- 
-pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 -  表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

【新装開店】ここだけ世界の境界線【新規様歓迎】

x  
1 :名無しさん@おーぷん:18/10/06(土)21:39:00 ID:88Y
【境界線世界へようこそ!】オーバーテクノロジーから魔術、超能力や宇宙艦隊、大魔王の領地に獣人の集落 神の軍勢など『なんでもあり』の数多の世界それらすべてが繋がる舞台ここであなたは先駆者や新入り、そして異世界の住人達と関わってゆくことになります【越境者について】それぞれの世界に存在する『ゲート』をくぐる事や、はたまた突然の世界の気紛れで神隠しの様に世界を渡る事それを体験したものを『越境者』と呼びます『越境者』は『越境』の際に新たな力に目覚めたり、或いは変化を体験する事もあります また、現状ではどの組織や個人も、越境現象の完全な制御には至っていません【狭間のスクラップヤードについて】 世界の合間に存在する越境者達の拠点で、宿泊施設や訓練所など一通りの設備が揃っています多くの越境者はここを拠り所にしていますが、もちろん例外的なものも存在します◇ここは自分だけの『能力』を手に入れ、様々な能力者と戦闘、交流するスレです◇オリジナルキャラは勿論、各なりきりスレのご自身のキャラも参加する事が可能です◇まずはしたらばで能力登録。ここに設定を纏めておくことでロールをスムーズに行えます◇戦闘、交流、基本は何でもありですが、R-18、相手が不快になるロール、確定ロールは避けましょう◇チート能力や人外級の身体能力など、相手に勝利の余地を与えない設定は避けましょう。最強設定は御法度です◇荒らしはスルー。絶対に関わらないようしましょう★避難所★https://jbbs.shitaraba.net/internet/20393/#2 ★wiki★https://www60.atwiki.jp/kyoukaisen/
952:ソーマタージ ◆fqWno171pc:19/01/15(火)00:12:08 ID:qdL
>>951「よーしこいつらの雇い主をブチのめしに行くぞーッ!」男塾的なサムシングを高らかに宣言しながら屍からマネー素子を漁り、違法薬物や証券、金品から骨董品まで売れそうなものはネコソギしていくソーマタージ。引き摺り出した心臓をベチャリと捨てると、まだ見ぬ個人的な敵への熱い戦意を燃やすのであった。ドゴジマのドラゴンの戦いは始まったばかりだ。//乙ありなのですー
953:かぶり:19/01/15(火)00:14:15 ID:WK2
>>951-952とりあえず戦闘は終わったハンマーを背負い サーベルを回収するロイ「・・・・・・・ドコジマ地区って どこだよ」色々と疲れたロイは 嬉々としてとレジャーするソーマタージにそう聞くことしかできなかった
954:四五六 七八{賽印流忍術}:19/01/15(火)00:16:07 ID:nc5
>>949-951「いえすっ!」「あー助かった、ホントありがとね」さてさて、トレジャーハントの時間になれば更に生き生きと働き出すであろう本業はどちらかと言えばこれ系のお仕事なのだ、本来ならば「あ、このクスリさっきダルマから出て来たよ」高く売れるんじゃない、とソーマとドゴジマのドラゴンに未練躊躇なく渡す救出の礼のつもりであろう、その辺の義理はキチンとしているつもりだ//お疲れ様なのでしたっ
955:α-12{ディープメイカー ver.α}:19/01/17(木)22:56:06 ID:Ff4
【デースデスデスデスデス】 カノッサ・テクノロジー社のC.T.S.S.食堂は今日も大賑わいである。 何せここではカチグミ社員らしくオーガニックな食材が持ち込まれ、 それが社員割引で食べられる。さらに栄養価もとっても高い。【マケグミのとりあえず腹を満たせばOKなニューフードとは大分違う】 しかして、違和感があるとすれば、ここでもーぐもぐしているのは、 皆が皆、まったく同じ顔、同じ体型、同じ服装であることだろう。 そう、C.T.S.S.…カノッサテクノロジー社保安警察はクローントルーパーで構成されているのだ!!「今日はカレーデス!!」「カレー」「超甘口カレー」 超ハイテンションは一人と除いてクローン達は基本的に自己主張は希薄である。 自我が薄いというべきか。しかしそれは個性や自意識が存在しないというわけではない。【カレーにハチミツとリンゴとその他モロモロぶちこんで、スパイシーさの欠片もなくした何かはここの人気メニューだ!】 さて、ここは別にクローン専用食堂というわけではなく、カノッサの仕事をこなした外部要員やら、 単純に遊びに来た何か(一応、許可必要だが)でも利用オッケーである。
