- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

膿家の暗部 part1

38名無しさん@おーぷん :2014/06/04(水)12:16:13 ID:YJKGsQMLy
>ここまでは問題ないって書いてるとこが膿家っぽい気がする

有名人の子孫自慢や農協の祖父自慢がってことね
39名無しさん@おーぷん :2014/06/18(水)13:01:14 ID:hPQzDzOKC
この前の雪の被害で補償金出るんだけど、ハウス建て直すなら十分の一の金額で良いらしい
両親は初老過ぎたし、自動カーテンも補償に含まれるってことで母が大喜びしていたら、
あろうことか父が独断でカーテン付けないって事にして見積もり出してたらしい
母は勿論聞いてなくて驚愕。何個もあるハウスを回るのは辛いって言ってもう放心状態
父は「だったらてめえが決めろ!」とか畜生とか叫んで話にならない
はいはい長男様はえらいのね。母と私が最近の天気の変わりように毎日駆け回ってるのに何なんだよ
40名無しさん@おーぷん :2014/10/19(日)18:16:51 ID:ZLXZ7AJY5
色々と怖いね
41名無しさん@おーぷん :2014/11/11(火)00:26:46 ID:OVjg8gsc6
ルール判らずの書き込みご容赦ください。スレちだったら誘導お願いします。
って、誰か読んでくれるんか? まっええか。俺のトラウマ解消のため、スイッチON ポチッとな。

今から40年ほど前、俺は農家にこ○されかけた。
S県の温泉街でのこと。
離婚した母親方の実家へ移り生活を始めた。
ある日何故か保育園に通う際、軽トラの後部扉に座らされ急発進をされた。
当然、勢いで後ろへ頭から落ちた。
運転していた伯母が近寄ってきて、こう言った。
『ごめんね、ごめんね! 違うの伯母さんは仕方なくっ』と言いながら泣いていた。
どうやら伯母の夫の指図での行動らしい。
何やら揉めながらやり取りしていたことが、後日に思い出された。
伯母 そんなことできない!
夫 鶏を絞める事ができるんだから、子供も同じだ!
俺近寄り、会話止まる。
夫 向うへ行け!
伯母の夫は、母と実家に身を寄せた時から、憎悪の眼差しで見てきた。
いつも、俺をつねったり、煙草の葉っぱを食わせようとしたり。
この時は、直ぐに母が近寄ってきて止めてくれた。『義兄さん、何させるの!』
てな感じが、暫く続いた後が、上記のことになった。
俺は、軽トラ事件の日、母にその日起きた事をほうこくした時がちょっとした修羅場だった。
母 姉さん、ちゃんと見てくれな困るやん!何でそんな事するの!
伯母 私だってしたくて、したんじゃない。夫がお前がしないなら、夫がするといったから。
あの人怒ったら、恐いから。 このままだったら、本当にこ○される! 元旦那に何とか頼んで引き取ってもらって!
あの子たちが、こ○される前に。

てなやり取りがあった後、元旦那に引き取られました。しかし、ここからも悲劇の始まりでした。
42名無しさん@おーぷん :2014/11/11(火)07:42:10 ID:TAHm2sNLP
続きは?
43名無しさん@おーぷん :2014/11/11(火)21:25:17 ID:OVjg8gsc6
すみません。農家でのことは#41までです。
悲劇の続きは都市部のОという街のことなので、スレちと思い切りました。
引っかかる切り方で誤解生んでごめんねm(__)m
44名無しさん@おーぷん :2014/11/25(火)08:50:32 ID:Sty
スレチでもいい、もやもやして気になるから書いてくれ
45名無しさん@おーぷん :2014/12/18(木)21:10:15 ID:Hs7
集落には若者がいないと思っていたら、数人が昔田舎者と言われてイジメられてひきこもりだと最近知った。いまだに見たことはない。

