん :2018/07/08(日)12:58:45 ID:qMD
ゾンビの体の耐性を知りたいので
放射線を少しずつ当てて観察してほしい

酒好きゾンビとは前例が無いから面白い
11FLLf/FabFw :2018/07/08(日)15:28:15 ID:0xy
[放射線への耐性ですか。
実はこの実験はやったことがあります。
どこまで試したか記録を確認しますので
しばらくお待ちください。]

[……見つかりました。
人間が放射線を浴びた場合、元から備わった修復機能によって
放射線で傷ついたDNAは再生します。
しかしゾンビに照射した場合、修復機能は働くのか。]

[結果……驚くべきことにDNAの損傷が生きている人間よりは劣りますが、修復されたのです。]

[……放射線量を上げて実験しないのかって?
難しいところですね。何度か提案されてきましたが……放射線によりDNAが変異する可能性を考慮すると。]

[まったく、今更何を恐れる必要があるのでしょう?
ここまで来てしまったのですから、足踏みしてても何にもなりませんよね?]

[……すみません、愚痴っぽくなってしまいましたね。
つまり放射線への耐性について今のところ判明しているのは
「修復速度は劣るものの、生きている人間と同様の耐性を持つのではないか」というところまでです。]
12FLLf/FabFw :2018/07/08(日)20:29:20 ID:heH
ゾンビ「………………………

    ヴァーーーー……」ピチャピチャ

ゾンビはしきりに床を舐めていた。
ビールが溢れていたところだ。
拭いても匂いがまだ残っているせいか舐めるのをやめない。

ゾンビ「モ"……オ"ッ……オォ……」ピチャピチャピチャ

しかし隔離室全体を映し出す強化ガラスの向こう側にいる研究員たちは書類や計器を見ている。
ゾンビはその様子を見て諦めたのか、数分すると大人しくなった。
13名無し :2018/07/09(月)01:20:31 ID:HjR
ゾンビの癖に、自分よりも視力が良いなんてずるい!床ペロペロしたらお腹壊さ‥ないかなw
ねぇ、研究員さんの好きな映画をゾンビに見せてみてよ
14FLLf/FabFw :2018/07/09(月)13:40:43 ID:MSn
[ゾンビは常に飢えているようですね。
しかし彼の飢えはどうやっても満たされることがないのです。]

防護服を着用した研究員が隔離室に入り、ゾンビの前に生肉を盛った皿を置く。
ゾンビは床を舐めるのをやめて肉に食らいつく。

[満腹感を感じる機能を腐敗したことで失ったのか、それとも不要になったから捨てたのか、わからないことはまだ多い。]

[私の好きな映画?映画なんてここ数年見ていなかったから……
何を見せましょう?休憩室から適当なものを借りて見せてみましょうか。]

ゾンビが肉を平らげた頃に準備は整った。
プレーヤー内蔵型の大画面テレビをゾンビの前に起き、ディスクを挿入、再生する。

昔はやっていたホラー映画だ。ゾンビはテレビから聞こえる悲鳴に反応しているのか時々身体を激しく揺らす。
目はテレビに映る俳優の動きを目で追っている。

その後も休憩所にあった様々な映画のDVDで反応を試した結果、悲鳴や金属音、破裂音、規則的に鳴る音に強い興味を示すことがわかった。
15名無しさん@おーぷん :2018/07/09(月)15:48:46 ID:htq
ゾンビに体力はあるのか調べたいので
人間の体力テストをゾンビにもやらせて見てください
16FLLf/FabFw :2018/07/09(月)22:01:20 ID:KxO
[ゾンビの移送を開始します。
非常時に備え移送に当たる職員はプロテクトスーツを着用してください。]

隔離室に研究員が何人か入ってきた。
普段着ている防護服でもゾンビの噛みつきに耐えることはできるものの、
他の場所へ移す際は特製のプロテクトスーツを着用しなくてはならない。

ゾンビ「ガアァ~~ッ!!グオアァェェ……!!」

鎖を解いてストレッチャーに載せようとすると、ゾンビは激しく抵抗し、腕に噛み付こうとする。
それを無理やり振りほどきストレッチャーに押さえつけ、ベルトで固定。
隔離室の壁に隠された移送用通路のシャッターが開き、ゾンビは地下実験場に運ばれた。

[それでは実験を開始します。]
17FLLf/FabFw :2018/07/09(月)22:37:48 ID:KxO
(1)握力:60kg
林檎を握りつぶすことも可能な数値。
しかし、筋肉が一部断裂。

(2)ハンドボール投げ:12m
ボールを投げさせるまで40分ほどかかった。
ある決まった方向に投げる、遠くへ投げるといった技巧的な運動は苦手なのかもしれない。

(3)垂直跳び:80㎝
5回計測した内の最高記録。
餌で誘導した時が最も高く跳んだ。
どうやら餌を確保しようと行動するときは
能力をフルに使うようだ。

(4)上体起こし:計測不可
起き上がらず。
餌で誘導してみたが起き上がることはなく、体を揺らすだけだった。
なんだか動きが緩慢だ。疲れているのだろうか?

