-  -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ここだけ衝界都市

1WEqCu6307g:2019/01/24(木)17:58:57 ID:VuV
ここだけ衝界都市

ここは数多の世界線が入り乱れる、あらゆる異界の狭間にある街。人呼んで衝界都市。
この都市に迷い込んだ者は超能力、魔術、妖術、超科学、はたまた神の力、あらゆる世界の法則が同時に存在する場所で生きることになる。
時に衝突し、時に協力しながらも、この都市はあらゆる者を受け入れてきた。

それぞれの世界の法則はぶつかり合い、混じり合い、互いの世界の法則がこの脆く結合した街を支えている。

さて、君はこの混沌極まりない街でどう生き、どう過ごしていくのだろう?
どのみち後戻りはできない。さぁ、足掻いてみせたまえ。君の力を信じている。

https://www65.atwiki.jp/multiworld/pages/1.html

【ルール】
・確定描写禁止
・エログロは同意の元で
・過度な能力は査定、審査を受けた上で修正すること
・どれだけ力量差があっても敗北の可能性を持って動く事。無敵描写や完全回避、設定の後出しは禍根しか残しません。

【名前】(難読文字にはルビを)
【種族】(なるべく簡潔に)
【年齢】(年単位で)
【性別】(特殊な性別もこちらに記載)
【容貌】(髪、目、肌の色と、服装、装飾品や特殊な器官など)
【性格】(概要に記載の場合は省略可)
【技能】(何らかの素質・才能や特殊技能、異能力、魔法など)
【装備】(持っている武器や防具、兵器など)
【概要】(キャラクターの概要)
 
+0
-0
2名無しさん@おーぷん:2019/01/24(木)18:44:14 ID:zno
さっきのスレの新規です
キャラ作ったのですが、どうでしょうか、、、

【名前】ハナコちゃん

【種族】我々の世界でいう化け物、妖怪、幽鬼のような気配のものに近い。

【年齢】10歳(享年)

【性別】女

【容貌】顔の中央に吸い込まれるような渦を描いている。
    口はアゴから鼻の一まで縦に裂けており、鋭い歯が並んでいる。目、鼻のパーツは無い。
    肌の色はうすら寒いような血の気の無い色。髪型は茶髪のおかっぱ。
    白シャツ、赤の吊下げスカートを着ている。(「花子さん」のような恰好に近い。)
   
【性格】大人しく、敬語。まじめで常識的。友好的。

【技能】赤いトイレットペーパー(に似た硬い素材の巻紙)を操作する異能
    一度に三つまで操作する事が可能で、宙に浮かせて伸ばしたり縮めたりできる。
    紙の硬度は鉄くらい。先端は鋭利に研がれている。無限に伸縮可能なわけではない(最大距離でおおよそ10メートル)

【装備】赤いトイレットペーパー。

【概要】もとは人間だった存在が怪異となり果てたもの。
    彼女本人に害意はなく、人間に対して親切なオバケでありたいをモットーにしている。
    極度に明るいわけでもなく、暗いわけでもない、わりと淡々としてるけど優しい女の子のオバケ。
    ロール時、いつのまにかぽっと現れた仮設トイレから、ひょっこり現れるかも。
3WEqCu6307g:2019/01/24(木)18:57:52 ID:VuV
私は特に修正点は無いとおもいます
4名無しさん@おーぷん:2019/01/24(木)18:59:42 ID:ixD
ありがとうございます!
使用させていただきます

あとは世界観などの話し合いですか?
5名無しさん@おーぷん:2019/01/24(木)19:00:55 ID:ixD
wikiの議論などで話し合いですね
あちらの流れ見落としてました、失礼しました
6名無しさん@おーぷん:2019/01/24(木)19:09:40 ID:zno
(新規ですが)私もウィキにアカウント申請いたしました
管理人さんお時間ある際にご確認おねがいします
わからないことばかりなので口出しするのは申し訳ありませんが、積極的に話し合いに参加したいと思います
7WEqCu6307g:2019/01/24(木)19:14:33 ID:VuV
自動承認にしました
8名無しさん@おーぷん:2019/01/24(木)19:16:19 ID:zno
そうだったんですね、すみません
あちらに行きますね
9ライナ◆Lp6E4pU2t.:2019/01/24(木)22:14:11 ID:j0i