農家でバリバリ働いていると金の亡者と言われ、パソコンをみるとコソコソ金を稼いでいると言われ、きちんと畑を管理していると、それしかやることが無いのよ。と言われる。

ふとみたゴミ袋に子宝豆のパック
46名無しさん@おーぷん :2014/12/18(木)21:13:31 ID:Hs7
とにかく、性格がひねくれてしまった人ばかりで、この土地で生涯を終えるのは不安

いつかこの土地を脱出したいと思っている。
47名無しさん@おーぷん :2014/12/18(木)22:38:02 ID:nzu
何やってもそんなんだと嫌だね
いつかと言わず近く逃げ出せるよう祈るわ
48名無しさん@おーぷん :2014/12/22(月)14:21:54 ID:1TL
高校卒業して上京して、そのまま上京先で就職→結婚して子供も産まれて(産むところがなく里帰りせず)、数年ぶりに子連れで戻ったら「出戻り貰ってやる」された。
なんで父親とそう変りない男に「もらってやる」されなければならないんだ…
気付いてなかった、気づかせようとしていなかっただけで高校在学中も近隣膿家から見合い話持ち込まれてたらしい
49名無しさん@おーぷん :2015/01/27(火)10:01:38 ID:wpB
じゃ、私の親戚との縁切り話を。
両親が西の方の出身だから、親戚もそっち側にしかいないんだけどね。そのほとんどが膿家なんだよ。そして独身ばっかりで年も50以上のシルバー世代。
で、私少し前に嫁に行ったんだけど、夫と祖父母の家に挨拶に行ったら、押しかけてきた膿家の親戚のおっさんから
「子供が出来たら子連れで出戻ってこい。俺たちの墓守をやれ」
って言われた訳さ。夫とポカーンとしてたら、
「離婚が嫌なら、子供を2人以上産め。1人はお前んとこにやるけど他は養子に出せ。女なら嫁にしてやる」
だって。
だから、ポカーンとしてる夫はそのままに、
「嫁も来てくれない外国人ですら嫁に来ない。子供がいても捨てられるかニート。あんたの言う守る墓も草ぼうぼう。周りは爺婆なそんな田舎には遊びに行くなら我慢できるけど住むとかあり得ない。
出戻り?新婚にそんな事言えちゃうんだー非常識だね。子供をあんたのところに嫁に出す?はぁ?正気?
こんな糞爺に嫁に出す位なら子供なんか作らないよ。あんたら年寄りだけで野垂れタヒね!」

そのまま糞達と一切合切連絡を断ち切ってる。
その場に居た祖父母と伯父だけが、夫に謝ってくれて、連絡は私の携帯電話だけという風にしてくれてる。
子供が出来ても絶対に守る。
50名無しさん@おーぷん :2015/01/28(水)07:46:57 ID:Fbj
>そして独身ばっかりで年も50以上のシルバー世代。

もう少しで絶滅するねw
51名無しさん@おーぷん :2015/01/29(木)12:34:25 ID:DHi
私の思い過ごしだったらいいんだが

父の実家の実家(祖父の実家ね)には小さいころよく遊びに行っていた
父の実家に帰省するたびに、父が◯◯の兄ちゃんのところ行くよー(父の従兄弟)と言って連れてってもらってた
でも、ある時から父だけがちょっと顔を出すだけになった
私は祖父の実家、大きくて楽しくて大好きだったから、私も行きたがったが連れてってもらえなくなった
なんでだろう?とすごく不思議で悲しかったんだが

祖父の実家、いわゆる「誘拐婚」の風習があるとこだったと最近知った
もしかしたら、父はそれを恐れて私を守っていてくれたのかもしれない……
52名無しさん@おーぷん :2015/01/30(金)09:12:13 ID:L21
>「誘拐婚」の風習

