- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ここだけ現代異能学園都市 -再生- No.11

27花表 千刃◆fAiBro2NmQ :2018/11/10(土)02:23:30 ID:G0r
>>20

「ううん。もう洗ったから…大丈夫…」

その柔らかい肩が、太腿が触れると同時に、彼女は声を震わせ、鼓動をひどく逸らせる。

ただ温かいだけのお湯では決して感じられない、直の肌の感触。
隣の彼女の体には、透き通った肌がある。幾重にも分かれた、美しい管が流れている。
その先には、暖かい血が流れている。その中には――――。

千刃は鮮やかな艶を纏った桃色の髪を水面に垂らし、目を閉じて顔を沈ませた。
…気が狂いそうだった。そんな事はしてはいけない、理性に先行して、そんなちっぽけな物は影にするほどの大きい"欲望"。
それが何よりも、彼女の一番深いところの"温もり"を欲していたから。
このレスの続きを表示(372件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ここだけ現代異能学園都市 -再生- No.11
CRITEO