【名前】
ライナ・ヴォルフ
【種族】
人狼
【年齢】
22歳
【性別】
女性
【容貌】
背中の中程まで届くウェーブのかかった黒髪、赤い瞳、日に焼けた肌、口元に鋭い八重歯。
頭部に人狼である事を示す黒い狼の耳がある。
身長は174cm、割れた腹筋が覗く傷だらけの上半身は、胸にさらし代わりの黒い包帯が巻かれたのみ。
ジーンズとそれのみのラフを通り越した格好は真冬でも変わる事は無い。
【性格】
自由と娯楽をこよなく愛し、日夜酒と戦いを求めては街中を徘徊する不審人物。
常時軽酔い状態であり割とテンションが高い。
戦いが絡みさえしなければ、基本的には陽気で口が悪いだけの自由人である。
【技能】
・人狼(ヴェアヴォルフ)
グウィンに於ける『人狼種』の最後の世代。
夜目が利く、強靭な肉体と、人並外れた身体能力に鋭い爪牙、変身能力等大方伝説や言い伝えにある通りの力を持っている。
また、『銀』に弱いという特性もそのまま有している。
・アオス・ヴォルフ
ライナ考案、彼女曰く『必殺技』。
並外れた筋力を持つ人狼が、その筋肉を収縮させる『溜め』の動作の後、元に戻ろうとする反動を利用して放つ一撃。
一定距離を直進する衝撃波を伴う為、ある程度距離が離れていたとしても拳の軌道上に身を置いていれば安全は保障されない。
【装備】
・黒い包帯
さらしの代わり。
・ジーンズ
ぼろぼろ。
・酒瓶
日替わり。
【概要】
昼でも太陽が昇らない闇に包まれた世界『グウィン』からこの世界に流れ着いた人狼(ヴェアヴォルフ)。
人狼種はグウィンに於いて然程珍しくも無い種族であったが、ある時を境に『狼狩り』と称した大規模な人狼掃討戦が行われ始め、数で劣る彼らはどんどん数を減らしていった。
ライナは僅かに生き残った人狼種の一人であり、グウィンの森で人間達から隠れる様に生きていた。
束縛を嫌う彼女はやがて臆病に隠れながら生きる事に嫌気が差し、森の奥に微かに見えた『見た事も無い光』を目指し歩き続ける。
辿り着いた先、その視界に飛び込んで来たのは、空高く存在する見た事も無い大きな光と、それに照らされた何処かアンバランスな見知らぬ街並みであった。
狼としての姿は黒い毛皮を持つ黒狼。
酒瓶片手に街を徘徊し、溢れる好奇心を隠す事もせずに振舞う自由人。
衝界都市の一角に存在する森の近くの廃墟を棲み処としている。
10kluovVIHkE:2019/01/25(金)02:21:38 ID:SnG
【名前】ニュゥ・モデド
【種族】人造生命
【年齢】まだ作られてから5、6歳ほど
【性別】無性。そもそも有性生殖を行わない
【容貌】
身長は160cmほど。ピンク色の肌が目立つ。髪と瞳は青。ゆるめのミディアムパーマ。
目から下には毛が一切生えずつるつるである。
体温が高く、寒い場所でも簡素なジャケットを羽織る以外に服は着ない。
先端に棘のある太い尻尾を持つ。
【性格】
基本的には温和。社会常識もそこまで破綻していない。
食べる事が大好き。ただし侵食対象と認識すると目の色を変える。
【技能】
歯、尻尾の棘、異型化した手などから侵食因子(主に体液)を放つ能力。
これに侵食された生き物は侵食された場所から肌の色が代わり髪の色も変わり、体温が高くなって大食漢になる。
体は侵食因子を放つようになり、逆に固有の生殖能力は失われる。
要はニュゥと同じ生物になってしまう。
それだけである。特に殺傷能力は無い。
しかし侵食された方は著しく身体的アイデンティティを奪われるので危険極まりない能力ではある。
またニュゥとニュゥ化した生物は病気や毒に強く非常に高い再生能力を持つ。
抗体の投与によっては侵食を一部のみで食い止めることも出来る。
【装備】
「パツパツの革ジャン」
とても頑丈な革ジャン。ニュゥのお気に入り。
最低限の所持品を入れておくためのもので、それ以外に服は身に着けない。