956:かぶり:19/01/17(木)23:02:27 ID:LUw
ベンチを一つ占領し大股開いてふんどしチラリズムさせながら大いびきをかく何とか虫もいますが気にしないであげてください//せっかくなので1レスだけ ノシ
957:ニア・シューペリオリティ:19/01/17(木)23:08:14 ID:dGV
>>955「あ、じゃあカレーで……」押され気味に同調意識にやられるニア、浅黒な肌は若干冷や汗である「いやぁっ、やっぱりここでのご飯は……」「……びみょーに、何かこう……アレだってんですねぇっ」因みにニアは遊びに来た何かである一応現地カノッサとの様々な縁から、多分許可も降りる事でしょうというか下さい「……あっまぁ……」「……そう言えば、α達はニアのクローンだってんならっ、ご飯くらい自炊出来ないってんですかっ?」こう見えてニアは料理がそこそこに上手いかつてジョシュア・アーリントンから教わった軍属料理から発展した手腕は女子力と言える程度の実力を有しているのだ
958:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/17(木)23:19:05 ID:Ff4
>>957「たこねえさまカレーいっちょ」「たこねえさまとご飯(ムフー」「たこねえさま席空いてます」 無表情で半眼なクローン達がご飯よそってニアにカレーを渡したり席に案内したり。 一応慕っている?というか、この様子を見て彼女等が無感情と断じる輩はおるまい。【たこねえさまナンデ?犯人はあからさまにタェンティースと同パターンなのだ!】「デースデスデス。甘くておいしーデスね!」 頬袋を膨らませてもっちゃもっちゃと食べているのはα-12。 クローンの中でもコイツもムーヴだけは明らかに目立つ。【ニアにびみょーにアレという言葉に同意するものおらず!ナムサン!】【甘党なのだろうか?システマチックなクローンなのに?】「自炊?ですか」「自分でご飯」「???」 ふとニアが漏らした言葉にクローンシスターズは皆、頭上に?マークである。 それを見て取ったα-12はにょっきり顔を出して、「デスデス。基本的にα-12達は自炊の必要ねーですから、 α-12以外はメシできねーデスよ?」 と、言う。なにせ通常時はこうして食堂があり、作戦中はレーション(戦闘糧食)がある。 そして、彼女等の教育カリキュラムには自炊など組み込まれていない。【ニアの記憶残滓にアクセス可能ならばまた違ったかもしれないが、そこは生成過程で処理済である】 【↑↑↑戦闘経験のコピーメリットよりも、自我確立のデメリットの方が大きいと判断されたため。工業製品として安定性重視なのだ】【なお、α-12が料理できるのは、コイツは何かアレだからである。アレ】
959:ニア・シューペリオリティ:19/01/17(木)23:36:05 ID:dGV
>>958「……たこはやめるってんですよ、全く……」変異体たる犯人を苦笑ながらに睥睨、しかし歓迎の現れとしては素直に嬉しい甘々カレーを咀嚼、こう言うものと思えば成る程不思議と不味くはない「あーっ、確かにっ……」「実際まぁっ、必要って事はないってんですけどぉ……」こうして触れ合って和気藹々としてはいるが、彼女達は戦闘個体なのだそもそもニア自身もそうであった過去もあるし、その事を改めて実感「やってみると、面白いってんですよっ?」
960:α-12{ディープメイカー ver.α}:19/01/17(木)23:49:08 ID:Ff4
>>959「デースデスデスデス」 ちな、「たこ」を広めた奴は明後日の方向を向いていた。 これでごまかせているつもりか。子供である。【そうしていると、お料理に話は移って――】「おもしろい?」 と、α-23は首を傾げる。隣のα-47もα-34も同様は。「それはこの愚姉、もといα-12の言う女子力うんぬんな戯言関連でですか?」「デスデス。たこたこ=サンも女子力の深遠的にうんぬん――」 真顔でそう告げられる&何故か得意気なα-12の様子である。「面白い…体験推奨」「即実行」「れっつごー」 -----------【カノッサテクノロジー社。戦闘糧食研究所】「ぽちっとな」「ぽちっとな」「ぽちっとな」 クローンシスターズがボタンは押す度に、レーションがコロンと落ちる。 あるいはデータを入力して、糧食の内容を変更。 あるいは味付けフレーバーの調整で舌に与える刺激に変化を――「おもしろいのでしょうか?」「たこねえさまの言うことは時々わかりません」「たこねえさまですし」「デスゥ~;;」 何か工業製品たる糧食作りを始めたαシスターズにα-12はあっちゃーと頭を抱える。 んでもって、ジト目でニアは見つめるのだ!!