怖…
数えで何歳とか、中学生/高校生になったとか、生理が始まったとかのタイミングならそうなのかも
そうじゃなくても誰かから「そろそろ」みたいに言われたのかもしれんね
53名無しさん@おーぷん :2015/02/01(日)07:50:21 ID:EiT
おっとい嫁じょかな
54名無しさん@おーぷん :2015/02/10(火)11:11:55 ID:vHy
初めて書き込みます。すれチだったらすみません。
私の母校の小学校は、1学年多くて25人程度の小規模校。山と田んぼに囲まれた小さな集落の学校だった。6学年全部で100人超えるかどうかという人数なのに、支援級の児童が10人超え。
各学年に発達がちょっと怪しい?という子も入れると2・3人はいた。
逆に中学校は山を一つ越えたような市内わりと中心にあり小学校5つが集まり1学年7~8クラスのマンモス校。全校生徒800人弱。
衝撃的だったのはそれだけ生徒がいるのに支援級の生徒が全員で15人程度だったこと。
各学年5人程度。でも、そのうち半分は母校の小学校出身者。

大人になってから知ったのは、とても近親婚が多い地域だった、ということ。
同い年の「ん?」って子の親はいとこ同士。
異父兄弟の娘(義理の叔父と姪)と年の差結婚、って親もいた。(わかりづらくてすみません)
苗字がほぼ一つしかない地域で、元をたどればみんな兄弟って感じの土地だった。
やっぱり血が濃いとどこかおかしくなっていくんだね。
さらに、発達が怪しい女の子はやたらと結婚が早い。底辺高卒業してすぐ結婚、相手は20近く離れたりしている男ばかり。
ヒニンって言葉知らないの?ってくらいぽんぽん繁殖して、どの子もまた怪しい感じ。
地元の中学、底辺校を経て狭いコミュニティの中で育ち、親と同じ道を通って行くんだろうなと思う。

さらに衝撃的なのは私(昭和末期生まれ)にも生まれたときにすでに縁談の話があったこと。
ハトコが2歳上の男の子だから、将来は結婚して家を継ぐこと、と祖父が勝手に決めたらしい。
祖父が亡くなりその話はもちろん立ち消えになって私は東京に出たまま地元には戻らずに結婚したが、里帰り出産して娘が生まれたと聞きつけた近所のババアどもが発達が怪しい家の長男の嫁に云々言い出して辟易。
自宅に戻って数年、夏も冬も帰省していない。実親が会いたいときは上京してきてもらっている。何されるか本当に怖いから。
55名無しさん@おーぷん :2015/02/23(月)23:02:38 ID:CGG
膿家ってよくわからなかったけど、ある時知り合った農家の娘さんを見てこれかとわかった。
女性で20代半ばに差し掛かろうというのに、家族に赤ちゃんや幼子扱いされて喜んでる。
家族のしきたり(冠婚葬祭)の時にいいものは食べさせてもらえなかったとか、寒い部屋にずっといさせられたとか
女性だけの酷い扱いを当たり前だと思ってる。電車にひとりで乗れないとか未熟なことをしょうがないって思ってる。
むしろアピール?天然とか未熟とかいうことがいいことだと思ってるように見える。
でもその反面、都会に住んでていろんなことして大学出てる人にすごく嫉妬してるんだよね。
その人自身はとても素直でまじめな良い人で、特定の分野での才能もある。
まさに膿家という環境によってつくられたんだなと…本人苦しんでるっぽいけど、家族のみんなにチヤホヤ
されてるのに何がこんなに苦しいのかわからないっていうふうで、それが嫉妬の言葉ににじみ出てた。
真綿にくるまれながら自立を阻まれていく無力感が伝わってくるというか。
かわいそうだったよ。膿家って概念がもっと浸透しないと、おかしいって気づけないんじゃないかな。
56名無しさん@おーぷん :2015/03/19(木)12:58:53 ID:ZmF
膿家的思想の中に「女性の自立を促す」なんて項目はないし
「自立した女性」なんてものは「生意気」でしかないから
女児の自立心はなるべく削ぐ方向の生活になるよね。
常識的な事は何も教えずバカ姫よろしく可愛がるか
家事の担い手としてコキ使うかの2極端。
後者の女の子の方が子ども時代は過酷だけど生活力は鍛えられてるから
長じてからは脱出しやすい。