【概要】
超科学世界の技術を用いて生み出された人造生命。
特にこれと言って目的を持って作られたわけではなく研究所のお遊びで作られたため一通り調査した後は街に追い出された。
前述の通り大食漢で食費がかさむため、いろんな仕事を渡り歩いている。
が、本人はそれ以上の出世を望むわけでもなく、のんべんだらりと放蕩生活をしている。
時々野良生物のニュゥ化を起こし駆除に多大な労力が掛かるので都市の保健所からは命を狙われているとかいないとか。
11名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)05:31:01 ID:VPa
初動でもたついてると台無しになる恐れがあるのでロールできる環境を早く用意した方がいかと
12名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)10:13:22 ID:i52
>>10
他人の種族を一方的に変えてしまえるのはアウトなので抵抗の余地があるといいと思います
13名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)10:15:17 ID:1MH
おはようございます
ロールスレを立てた方がいい感じですか?
14名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)12:02:41 ID:iED
個人的にはあった方が良いですね
15WEqCu6307g:2019/01/25(金)12:37:14 ID:jxk
ロールスレ有りの要望が多いようなのでロールスレを建てておきます。
16名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)12:43:45 ID:1MH
主さんありがとうございます!
助かります
17kluovVIHkE:2019/01/25(金)13:25:58 ID:SnG
【名前】ニュゥ・モデド
【種族】人造生命
【年齢】まだ作られてから5、6歳ほど
【性別】無性。そもそも有性生殖を行わない
【容貌】
身長は160cmほど。ピンク色の肌が目立つ。髪と瞳は青。ゆるめのミディアムパーマ。
目から下には毛が一切生えずつるつるである。
体温が高く、寒い場所でも簡素なジャケットを羽織る以外に服は着ない。
先端に棘のある太い尻尾を持つ。
【性格】
基本的には温和。社会常識もそこまで破綻していない。
食べる事が大好き。ただし侵食対象と認識すると目の色を変える。
【技能】
歯、尻尾の棘、異型化した手などから侵食因子(主に体液)を放つ能力。
これに侵食された生き物は侵食された場所から肌の色が代わり髪の色も変わり、体温が高くなって大食漢になる。
体は侵食因子を放つようになり、この間固有の生殖能力は失われる。
要はニュゥと同じ生物になってしまう。
それだけである。特に殺傷能力は無い。
しかし侵食された方は著しく身体的アイデンティティを奪われるので危険極まりない能力ではある。
またニュゥとニュゥ化した生物は病気や毒に強く非常に高い再生能力を持つ。
ニュゥ化は専門の医療機関で治療することが出来る。また、抗体の投与が早ければ侵食を一部のみで食い止めることも出来る。
【装備】
「パツパツの革ジャン」
とても頑丈な革ジャン。ニュゥのお気に入り。
最低限の所持品を入れておくためのもので、それ以外に服は身に着けない。

【概要】
超科学世界の技術を用いて生み出された人造生命。
特にこれと言って目的を持って作られたわけではなく研究所のお遊びで作られたため一通り調査した後は街に追い出された。
前述の通り大食漢で食費がかさむため、いろんな仕事を渡り歩いている。
が、本人はそれ以上の出世を望むわけでもなく、のんべんだらりと放蕩生活をしている。
時々野良生物のニュゥ化を起こし駆除に多大な労力が掛かるので、都市の保健所からは命を狙われているとかいないとか。