961:ニア・シューペリオリティ:19/01/17(木)23:55:50 ID:dGV
>>960「目と目を合わせてお話しましょうってんですよぉ?」なんなら細身のタイドメイカーでぐいっと顔を向き直させてのスマイルである!さてはてそして?「……これはこれでっ、いや実際面白くはありますってんですけどぉ……」缶詰工場の動画がそこそこの再生数を稼ぐ御時世であるし、何なら見学ツアーなんてのもあるわけで要するにこの手のアレにも一定の需要はあろうがいや違う、それとこれとは話が違う「もっとこう……手料理!手料理の温かみをっ!」「……バーベキューでもみんなで行くってんですかねもう……」トゥエルブの隣で叫び、浴びせられる冷睨に苦笑
962:α-12{ディープメイカー ver.α}:19/01/18(金)00:09:52 ID:b3w
>>961「デ、デスゥー?」 スマイルなのに目が笑っていない。コワイ!! ----------【糧食研究所?】 シスターズが皆が皆、首を傾げ始めたところで、 ニアからのフォロー(ツッコミ?)である!!「…みんなでばーべきゅー」「ばーべきゅー検索」「肉や野菜をトングで焼くアメリカンスタイル」 そして、ニアの呟きに対してはこのような積極的な姿勢が見られ、 の、割にまたα-12があっちゃーな仕草をしていた。何事。【後日、ニアのツイッター(つぶやき)が発端となり、数百人規模の大バーベキュー会が立案されることになる!!】//ちゃんちゃん
963:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/18(金)22:36:47 ID:M8L
【小ひま】 ヤクザクラン抗争続くスプロールにて。 基本的にこの治安を著しくアレする抗争の発端は今となっては不明だ。 莫大な資金の紛失。ヤクザオヤブンの暗殺。クランの至宝がとうとかこうとか。【情報が錯綜しすぎて正直どうにもならん】 先のメガコーポの企業間闘争と比べれば実際小規模もいいところだ。 それゆえに性質が悪いとも言う。まきぞえを食う犠牲者は全て下層民ばかり。 治安機構はマッポポイントの低い割りの合わぬ事件への介入は及び腰。「まあつまり。アホどもが乱稚気騒ぎを起こしているわけだ」 うどんをずぞぞっと食いながらなのはイムカ・グリムナー。 彼女にとっては味は問題ではなく、腹を満たし栄養を得られればなんでもいい感じ。 ゆえに手っ取りばやく栄養がとれるうどんは嫌いではない。【露店でメシタイムなデッカーである】
964:鬼久墨音:19/01/18(金)22:44:45 ID:j3L
>>963…なるほど分からんまぁ…なんだ、どこもかしこもヤクザは迷惑だと言う事…だよな?【同じくうどんを、器用に左手のみですすりながらの鬼久墨音】【彼女はスプロールの事情についてまだそこまで明るくはない、ここへの越境自体珍しく少ないのである】【ただその食事事情…うどんだとかトーフだとかその辺には馴染みが深く、少なくとも表面上では悪くないと思えていた】
965:かぶり:19/01/18(金)22:47:11 ID:quf
>>963モブ「あの・・・ミカジメを・・・」ロイ「だから俺はカタギだっつってんだろ」マケグミが差し出すクレッドスティックを突っ返すのはドゴジマ地区のドラゴン・・・ではなくただのカタギ(強弁)ロイ・ゴールドマンロイ「なんかさぁ 引き抜きもさぁ 最悪直系待遇だったり それを阻止する目的で襲い掛かってくる奴もいたり・・・   もう的屋やめようかなぁ・・・」と うどんをずずーっとすするのであった
966:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/18(金)22:58:57 ID:M8L
>>964「迷惑ではないヤクザなどおらんさ。 まあ、住民掌握の一巻で時折炊き出しなどもしているらしいが」 実際、下層民にはとことん厳しく福祉など死語な世界だ。 ヤクザが最低限の食を支えている地区もないではないってのだからマッポーである。「しかし片手でうどんとはまた、器用というか何というか。スプーンはいるか(出汁飲む的な)?」【なお、うどんも出汁も全てニューフード(notオーガニック)である】【オキアミなどから精製される人口食料であり、スプロールの一般食である】>>965「相も変わらす人気者だな伍長。ヤクザスーツいるか?」 ホロディスプレイを開いて白いスーツに赤シャツ。サングラスまでバッチリなファッションを表示。 このイムカ。無表情かつ無感情な声音だが実は楽しんでいる疑惑がある。「私としてはいっそ、君がいきつくところまでいってこの抗争収めるのもアリと思っているのだが」 まあ、これは流石に冗談ではあるが、小規模な戦いが散発的に起こっている状況は いわば、越境者などのツワモノが戦略的にも重要な駒になる局面でもある。【正直、ロイが大駒になる可能性は低くないのだ。ゆえにスカウトも熱心なわけで】「テッポダマはヤクザの華らしいぞ?」
