- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

魔法世界ユーロス 雑談スレ

※ID非表示スレ
586名無しさん@おーぷん :2018/11/10(土)02:00:13 ID:???
>>582

厚手のコルセットドレスの上から、男の指が柔肉に沈んでいく。
ウエストを細く締めて、紐を通した隙間から豊満な乳房が溢れかけていて。使用人の服としては機能性の見えないこれは、きっと男の趣味だろうか。

「馬鹿を直す薬草は無いかと、日々探して試しているのですが全く効果は見えませんね。
 そろそろ毒草でも見つかればいいと思えてきましたが。」

背後の男に、金髪を揺らして振り向けば。送りつけられるのは酷く冷めた視線である。
端麗であり、美女と呼んで差し支えない容貌ではあるが、その雰囲気は冷え切っている。
視線に籠る感情には、少なくとも親愛の類は感じられない。

「態々何も無い寂れた村まで連れ出してみましたが、貴族と言えど猿なのでしょうね。
 そろそろ発情期を終えて欲しいのですが。」

慣れた手つきで男振り払い向き直る。変わらない冷徹な視線。

「……処理が必要でしたら、そう言ってください。
 襲われるよりはまだマシな気分で出来ますから。」
このレスの続きを表示(17件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





魔法世界ユーロス 雑談スレ
CRITEO