- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは7件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

百年の恋も冷めた瞬間 Open

396395◆nxAHHlS/46Hd :2014/08/30(土)00:36:14 ID:uxoidM7iT
続き
彼氏は友人に言うと、電話に出た。
彼氏「はいはーいどうしたの?」
私「いま何してるかなって、ちょっと気になって電話。」
彼氏「友人と遊んでるよ?そっちは?」
私「偶然だね~私も友達と遊んでるよ。」
彼氏「へぇ~。今どこ?良かったら合流しない?」
私「今後ろにいるよ」
彼氏「…え?え?」
私「全部聞こえちゃった。クロマニョンと一緒にいてもキモイだろうし、不便かけるだけだからさよならするね。今までありがとう。バイバイ。」
そう言って電話を切る。
慌てて席を立つ彼氏。
私を見つけてこちらに来る。
彼氏「どういう事?別れって、俺何かした?」
私「うーん…。まだ気付かない?」
彼氏「訳わかんねぇよ!何なんだよ!ハッキリ言えよ!」
私「私ね、右足義足なんだよ。ハンデを背負ってる事は追々話していかないとと思ってたけど、貴方がそう言う考えなら荷物にしかならないし、嫌な障害者と一緒にいても貴方の為にならないでしょう?」
彼氏「は?え?義足?何それ聞いてないよ。」
私「うん。今まで言えなかったからね。だから、ごめんね。バイバイ。」
そして立ち去ろうとすると、私の前に立ちはだかり行く手を阻む。
彼氏「ちょ…待てって、障害になるって、何か誤解してない?何の事?」
私「「翼の前に足りないものがあるだろー」って言ってたよね?ガイジきめぇって。」
彼氏「はぁ?何それ?知らねぇし。」
隠蔽する彼氏に嫌気がさし、嫌悪すら感じ始めたので「二枚舌な人は私の好みではないので失礼させて頂きます。」と言って、友達と別の出口から立ち去った。

その日、鬼電+鬼メールが来たけど着拒&メアド変更してから静かになった。
自宅は知られていないので凸は無かった。
半月程して改めてネトゲにログインすると、ギルドのメンバーからPVルームへ拉致られた。
そこでいきなり殺され、罵詈雑言浴びせられ、どう言う状況になってるのか改めて知らされた。

・彼氏君から話は聞いた。
・あんないい子を裏切るなんて酷い。
・二股とか最低だクソビッチ。
・ゆるゆるガバマンの上にビッチとか終わってる。

チャットのログを見る限りそのような事を書かれていた。
内容を記録として取り、後日事実無根のハラスメント行為として報告し、サブ垢作ってアイテム受け渡しをしてからキャラクターを消した。

私をフルボッコにしたギルドの人達は、何故か突然アカウントが凍結されたと某SNSで全体日記を書いて愚痴ってた
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(604件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





百年の恋も冷めた瞬間 Open