967:かぶり:19/01/18(金)23:06:19 ID:quf
>>966ロイ「いらねぇよ つかあっちのスーツは白じゃなくてグレーだ」シッシッろホロディスプレイを払いのけるジェスチャーで目隊発言ロイ「んで? 全部解決してクミチョー名乗ってソッコーでブッチすればいいのか   やめてくれよろくでもない あぇウドンもう一杯 かき揚げ入れてくれ」どんぶりを返してお代わり所望 確かに武勇に優れる越境者を従えれば この抗争において有利にことを勧めるようになるだろう だがロイ「ただでさえ俺の出店している場所が抗争の場になって 鬱陶しいから追っ払ってたらいつの間にか俺のシマみたいな扱いになってたり   さっきみたいなミカジメ払いに来るのを追っ払ったりして大変なんだ もうこれ以上はおなかいっぱいだよ」なんだかドコジマ地区のドラゴンが既成事実化しつつある現状を憂いている真っただ中である
968:鬼久墨音:19/01/18(金)23:08:46 ID:j3L
>>965-966…あぁ、ドゴジマドラゴン…【ロイに軽く手を振ってご挨拶、墨音は後からふたりに合流するカタチでの邂逅なのだ】【スプロールでの彼の異名が既に事実となり、しかもなんだか色々誤って伝わっている模様】なるほど?私の世界でもヤクザがクリスマスに玩具のピストルをプレゼントしたりしていたなあと正月にきな粉餅とか…【色々アレが働くセレクションではあるが、実際その辺の共通点は多いのだろうか】【最も現代基準の墨音の故郷と、そうでないスプロールではその存在自体が似て非のものであろうが】大丈夫だよ、ありがとう…意外と…こう、慣れるものだ、問題はない【一度箸を置いてから、丼を片手で持ち上げてずずずっと出汁を啜る】【尚そのうどんを構成する正体を知れば一瞬躊躇するも、次の瞬間にはまた何事もなかったように食べ始めるのである】
969:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/18(金)23:21:41 ID:M8L
>>967「スーツはゼロ仕様だ」 なんかイミフな会話であるが、お察しであろう。「そういう事だな。群雄割拠状態でごちゃごちゃしている情勢もスッキリしたものさ」 ロイのそばに掻き揚げうどんがトンと置かれる。 マネー素子支払いでOKなので電子通貨がアレなロイでもオッケー。「正にドコジマのドラゴンだな。知っているか?すっかり組無き任侠者扱いらしいぞ。 義侠に溢れる生粋の武闘派だが無軌道にあらず。都市伝説も生まれてソンケイもウナギライジングだ」 実に嬉しくない噂が広まっているロイ・ゴールドマンである。>>968「ドコジマの龍、ロイ・ゴールドマン殿だ。君もサインを求めてもバチはあたらんぞ」 やっぱりイムカ楽しんでいるだろ疑惑は深まるばかりである。「こちらではヤクザがクリスマスに実銃を子供達にばら撒いていたな。おかげでカラーギャング抗争で死傷者が…」 なんで、この世界って直ぐにサツバツ方面に突き進むの?マッポーだからです。「まあ、この世界で越境者が生きようと思えば、概ね傭兵業さ。知ってのとおりこんな世界だからな。 それが厭なら偽装ID取得して、どこかにもぐりこむことだな」 結局、越境者とは大体、荒事とは無縁で居られない人種のようで。
970:かぶり:19/01/18(金)23:30:30 ID:quf
