- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

とある研究施設

33FLLf/FabFw :2018/07/12(木)21:18:52 ID:8Ik
隔離室に小さな机、ペン、紙が用意された。
ペンは先端が鋭くない、太いマーカーペンである。
両腕を固定したままでは描きづらいだろうと、拘束衣のベルトを少し緩めて右腕だけ動かせるようにした。

前回のスポーツテストの成績から「技巧的な動きは苦手なのではないか」という結果が出ているが、果たして……。

ゾンビ「オ、アァ……。」

目の前にあるものをどう使うのか分からないらしい。
紙とペンに触れようとせず、ただ見つめている。
顔を近づけ匂いを嗅ぐとすぐに顔を背けた。

文字を書いたり、道具を使ったりするほどの知能をゾンビは有していないのだろうか?
研究員たちが実験を切り上げようとした時




このレスの続きを表示(9件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





とある研究施設
CRITEO