ゾンビ「……………………」

床に仰向けに寝そべったまま、ゾンビは動かない。
18FLLf/FabFw :2018/07/09(月)23:00:41 ID:KxO
ゾンビ「……ア、………ェ」

しかししばらくして、顔をこちらに向ける。
強化ガラスの向こうから……
自分の手が届かぬ安全圏から……
自分を観察している あなた を見ている。

ゾンビ「イ"アァ……ダ……」

灰色に濁った瞳を逸らすことなく、口を開き呻き声をあげる。

ゾンビ「オ"……ェ、ガ、イ……
    ダッ、ズ、……ゲ、エェ……」

何度か繰り返される、同じ抑揚を持つ声。
しばらくして実験が再開された。

(5)50m走:7.53秒
成人男性の平均値くらい。やはり餌を使うと動きが素早い。
しかし握力同様筋肉が一部断裂していた。
獲物を追って走っている最中、たとえ腕が取れようとも彼は走り続けるだろう。

(6)長座体前屈:20.49㎝
かなり硬い。餌を使ってもここまでしか動かなかった。
本人は必死に体を伸ばそうとするが全く動かない。
そしてここでも筋肉が断裂した。
これ以上実験を続けた場合、被験体の維持が困難になると判断。
実験中止。

実験は中止となり、ゾンビは再び隔離室に戻された。
ゾンビは壁に寄りかかり、小さくうなり続けている。
19名無し :2018/07/10(火)00:43:11 ID:ikf
腹ペコゾンビ‥ちょっと可哀想かも?
なでなでしてあげたいけど、噛まれちゃうよね
悲鳴と音には興味あるんだね。
ゾンビにデスメタル聴かせたらどうなるかな?
20FLLf/FabFw :2018/07/10(火)10:39:00 ID:wFz
[実験は中止になったようですね。残念です。
しかし彼は貴重な被験体。今の段階で失っては意味が無い。]

[……たしかに可哀想だと思うかもしれませんね。
しかし彼が求めているのは情けをかけてくれる人間なんかではなく……
その人間の中に詰まっている内臓や肉なのです。]

[さぁ、実験しましょう。]

隔離室のスピーカーから流れるデスメタル。
騒音にも近い、激しい音楽が隔離室内に響く。

ゾンビ「…………!!」ガチャッ!ガチャガチャッ!!

さっきまで呻いていたゾンビが激しく体を揺らし始めた!
鎖を引きちぎらんばかりに暴れるゾンビに研究員は驚く。
悲鳴、金属音。彼にとってデスメタルはとても魅力的な音楽のようだ。

試しにCDプレーヤーを複数台隔離室に入れ、部屋の各所に配置。
それぞれのプレーヤーから音楽を同時に流してみる。

ゾンビ「ヴォ……???」

するとゾンビはさっきと打って変わって動かなくなった。
混乱しているのだろうか?
21名無しさん@おーぷん :2018/07/10(火)12:19:37 ID:8Cs
ゾンビに野菜無理やり食わして見てくれない?
22FLLf/FabFw :2018/07/10(火)20:49:15 ID:aQ6
[無理やりですか……。少し危ない気もしますが、
ちょうど大人しくしていますし、やってみましょう。]

ストアでも購入できるミックスベジタブル(人参、キャベツ、タマネギ)を用意。

固まっているゾンビを研究員数人で押さえつけ、無理やり口に野菜を詰め込んだ。

ゾンビ「モゴ……ッ!? オ"エェッーーーー!!!」

数回咀嚼したところでゾンビは拒否反応を示した。
苦しそうに蹲り、口からボトボトとコールタールのような黒いものにまみれた野菜を吐き出す。

ゾンビ「ア………オェッ、グウゥ…………」

全て出しても苦しそうに体を震わせている。

[……?これはなんでしょう?]

研究員が吐き出された野菜を指差した。
見てみるとなんと、先ほどまで新鮮だったはずの野菜が腐敗している。

[これは面白い反応ですね。これはサンプルとして回収しましょう。]
23名無しさん@おーぷん :2018/07/10(火)20:52:19 ID:tPX
ゾンビってくしゃみとかするのかな
24名無し :2018/07/11(水)01:00:20 ID:JGN
研究員さんはサラッと怖い言うね、本当の事なんだろうけど‥
おっ!デスメタル気に入ったみたいだねw
‥生きてた頃は、どんな人だったんだろう?

