- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは8件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

百年の恋も冷めた瞬間 Open

398395◆nxAHHlS/46Hd :2014/08/30(土)01:32:34 ID:uxoidM7iT
続き

弁護士さんから内容証明を届いた後、彼氏のご両親が出てきた。
後日改めて弁護士事務所で彼氏のご両親と私は面会。
証拠資料と音声を聞かせると、母親は目に涙を溜めていた。父親は顔を真っ赤にしてプルプル震えていた。
「うちの息子がご迷惑おかけしました。息子については貴方の気の済むように対応してくれてかまわない。慰謝料と言うならどんな事をしても払います。」と言われたので私の意思を伝えた。
「私の願いは、今後一切の接触禁止。私に対する虚偽の噂話の情報修正。慰謝料はいりません。」
彼氏のご両親が「せめて弁護士費用だけでも負担させて欲しい」と言ってきたので「お金で解決出来る事と出来ない事があります。私の信用はお金に代えられないものです。私は虚偽の訂正と接触さえなくなればそれでいいんです。」と伝えた。
彼氏のご両親は終始バツが悪そうな顔をしていた。
事務所を出る時、深々と頭を頭を下げられ帰って行った。
全てが終わってから、私は都道府県を二つ跨いだ所に引越した。
仕事はパソコンの接続環境さえあれば請け負えたので転職しないで済んだ。
共通の知り合いから六年前に聞いた範囲でしか解らないですが、一連の出来事の後、彼氏は彼女作れず、学校を辞めさせられ定職にも就けず、自宅警備員をやっている。と言う所まで聞きました。

私はと言うと、五年前に仕事を通じて今の旦那と知り合い、一昨年結婚して昨年の暮れに一児の母になりました。

長くなりましたが以上が冷めた話です。
スレチだったら申し訳ないです。
※会話の内容はおおよそ覚えてる事を書いたので多少違っているかも知れません。会話は方言を標準語に直して書いてます。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(602件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





百年の恋も冷めた瞬間 Open