- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

米国企業が労働力を国外にアウトソースした場合には代償を支払わせる

※ID非表示スレ
1名無しさん@おーぷん:2016/12/02(金)18:47:23 ID:???
トランプ次期大統領は1日、トランプ新政権の元で米国企業が労働力を国外にアウトソースした場合には相応の代償の支払いが必要となるとする警告を発した。

トランプ次期大統領は既に、エアコン大手のCarrierがインディアナポリス工場を国外に移転しない代りに、
700万ドルの優遇税制措置を州当局を通じて提供することを発表していた。

これにより、トランプ新政権の元では、米国内に置いていた工場を国外に移転した企業に対して懲罰的な課税などを、
反対に、米国内の工場をそのまま維持することを決めた企業には、優遇税制策を講じるという2段構えの政策を取ることを明らかにしたこととなる。

トランプ次期大統領はまた、米国企業が工場を国外に移転することは「例え小規模なものであっても容認できない」との述べており、
工場移転禁止の基本原則については厳格に適用していくとの方針を示した。

Carrierの場合、インディアナポリス工場の継続が決まったことにより、約1100名の雇用の維持が決まったこととなる。
4名無しさん@おーぷん :2016/12/02(金)20:32:18 ID:???
経済政策が出始めたら、さっそく株価が大きく下がり始めています。


トランプさん頑張って!
5名無しさん@おーぷん :2016/12/09(金)16:24:53 ID:???
>>3
というか、企業経営と国家経済の運営は全然別物だと思う。
ここの所が解ってない人間があまりにも多すぎる、経済学者にすら存在するのだが。
例えば企業経営では赤字は悪である。
しかし国家経済の場合、赤字財政は必ずしも悪ではない。
赤字にした結果として、国の為、景気の為に何をしたのかの方が重要である。
一時的に赤字になろうとも、結果的に景気が良くなってGDPが増えるのであれば赤字は善である。
これが企業経営と国家経済の最大の違いである。
アメリカが双子の赤字からいつまでも脱却出来ない最大の理由は、
ウォール街出身の、製造業について何も知らないし、国家経済についても何も知らない金融マンばかり財務長官に就けているからではないか?
6名無しさん@おーぷん :2016/12/27(火)17:35:11 ID:???
商売人のトランプにも、アメリカ経済を復活させ、双子の赤字を減らす事は不可能か……
7名無しさん@おーぷん :2016/12/27(火)17:36:46 ID:???
光栄辺りが、「アメリカ大統領選挙」(FC)をリメイクして作ってくんないかな……
選挙だけでなく大統領当選後の8年間も含めて。
8名無しさん@おーぷん :2017/01/16(月)16:53:43 ID:???
トランプさんは経済音痴かもね。軍事のほうが優秀かもしれない。
9名無しさん@おーぷん :2017/01/19(木)22:36:05 ID:???
軍需景気で経済回復とか考えてるのかな?
とすれば今までの大統領とさして変わらない。
10名無しさん@おーぷん :2017/05/21(日)03:49:12 ID:???
むしろ軍事ケインズ主義を企んでいるのであればまだマシ。
保護貿易主義とかも理解出来る。

問題なのは、旧態依然たる「新自由主義」とその亜種を信奉している安倍晋三みたいな輩。
新自由主義とは金持ち以外誰も得しない悪魔のイデオロギーだからだ。
11名無しさん@おーぷん :2018/04/19(木)14:43:46 ID:???
デフレとインフレで政策違うよ 当然
新自由主義自体は、悪魔のイデオロギーでも何でも
ない
行き過ぎたインフレの時は、新自由主義だよ
決めつけはいかんよ
12名無しさん@おーぷん :2018/06/25(月)18:36:11 ID:???
>>11
いや、インフレの時も国家のある程度の統制必要だろ。
神の見えざる手なんて働かないという事はもう明らかだろ。
投機家や地上げ屋、転売屋を何とかしてから新自由主義とか言ってほしい。
で、投機家なんかを市場から閉め出すのは不可能だから国家統制不可避。
13名無しさん@おーぷん :2018/06/26(火)04:49:29 ID:???
国家統制=社会主義という発想は短絡的だと思う
日本のような災害大国は、完璧なる新自由主義経済を適用する事は不可能

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





米国企業が労働力を国外にアウトソースした場合には代償を支払わせる
CRITEO