確かに不可逆で変化させてしまうのはまずいですね。設定を追加しました
18名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)14:36:51 ID:Sis
>>17
普通にパンデミック級の災害能力ですし、ロールのお相手によっては問答無用で敵意マシマシ対応される可能性もありそうかなとはー
19kluovVIHkE:2019/01/25(金)15:40:10 ID:SnG
うーんそこまで言われるようならキャラ取り下げます、申し訳ありませんでした
20名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)15:53:23 ID:5JA
抗体の投与で完治できるようにすれば大丈夫なのでは?
もしくは敵意ありの対応をされても許容できるなら問題はないかと。食らうのは基本的に受け手側の判断ですし
21ライナ◆Lp6E4pU2t.:2019/01/25(金)16:44:21 ID:0VP
長文失礼します、個人的には、一時的にとは言え因子が命中した時点で強制的に別種族に変化させられてしまうというのが少し気になります。
上記にあります私のキャラ等は、その種族であるという事が最大のアイデンティティとなりますので、例え1ロール間でもそれを封じられるとなりますと、こちらとしては『因子は絶対回避する』などの対応をしたくなってしまいます。
そこで不躾ながら代案の提案なのですが、変化するのはあくまで因子が命中した部分(或いはその周囲)のみ、抗体を投与せずともある程度の時間の経過で元に戻る、といった仕様にしていただければありがたいです。
そうして頂ければ、心情的に因子に当たりやすく、受け入れやすくなります。
あくまでも一案ですので、気に入らなければ不採用でも一向にかまいません。
22名無しさん@おーぷん:2019/01/25(金)17:07:52 ID:i52
メタ的に言って受けるプレイヤーが異形化するかを決められる感じにすればいいのさ
23WEqCu6307g:2019/01/25(金)19:08:23 ID:jxk
【名前】レーテ="Nar"=イアス
【種族】機械人種
【年齢】不詳
【性別】男子
【容貌】黒髪に何色かのメッシュを入れた目隠れマッシュ。ウエイタースーツの地味目な少年。
【性格】冷静
【技能】

『バーテン』
着色料満載の毒々しい色のカクテルを作ることにおいて他の追随を許さない技量を誇る。
混ぜた途端真っ赤になる青いカクテルや、縦に色の割れたカクテル等、変な方向に技量が振り切れている。
また、緑色に光るヌードルなど軽食すらも変な物を作る。見た目に反して味はマイルド。

【装備】

『バイオニックライフル・クラス3』

強盗への牽制になる程度の装備として、内蔵銃を両腕に仕込んでいる。
よほど当たりどころが悪くなければ基本的には戦闘能力を削ぐ程度の代物である。

『ユピテルロッド・Mk.2』

ただの電撃杖。伸ばせば1.5mくらいにはなる。本人ではなくオーナーの私物である。

【概要】
カラフルな酒と奇天烈な軽食を出すことに定評のあるバー、「A-lethe-1A」のバーテン。
オーナーはいつも店を留守にしており基本的には彼が住み込みで働いている。
店内はそこまで広いわけではなく、そもそもフランチャイズ店なので特に此処が大人気のバーというわけでもない。
客層は主に周辺住民で占められており、常連の利用時間もバラバラなので店は閑散としている時間のほうが多い。
そのため、手が空いている時は普通に話に付き合ってくれたりと割と気さく。
仕事柄、人の愚痴は聞き慣れているようだ。バーテン以外にもう一つ仕事を持っているようだがあまり教えたがらない。

//一応作っておきます。
24ハナコ:2019/01/25(金)19:11:24 ID:HQR
ハナコちゃんの者です
いま帰宅しました。新参者ですが、投下してもいいでしょうか
とりあえず、ロールしたかったので投下させていただきます
25ハナコ:2019/01/25(金)22:58:03 ID:1MH
ここでお疲れ様を書いてもいい感じでしょうか?
ライナさんの方、お疲れ様でした!
ライナさんすごく優しくて元気なママみがありました…
またお願いします!初ロール楽しかったです、乙でした
26ライナ◆Lp6E4pU2t.:2019/01/25(金)23:02:23 ID:0VP
お褒めの言葉ありがとうございます、光栄です。
お疲れ様でした、ありがとうございました。
+ の新着レス

板に戻る | 履歴に戻る | 全部 最新10  | ここまで読んだ  


録音中: 0:00/0:30

ここだけ衝界都市