>>968ロイ「うるせぇその名前で呼ぶんじゃねぇ」お代わりのうどんに七味をたんまり振って食べ始めるロイ「極道も元は自警団の側面もあったからな 警察機関が発達してなきゃいても問題ないんだよ   発達してたら?警察に任せて野に下れってこった」かき揚げを齧って麺をすする>>969ロイ「だとしたらストライプがないし シャツはオレンジの柄シャツだ」親父にクレッドスティックを差し出して 七味をたんまり聞かせて食べ始めたロイ「やっぱりなぁ 通りで聞いたことない実績が積みあがってると思ったよ」きっとさっきのミカジメ払いに来た輩も 自分の言葉をフィルター越しに聞いていたのだろう恐らくだが ドゴジマドラゴン「その金でカタギさんに うまい飯を食わせてやってくれ」みたいな感じになっているのだろうおのれソーマタージ 今度半煮えおでんをくわせちゃるロイ「なぁイムカ なんとかならんか? ヤクザと間違われるとさぁ 色々と面倒なんだよ」
971:鬼久墨音:19/01/18(金)23:38:08 ID:j3L
>>969-970最初からタダモノではないと思っていたが、成る程レジェンドヤクザか…【サインくれ、とせびる墨音は天然なのかからかっているのか今ひとつ分かり辛い】【名誉あるヤクザネームで呼ぶなど言うのも照れ隠しなのかとフィルター越しの理解に及ぶ】…どうにも、いずれにせよ荒事は避けられんような感じだな……その方が慣れてはいるけれど、全く腐れ縁だ…【暴力とは切っても切れぬ間柄にあるらしい】【四肢を不満足にしたとしても片目を失ったとしても、新たな荒事のタネはやって来て扉を叩く】【尚、ヤクザがイヤなら先ず見た目のから変えてみるのはどうだ?とロイに告げるにはまだ勇気が足りなかった模様】
972:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/18(金)23:52:44 ID:M8L
>>970「なんとか、か。そうは言ってもソーマタージのあの名乗りがすっかり広がってしまっている事もあって」 うーんと唸りながらも、その実、さして問題にしてなさげに、「無理だな。ヤクザアトモスフィアとソンケイがそもそも高い。 さらに噂もすっかり一人歩きを始めている」 そういいながら、イムカにしては珍しく優しげにポンと肩を叩いて、「あきらめろ」【無慈悲!!】「第一、抗争の激化に伴ってランナー(傭兵)依頼が発生する頃合だ。 日銭を稼ぐ意味でもいつまでも無関係決め込むわけにはいかなくなるぞ?」 そして、そーなりゃ、また噂が一人歩きする。こりゃ詰んだか?>>971「ハッ!」 ついにレジェントヤクザ扱いか。これもまた噂に組みこまれるかも?と思うイムカである。 まあ、ご覧の有様である。ナムアミダブツナムアミダブツ。「まったくだ。私のような本来奥ゆかしい女も武闘派デッカー扱い。 越境とは実にやっかいなものだよ」 なお、イムカの場合は噂よりも行動も結果的な面が強いが本人は無自覚。 要するにアレなのだアレ。「実際、小規模な交戦が続くヤクザ抗争だがいよいよデカイクランの介入も始まるころだ。 規模が拡大すれば近日中にランナーズ(傭兵)ギルドの商売に組み込まれる。稼ぎ時だ」 と、一応治安維持を担うデッカーとは思えぬ言葉をほざくイムカであった。
973:かぶり:19/01/18(金)23:57:14 ID:quf
>>971ロイ「だからちげぇっつってんだろ・・・」汁をすすり ぐったりと項垂れる>>972ロイ「フギー!!」無慈悲なる宣告に頭を掻きむしり点を仰ぐ どうしてこうなった どうしてこうなった(大事なことなのでロイ「もう怒った!! ソーマタージ一発殴ってくる!!」そう言ってレインコートを羽織り 屋台を出るレジェンドヤクザであった//ではお先に失礼
974:鬼久墨音:19/01/19(土)00:05:44 ID:MOZ
>>972-973…しかし、武闘派デッカーとレジェンドヤクザの会合など見られたら大変な事になるんじゃないか?【実際事実はどうあれ有名人なふたりである】【こんなうどん屋での密会など、隠事謀事の噂の巣窟になり兼ねない】稼ぎ時、な…正直、私には荷が重いよ、何せご覧の通りなんでな【苦笑、実際その右腕と足の代わりの松葉杖は武装式ではあるが戦力としてはその程度である】【キチン質の鼠のモノに似た尾がスカートの裾から覗き地面をなぞる】あっ…っと、行ってしまったか…私は…そうだな、取り敢えずおかわりを…【夜雨のネオン街に溶けゆくドラゴンの背中に任侠を感じつつ、意外と大食な墨音はかけうどんの追加をオーダーするのでありましたとさ】
975:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/19(土)00:10:56 ID:syO
//デハコレニテー!!乙!
