- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

とある研究施設

27FLLf/FabFw :2018/07/11(水)19:39:45 ID:SCp
[被験体が複数いれば、比較できますね。
しかし問題はどこから人間を集めるか……?
我々は各分野に分かれてこの施設で働いています。
深刻な人手不足に悩んでいる中でさらに人数を減らすわけにはいきません。
よって、>>29の案は却下します。]

[それとも……だれか調達してくれるのですか?]

その時ちょうど、地下実験場でプールの準備が整った。
この前と同じようにストレッチャーに固定して、専用の通路からゾンビを地下実験場に運び出す。

なみなみと水で満たされたプール。奥に行けば行くほど深くなっている。
自力での移動が困難になった時のことを想定して数人の研究員と警備員が待機する。

[それでは実験を始めます。]

プールの中に入れられたゾンビは、とくに変わった反応を見せることなく水の中を歩く。
10m……20m……30m……
進んでいくにつれてプールは深くなっていく。50mに到達したころには水面に出ているのは頭の部分だけとなっていた。

60m……80m……90m……
ついに足がプールの底に付かなくなった。
ゾンビはなんとか歩こうとしていたようだが、とうとうバランスを崩して水面にプカリと浮かんだ。

ゾンビ「……………」バシャッバシャッ……
手足をばたつかせているが、ただがむしゃらに動かしているだけなので意味がない。
前にも横にも、後ろにも進めない。そしてとうとう諦めたのか動かなくなってしまった。

自力での移動はこれ以上できないと判断して、研究員の一人がゾンビの回収に取り掛かる。
プールの水を抜いてゾンビをストレッチャーに乗せると、実験場の端にある小部屋に連れて行った。
このレスの続きを表示(16件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





とある研究施設
CRITEO