- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは2件 まとめられてるよ! まとめ表示

【暴走】勘違い男による被害報告1人目【粘着】

738名無しさん@おーぷん :2016/08/27(土)22:10:34 ID:o3B
大学の同じクラスで、A男と言う無口な男がいた。
話しかけづらい雰囲気で、自分から話しかけることもなくて、離れたところに座っていた。
しばらくすると、なぜか白衣を着てくるようになった。
両手をポケットに入れ、ボタンをとめないで、裾が風にはためくようにして、大股で歩いていた。
しかし大学は文系の学部しかなく、わざわざ白衣が必要な科目もない。
毎日休み時間ごとに(風の強い)屋上で、両手を腰に当て、白衣の裾をはためかせて立っている姿が見られた。
ある意味有名になったものの、誰も話しかけるどころか視界にも入れないようにしていた。

そんなA男が、どうも同じクラスのB子を好きになったらしい。
B子は頭がよくてクールなキャラで、それまでA男と話したことはない。
しかしA男はB子の周りを、白衣をバタバタさせながら黙ってうろつくようになった。
話しかけてほしいんだろうなと思ったが、B子にそんな義理もない。

ある日の帰宅時、B子が自宅の最寄り駅を降りたら、いかにも偶然というようにA男と出くわした。
適当に会釈して通り過ぎようとすると、一緒についてこようとする。
B子は立ち止まり、しっかりA男の顔を見据えて「私に何か用?」と訊いた(これが初会話)。
A男はぱっと顔を輝かせて紅くなり「僕が君のすべてを知りたいって言ったら、どうする?」。
B子、一音一音はっきりと「私は知りたくない」。
「え?あれ?」という顔をしているA男を置いて、B子は通りかかったタクシーで帰った。
このレスの続きを表示(45件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





【暴走】勘違い男による被害報告1人目【粘着】