976:スぺオペ世界◆AaNrqSY5ys:19/01/19(土)21:57:49 ID:lJK
施設内での振動を地震と勘違いしたままのハウンを引き連れ一行は村へと戻る。近づくほどに分かるのだが何やら騒がしい。更に村より遥かな先、地平線の向こうから黒煙が上がっている様子が見て取れる。距離や黒煙の規模からソコソコに大きな火事かそれに類する何かが起きているのは明白だ。ハウン「うー 地震 此処はダイジョウブ でも…」はるか先を見つめハウンの表情が曇る。
977:鬼久墨音:19/01/19(土)22:04:13 ID:MOZ
>>976…火事?……なんだ、あそこ…拠点にしてる村って、場所じゃないのか…?【問題だぞ、と隻眼を細め腕に力を込める】【墨音の両脚は指が全て焼け落ちて欠損しているが、訓練された松葉杖での走破術は一般的な健常者を遥かに上回る速度を引き出せる】【仮に一同が駆け出す或いはここまで来た乗物に乗り込むなどがあれば遅れは取らないはずだ】
978:かぶり:19/01/19(土)22:09:07 ID:aeH
>>976ジョージ「遠いな・・・まさか 山火事?」不安に顔を曇らせるは英国紳士ジョージ・ド・ウィッカムジョージ「まずは被害状況の確認 最悪の場合は集落からの避難も必要になるかも・・・とにかく向かいましょう 情報が無ければ動きようがない」と駆けだそうとするだろう
979:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/19(土)22:11:22 ID:c76
>>976「地震か」 ハウンの肩に手を当ててつぶやきながらも、(破壊工作ならまだしも、爆撃の類だったならば厄介だな) 村長に帰還の連絡と神秘的な遺跡の発見。 しかし、この異変と関係している可能性があるため近づかないようにと忠告。【まあ、彼等ではレバー操作すら解らないのが関の山であろうが】「私はあの黒煙の調査に向かおうと思う。なるべくこの村に累が及ばぬように動いてみるが」【なお、何故其処までするかと問われれば一宿一飯の恩であると誤魔化すだろう】【→可能ならば、馬ないしそれに類する騎乗動物を借りられないか問うてみる。ダメ元ではあるが】
980:スぺオペ世界◆AaNrqSY5ys:19/01/19(土)22:23:32 ID:lJK
>>977>>978>>979村長「戻られたか。さて少し厄介な事になっていてな」一行を出迎えたのは村長だった。ハウン「ソンチョー トナリ村 平気?」村長「…むぅ、それについて如何しようかと今から村の衆と話し合いをしようと思っていたが」ハウン「…」ハウンの痛々しい表情から村長は続ける。村長「幸い、と言っていい訳もないが隣村までは草原が続く。 余程のことがない限り火が此方まで来ることはないだろうが… そもそも妙なのだ、連中、火を起こす術など持っていたか?とな。 いや、無論交流の中で知識はある。 しかし古くからの教えに従い火を使うことは神への冒涜に繋がると頑なに火を使うことを拒んだのだ。 まあ、落雷などで火が起きた場合、神を称える祭りと称してその火を使うことはあったようだが」少なくとも此処数日は快晴であることを明記しておく。村長「調査をかってでてくれるのは有り難い。正直初めての出来事で皆戸惑っている。 馬、か…いや我々が手なづけているのは犬くらいでな、 馬の扱いは今度別方面にある村から教えを請おうと話し合っていた矢先なのだが」どうやら徒歩で行くしかないようだ。障害物もないので頑張れば健脚で半日か?間違いなく目的地には夜到達になるが。
981:かぶり:19/01/19(土)22:31:14 ID:aeH
>>980ジョージ「隣の村・・・ですか」それにそこそこ距離があるというジョージ「調査に行くことは吝かではありません     この辺に狼など 夜に活動する 人に仇成す動物やモンスターの類はいますか?」夜になって狼の群れに遭遇するなど最悪な状況である 自分なら半日程度 楽に踏破して見せるがもしも夜が危険な者であるのなら一端休息を進言しよう 果たして答えは?
982:鬼久墨音:19/01/19(土)22:32:54 ID:MOZ
>>978-980犬に乗ってくってのもなくはないか?…冗談だ、行くか?明かりが必要になるかな【先に述べた通り墨音の歩行力に問題はない】【一同に続き、調査に向かおうとするであろう】【尚、>>977で一部読み違えがあった為色々とアレでアレな感じでお願いする所存である】
983:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/19(土)22:35:07 ID:c76
【→リフラクターフィールド発生装置返却:ハウン→イムカ】「なるほど、行程はそれくらいか」 さて、イムカ単独ならば不眠器官に復讐の目という、 遺伝種子により得られたネファレムとしての能力もあり、 すぐさま動くことも適おうが、同行人達はそうもいくまい。【単独で向かうには情報が不明瞭に過ぎ、極めてリスキーといえる】>>981-982「ここは文明の明かりのない世界だ。夜は酷く暗いぞ。 そして、相手がテックを操るなら暗視装置を持っている可能性もある」 つまるところ。「そして、君達は不眠不休で動けるか?急がねばならぬ事態ではあるが、 ここは半日ほど休息をとり出発することを提案したい」
