- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ここだけ現代異能学園都市 -再生- No.11

29前嶋 閑無◆ysp4J1dwSE :2018/11/10(土)02:27:29 ID:Qoq
>>26
>>24

【向こう側へと移った視線――――その理由は、彼女が制服のボタンを開けたことによるものだろう】
【そして彼女に突き刺さる視線は、一つだけではない。摩耶のものと重なって二つ、突き刺さるほどに強烈なものではないが】
【無邪気、それを維持したまま、いやだからこそ晒される白い肌――可愛らしい顔立ちに、それが合わさったのであれば、閑無からしてみれば】

(……勝ち目が無いわ)

【自分では――――可愛らしさの欠片もない自分では、全く勝てないじゃないかと】
【少しだけ、しゅんと肩を落とした。摩耶の視線はまた移り、自身の膝の上へ――今更ながら確信するが】
【あの“視線”に関しては、彼女の物で間違いないと。そして何より、彼女は……いや、今まで散々そう言われてきたが】
【確かに、確信する。彼女は、“好き”なのだと――――】


「待って」


【攻略対象ヒロインの話に入った途端に。閑無は挙手をしながら、彼女達のそれに割り込んだ】
【人数に対して、文句があるわけではない。彼女達が、それで描けて、書けるならば】

「普通のギャルゲーにするの? 乙女にするの? 百合にするの?」
「厨二系バトル物にするの? それとも恋愛主軸の泣きゲー?」

【ノベルゲームとなれば。攻略対象のヒロインの話についてはまあ、当然だろうが――問題は、その“ジャンル”になってくる】
【演出、BGMに関しても、どうするかで雰囲気が変わってくる……ちょっと早とちりしたかもしれないが。どうしても聞きたかった】
このレスの続きを表示(370件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ここだけ現代異能学園都市 -再生- No.11
CRITEO