別の話だけど、ゾンビって泳げるかな?
浮き輪があったら多分沈まないよね、実験してみてよ
25FLLf/FabFw :2018/07/11(水)08:44:30 ID:Rru
[カエルやネズミ相手に実験するのとは違いますからね。
しかし勘違いしないでほしい。
私は決して、あなたが抱いた哀れみや……情けの感情を否定したわけではありません。]

[しかし知識なき慈悲は新たな過ちを生み出すだけです。
私たちができることはただ一つ。
1日でも早く彼のような存在を生み出さないように、
いつか現れるかもしれない彼のような存在を救うことができるように、
実験を繰り返し知識を積み重ねていくことなのです。]

全身を覆う防護服、ゴーグルの中の顔は見えない。
研究員は淡々と説明を続ける。

[ところで……くしゃみをするのかという質問についてですが。
元々くしゃみというものは異物の排除のために行うものです。
あと他にも…体温を上げるため。
観察記録にはゾンビがくしゃみをしたという記録がいくつか残っています。その全てが食事中のものでした。
つまり「ゾンビは異物排除のためくしゃみをすることがある」。
さっき野菜を吐いたように。]

[そして……、水泳の実験ですか。
すぐに取り掛かりたいのですが……
実験場にあるプールに水を張るのに時間がかかってしまって。
すぐには取りかかれない状態です。
しばらく息抜きをしながら待っていてください。]
26名無しさん@おーぷん :2018/07/11(水)12:16:03 ID:Aq1
ジャンケンで負けた奴を同じ部屋に入れてゾンビを増やそうぜ
27FLLf/FabFw :2018/07/11(水)19:39:45 ID:SCp
[被験体が複数いれば、比較できますね。
しかし問題はどこから人間を集めるか……?
我々は各分野に分かれてこの施設で働いています。
深刻な人手不足に悩んでいる中でさらに人数を減らすわけにはいきません。
よって、>>29の案は却下します。]

[それとも……だれか調達してくれるのですか?]

その時ちょうど、地下実験場でプールの準備が整った。
この前と同じようにストレッチャーに固定して、専用の通路からゾンビを地下実験場に運び出す。

なみなみと水で満たされたプール。奥に行けば行くほど深くなっている。
自力での移動が困難になった時のことを想定して数人の研究員と警備員が待機する。

[それでは実験を始めます。]

プールの中に入れられたゾンビは、とくに変わった反応を見せることなく水の中を歩く。
10m……20m……30m……
進んでいくにつれてプールは深くなっていく。50mに到達したころには水面に出ているのは頭の部分だけとなっていた。

60m……80m……90m……
ついに足がプールの底に付かなくなった。
ゾンビはなんとか歩こうとしていたようだが、とうとうバランスを崩して水面にプカリと浮かんだ。

ゾンビ「……………」バシャッバシャッ……
手足をばたつかせているが、ただがむしゃらに動かしているだけなので意味がない。
前にも横にも、後ろにも進めない。そしてとうとう諦めたのか動かなくなってしまった。

自力での移動はこれ以上できないと判断して、研究員の一人がゾンビの回収に取り掛かる。
プールの水を抜いてゾンビをストレッチャーに乗せると、実験場の端にある小部屋に連れて行った。
28名無しさん@おーぷん :2018/07/11(水)20:25:24 ID:uHE
死刑囚は?
29名無しさん@おーぷん :2018/07/11(水)21:14:55 ID:aWz
>>28
何処で見たような提案・・・
30名無し :2018/07/12(木)01:15:33 ID:YsO
研究員さん‥そうだね。いっぱい実験しよう!

やっぱ泳ぐのは無理だったか、残念

ゾンビって、あんまり冷たい物食べるイメージないけど、ルイベ(冷凍魚)を食べさせてみてよ
31FLLf/FabFw :2018/07/12(木)15:43:43 ID:ffj
[どこかの財団の施設ではそういった職員を雇用しているようですね。
しかしあれはあれでコストがかかるんですよね。監視員をつけたりGPSを付けたり色々と……。]

[この施設の資金がもう少し潤えば、更なる人員獲得に踏み出せるのですが……。
なかなかうまくはいかないものですね。久しぶりに要望を出してみましょう。]

小部屋から出てきたゾンビはすっかり乾いていた。
どうやらあの部屋で濡れた体を乾かしていたようだ。
再び隔離室へ戻るといつもの餌の代わりに冷凍された鮭がまるまる一匹皿に置いてあった。