984:鬼久墨音:19/01/19(土)22:39:45 ID:MOZ
>>981>>98330時間程なら問題はない…まぁ、しかし…そうな、暗闇の上に夜行性の獣の可能性か…【墨音は故郷の世界で軍隊の特殊部隊に所属しており、長期活動訓練も無論行っている】【ただとは言えしかし暗視や魔物に関しては唸る部分もあり、ふたりの言葉を前に説得力を感じているのも事実なのだ】
985:かぶり:19/01/19(土)22:41:18 ID:aeH
>>983ジョージ「水のルーンを発動させながら であれば」そう 可能である その分魔力を空にしながらという条件が付くが
986:スぺオペ世界◆AaNrqSY5ys:19/01/19(土)22:44:08 ID:lJK
>>981村長「無論オオカミは出る。しかし一人で出歩かない限り無暗に連中もこちらを襲うことはしまい。 草原は豊かだ。連中が狩る中で人間など優先具合は下の方になるだろうな」>>982村長「火をおこす道具は貸し出そう。隣村に忘れてくる事だけはないように」なんかくっそ原始的な道具を手渡された。中身も知識が曖昧なので明記を避けるが兎に角原始的だ!>>983>>984村長「判断は任せよう。ただその…夜中でもそれなりに明るいと思うのだが」描写を忘れていたこちらの落ち度であるが…満天の星空、汚染されていない澄んだ空、この二つがもたらす明るさはそれなりだ。勿論昼間とは比べるべくもないが…あと、原始の人達は普通に対応できるように目が鍛えられてるだけである。
987:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/19(土)22:49:04 ID:c76
>>984-986「向かうだけで魔力を消耗させるのもな」 強行軍が必要な局面というのは確かに存在するが、 比較的文明人であるジョージと墨音もおり、夜目の事を考えると。「闇がマシな夜だろうと闇である以上、見落としが生まれる可能性もある。 半日ほど休息を取り出立しよう」
988:鬼久墨音:19/01/19(土)22:50:59 ID:MOZ
>>986-987…遠慮なくお借りするよ、ありがとう…【やや間があって受け取り、マジマジと眺める】【よもや矢切棒的なレベルにまでアレな感じであろうか?ともあれ多分墨音の松葉杖に搭載されているアイテムを使って着火した方がマシなレベルであろう】…しかし、さて、折角ではあるが【アクションを起こすべきは今か否か】【無論急を要する、しさし拙速は避けるべきなのもしかり】【イムカの決断に頷き、ジョージの反応次第ではあるが仮にそうと決まれば超集中休息に入るであろう】
989:かぶり:19/01/19(土)22:53:23 ID:aeH
>>986-987ジョージ「・・・分かりました ここは一度休みましょう」少しのくやしさを滲ませながらうなづいたジョージ「少し休みます セバスチャン 茶を」ということでお茶飲んで横になる英国紳士であった
990:スぺオペ世界◆AaNrqSY5ys:19/01/19(土)22:55:11 ID:lJK
>>987>>988>>989はやる気持ちを抑えつつ一行は早朝出発するつもりで休息をとる。夜中のうちに何かしたいことがあれば行動を起こすのもよいだろう…
991:かぶり:19/01/19(土)23:01:40 ID:aeH
>>990ありていに言えば 何もしなかった敷いてあげるとするならば 休息に努めた
992:鬼久墨音:19/01/19(土)23:04:35 ID:MOZ
>>990…………【イムカや機兵達には無論劣るが、それでも墨音の短期集中休息は通常2時間程で活動を再開出来る程度のものだ】【それをリミット少し前まで行い、後はシャワー…或いは施設がなければ水浴びを行う事であろう】
993:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/19(土)23:05:01 ID:c76
>>988「ああ、あと墨音。ちょっとした世間話だが」 ふと、イムカは彼女の方を(というか彼女の一部を)見ながら、「その尻尾、生まれつきか…?亜人種には見えなかったものでな」 イムカ自身、とんだ感傷だなと密かに思いながらそんな事を言うのであった。>>989「セバスチャン、私にも茶だ」 えらそうにふんぞり返ってジョージと一緒にお茶。 何だかんだで気に入っているのだろうか。【実際、紅茶は美味いのだろうか?】 ------->>990「危険な兆候が見えたら、昼なら発煙弾…色の着いた煙を炊く。夜なら閃光弾…パッと光るモノを空に放つ。 それを見たなら、直ぐに住民を避難させろ。相当切羽詰った状況という合図だ。そうでなければ――」 村長や村の若衆に連絡手段の協議。 使わぬことに越したことは無いが、備えなくてもいい理由にはならない。(本当に…とんだ感傷だな?イムカ・グリムナー)
994:鬼久墨音:19/01/19(土)23:10:03 ID:MOZ
