- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

・Fate/Open Grand Order亜種特異点-第六次聖杯戦争- 第1章

11BfepTBoM7H1:2018/08/03(金)21:11:14 ID:F3s()
――――――20XX年……その日、聖杯戦争が幕を開けた。
冬木の大聖杯は第五次聖杯戦争を経て完全に消滅した……その筈だった。しかし再び冬木には聖杯が現れた。しかし今回の聖杯戦争にはマスターが存在せず、サーヴァントのみが顕現した。
そして召喚されたサーヴァントたちに告げられた言葉、此度の聖杯戦争の勝利条件。それは"カルデアの打倒"という荒唐無稽なものだった。

曰く『カルデアの者が何れ訪れるだろう……カルデアのマスターを殺せ、さすればその者に聖杯は顕現するだろう』

人理継続保障機関カルデアは亜種特異点と断定。マスターである"藤丸立香"をレイシフトでその時代へと向かわせる。
デミサーヴァントであった"マシュ・キリエライト"は今は戦闘能力を失いレイシフトはできない。
その為、カルデアからは数体のサーヴァントを護衛役として藤丸と共にレイシフトさせる。
――――これは本来は存在しない、存在する筈のない特異点の修正。起こりえない筈だった聖杯戦争である。

『………我は見たい。人間の最上たる英雄たちが自らが願いが為にそれを殺める様を』
『だって、おかしいだろう。人間は"汚い生き物"だ。自らの願いを叶える為ならば"人理を救った者"ですら殺める。その瞬間を、人間という種族が己がエゴが為に人を殺めるその瞬間をこそ我は見たいのだ』

今一度、人理の焼却を……いや、違う。
この聖杯戦争での勝者こそが人という種の相応しい姿だ。
我はそれを認めよう。そしてそんな英霊こそ人の世を滅ぼすのに相応しい――――
21BfepTBoM7H1 :2018/08/03(金)21:11:25 ID:F3s()
・このスレはFate/Grand Orderを基にしたなりきりスレです。時系列はEpic of Remnantの4つの特異点を修正した直後です。

・藤丸立香について
主人公である藤丸はオープンシェアのキャラとして誰にでも動かせるようにします。
そのシステム上、あまりに非常識な行動をさせるのは控えてください。

・キャラの作成について
基本はサーヴァントとしてですが、マスターであるキャラの作成も構いません。
なお原作に登場したキャラやサーヴァントをそのまま使用するのはご控えください。キャラのフレーバーとして登場させるのには構いません。
サーヴァント、マスターの能力に対しての上限は特に設けません。ただし極端に強すぎたり対処が難しい設定はおやめください。また世界観にあまりにそぐわないキャラも控えてもらえると助かります。
カルデア側として最初から立ち回る場合にはカルデアからの藤丸の同行者か、もしくは抑止力によって召喚されたサーヴァントとして作成してください。
もちろんロールの上で敵になったり、または味方になったりすることもあります。

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





・Fate/Open Grand Order亜種特異点-第六次聖杯戦争- 第1章
CRITEO