ゾンビ「ヴーーーー……?」

匂いを嗅いでいる。興味はあるみたいだ。
若干溶けかけたころにようやくゾンビはこれを「食物」と認識して、チマチマと食べ始めた。
いつもの肉と臓物より食いつきは悪いものの、魚も食べようと思えば食べられることがわかった。
30分ほどで食べ終えたゾンビは骨をしゃぶっている。
32名無しさん@おーぷん :2018/07/12(木)16:53:04 ID:khX
ゾンビに絵を描かせてみよう、何かあるかも
33FLLf/FabFw :2018/07/12(木)21:18:52 ID:8Ik
隔離室に小さな机、ペン、紙が用意された。
ペンは先端が鋭くない、太いマーカーペンである。
両腕を固定したままでは描きづらいだろうと、拘束衣のベルトを少し緩めて右腕だけ動かせるようにした。

前回のスポーツテストの成績から「技巧的な動きは苦手なのではないか」という結果が出ているが、果たして……。

ゾンビ「オ、アァ……。」

目の前にあるものをどう使うのか分からないらしい。
紙とペンに触れようとせず、ただ見つめている。
顔を近づけ匂いを嗅ぐとすぐに顔を背けた。

文字を書いたり、道具を使ったりするほどの知能をゾンビは有していないのだろうか?
研究員たちが実験を切り上げようとした時




34FLLf/FabFw :2018/07/12(木)22:13:38 ID:8Ik
ゾンビがペンを掴んだ。そして何かを思い出したかのように紙にペンを擦り付ける。

紙にペンを擦り付けているうちにペンの蓋が外れて紙に線が引かれる。
それを見たゾンビはそのまま紙に一本、また一本と線を書き足していく。
その様子を研究員はカメラ越しに観察していたが、数本線を引いたところでゾンビはペンを手放してしまった。

その後も様子を見たが再びペンを握ることはなく……実験は終了した。

[これはなんでしょうね?……ただ線を引いただけでしょうか?
35名無し :2018/07/12(木)23:39:56 ID:YsO
ルイベ食べれたんだね、よかった。

ゾンビに栄養ドリンク、効くかな?
ちょっと試してみてよ。 なるべく高級なの買ってね
36名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)05:13:38 ID:oOO
このゾンビが人間だった頃の持ち物とか写真ないの?
ちょっとそういうものを見せてみて欲しい
37FLLf/FabFw :2018/07/13(金)19:17:31 ID:d6N
骨も噛み砕き食べきったころ、研究員によって栄養ドリンク他各種ソフトドリンクが用意された。
この研究施設内の自販機で購入できるもので最も高級とされるものだ。

ゾンビ「?」

目の前に置かれたものが何なのかゾンビは理解できないようだったが、匂いを嗅ぐとすぐに顔を背けて栄養ドリンクから離れた。

ジュース、炭酸ドリンク 緑茶 紅茶 烏龍茶 コーヒーと、
ほかの飲み物も試したところ匂いを嗅いだり舐めたりしたものの興味を示して飲むことはなかった。
研究員たちは無理やり飲ませようとしたが、口に入れてもそのまま垂れ流したり吐き出そうとして全く飲もうとしなかった。

[ビールの時とは反応が違う。生前の嗜好が残っているのでしょうか?
生前の、体に染み付いた習慣を一つの反応としてただ繰り返しているだけ?]

その時ほかの研究員から知能の有無を確認するべきなのではという提案が上がった。

>>36の意見もあります。そろそろ踏み出しても良い頃合いです。
すぐにデータベースから被験体の情報を閲覧できるように許可を貰いましょう!》

被験体の詳細なデータは、データベースにアクセスしてもその全てを閲覧できるわけではない。
各職員の持つ権限によって閲覧できる情報は制限されていた。

このゾンビのデータ、特に彼自身の過去については……閲覧できる者はかなり限られている。

[私から申請しておきましょう。時間がかかると言われそうですが、なるべく早く対応してもらえるようにしますので、それまで待っていてください。]
38名無しさん@おーぷん :2018/07/13(金)22:18:46 ID:oOO
俺がゾンビになったるわ
病気でもうすぐ死ぬねんどうせなら研究に役立てくれや
39名無し :2018/07/13(金)23:45:58 ID:a4o
ビール以外は興味なしかw

ゾンビに催眠術効くかな?
もしかしたら、昔の自分の事思い出せるんじゃない?
データにない情報を聞き出せるかも。
40名無しさん@おーぷん :2018/07/14(土)13:17:09 ID:j6R
ゾンビって温度耐性はどんなもん?
41名無し :2018/07/16(月)21:00:20 ID:Hjc
もしかして、研究員さん見てはいけないデータを発見して消されたのかな‥
42名無しさん@おーぷん :2018/07/16(月)22:07:54 ID:Czl
ロ◯トミーのエージェントにでもなったんじゃない?
43名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)08:24:09 ID:s51
研究員さん

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





とある研究施設
CRITEO