>>993ん?…あぁ、いや、気がついたら生えてたんだ…全く、大問題だ…スカートが捲れて困る【言いながら尾をしゃなりと床を滑らせた】【越境をし始めた頃、いつの間にか生えていたのだという】【序でに先端に付いていた風車の様な手裏剣は、何となく捨てられずに懐に仕舞い込んであるらしい】…ま、バランスを取るのに便利ではあるけど【苦笑、休息前のそんなやり取り】
995:スぺオペ世界◆AaNrqSY5ys:19/01/19(土)23:10:33 ID:lJK
>>991>>992>>993さて水浴びはあの謎施設まで行かないと水源がないので難しい。井戸の掘り方でも伝授したらいいんじゃないかと思わずにはいられない。思い思いに過ごし、さて早朝。ハウン「ハウン 行く!」村長「駄目だ」此処まで道案内を買って出ていた原始の少女の訴えは流石に大人達に認められなかった。村長「くれぐれも気を付けて、こちらも隣村の方面を必ず誰かに見させておく」イムカとの協議を踏まえ村の人々は協力体制をとっている。日持ちする食料も手渡され、さあ出発である。
996:かぶり:19/01/19(土)23:12:48 ID:aeH
>>993ジョージの家は代々続く上流階級であるそれ故に紅茶は質のいいものばかりであり 実に薫り高いなお時間によってストレートティーかミルクティー砂糖も多量に含まれており 疲労回復にも一役買っている>>994ジョージ「いきましょう」セバスチャンが持ってきた新しいスーツ一式に着替え ネクタイを締めれば気合がみなぎるインバネスコートを羽織り 善意の食料を携え 気合十分 進もうとする
997:イムカ・グリムナー{最善への希求:19/01/19(土)23:15:58 ID:c76
>>994「なるほどな。風車のような手裏剣か、ちょっと見せてくれ」 ナンデ?と問われれば、「好みなのだよ。ニンジャとかその類が」 と、言うのであった。>>996「セバスチャン。ジョージが暇を出したら私のところに来い」 と、珍妙な引き抜きをかますのであった。 なお、一流の家令の振る舞いを鑑みて〝暇を出したら〟と言っている。 --------->>995「当たり前だ」 ハウンへのダメ出しは大人としては当然のお叱りである。「ああ、物見は絶やさぬようにな。それでは行って来る」【食料品も確保し、いざ出立だ】
998:鬼久墨音:19/01/19(土)23:23:47 ID:MOZ
>>997ン?あぁ、これ……ニンジャフリークなのか、私も嫌いじゃないけど…【珠夜鼠(タマヤソと読める)、と彫られた尾羽風車、実に使い込まれている】【仮にかつての鼠人、ムガのそれを確認した過去があるとすれば同一のモノと判断出来るであろう】>>995-997…留守を頼むよ、任せさせてくれ【着いてこようとしている少女を言い嗜める様に】【この辺りはどうにもニガテ分野ではあるらしく、ややぎこちない所作ではあったが】あぁ、行こう…【一同に着いて松葉杖を鳴らすであろう】
999:スぺオペ世界◆AaNrqSY5ys:19/01/19(土)23:24:17 ID:lJK
>>996>>997>>998さて、出立となれば当然向く方面は隣村。昨日上がっていた黒煙は既にない。おそらくは鎮火したのだろうが…現場がどうなっているかは想像もできない。道中の描写は割愛する。それほどまでに何も起こらなかった。平坦な道を進み、視界の先に村らしきものが見えてきた。しかし何かおかしい。望遠鏡の類でも持っていたら確認出来るだろう。藁や皮や木で出来た住居がデフォの文明世界ではあり得ない、金属製の四角い建物が幾つも並び立っている。此処から先は慎重な行動が必要だろう。
1000:鬼久墨音:19/01/19(土)23:30:30 ID:MOZ
>>999…いや、問題大有りだろうこれは…【遠目からでも分かる、隻眼ですら見える】【明らかに不審な人工物の数々、怖気がましくただそこにあるだけで奇怪な気配がうねる蛇の様に迫っていた】…【目配せで一同に確認、ここからは静音的かつ迅速に、身を隠しつつの行動を心掛ける】散開するべきだろうか?【短く低く簡潔に、ふたりに問い掛けた】
1001:かぶり:19/01/19(土)23:30:49 ID:aeH
>>997イムカに紅茶を注ぎながら その時が来たらお願いしますと頭を下げて退室したウィッカム家への忠誠心は揺るぎはしない とは言葉にしなかったが>>999さてやってまいりました珍妙な空間ジョージ「これは・・・あの洞窟の中に似ていますが」油断なく周囲に視線を配りながら言うジョージ「またあの時の様なゴーレムが出てこないとも限りません 注意しましょう」と言って一行の先頭を 構えを作りながら進もうとする
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※主&副は1005まで!次スレ誘導とかに使ってね

次スレを作る  次スレ検索
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る |    全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中:0:00/0:30

【新装開店】ここだけ世界の境界線【新規様歓迎】