そうしておいて自分たちの嫁には看護士だの介護士みたいな「使える女」がいいとか
贅沢な事を望むのね。
使える資格を持ってる自立した女性がそんな膿家に黙って隷属する可能性は
限りなく薄いから膿家は廃れる一方なのね。
57名無しさん@おーぷん :2015/03/20(金)17:22:55 ID:PjG
この前法事があって、複数の親戚から聞いた内容を総合した話。
どこまで本当かわからんが。

村議をやっていたある舅。独善的な、いわゆるお山の大将タイプ。地声がでかい。
物静かで思慮深い長男とは意見が合わないながらも、親子という関係でどうにか均衡を保ってた。
長男に嫁が来て、子どもが生まれるたびに口うるさくなっていく舅。姑は空気。

ある日、電気を点けっぱなしで寝ていた嫁を注意しようと舅が寝室へ。
嫁は全裸で寝ていた。舅はムラっときたのかガバっと覆いかぶさったんだと。
嫁は瞬時に「何してるんですか!」と抵抗「このこと週刊誌に売りますからね!」
誰も買わないけどな。そんな村の議員と嫁の話なんぞ。
週刊誌に売ったかどうかはわからないけど、村の議会には話が回ったらしく舅は村議を辞めた。
舅のライバル議員が嫁を使ってハニートラップをしかけたんじゃないかという噂もある。

長男夫婦の子ども達が巣立ってから、長男は母屋に上がることはなくなった。
新しく農業施設を作る時に併設した、簡易台所・シャワー室・トイレがついた休憩室で寝泊りするように。
子ども達がいなくなって手が足りなくなったのでヘルパーを雇う回数が増えた。
嫁と同じ年頃の男性ヘルパーが来たときのこと。
農作業中に嫁とヘルパーが談笑していたのを見かけた姑は、舅に「二人の仲が良すぎて心配」と報告。
もちろん仕事仲間として楽しく作業していただけで、嫁にもヘルパーにもそんな意図はない。
舅は何も考えず、常に上からガンガンものを言う人。姑のその一言だけで「怪しまれることをするな!!」と怒鳴りつけた。
それまで空気だった姑は、嫁にとっては唯一毒にも薬にもならない人だったのだが、そのことをきっかけに完全決裂。
姑だけが母屋に上がる理由だった嫁も、それ以来長男と一緒に休憩室で寝泊りするようになる。

現在、舅姑と長男夫婦は仕事は一緒にやるけど、私用ではもちろん仕事中ですら一切しゃべらないのだとか。
58名無しさん@おーぷん :2015/03/20(金)17:59:58 ID:VZc
>>56
>膿家的思想の中に「女性の自立を促す」なんて項目はないし
>「自立した女性」なんてものは「生意気」でしかないから
>女児の自立心はなるべく削ぐ方向の生活になる

>自分たちの嫁には看護士だの介護士みたいな「使える女」がいいとか贅沢な事を望む
これ、見事にうちの父親にあてはまってる
うちの父親はサラリーマンだけど、
膿家出身で、紛れもない「膿家脳」の持ち主だった
一応、戦後生まれで戦後の教育を受けてる筈なのに
「女は汚い」
「女は学を付ける必要はない、生意気になって男の言う事を聞かなくなる」
「女は家の事さえしてればいい」
というのを事あるごとに言ってた
ある仕事につくのに、看護師の資格があれば有利になるとの事で
看護学校を目指そうかと思ってた時期があったのだけど
母親にそれを父親に言うように言われて
渋々、看護学校の進学を考えてると言ったら
意に反して賛成、喜んだ
あれほど女が勉強する事を嫌がってた人が、なんでだろうと思ってたら
「身うちに一人、看護師がいたら
俺が寝込んだ時に便利だし役に立つからな」
と言い放ちやがったw
あなたの介護をする為に進学したいわけではないと言ったら
ボコボコにされたwww
私は結局、看護学校には行かなかったけど
身うちが看護師になって、現在も働いてるんだが
「俺に介護が必要になったら、お前仕事を辞めて
俺の介護をしろ」
としょっちゅう言ってるらしい
身うちは片親家庭だし、その人が仕事を辞めたら
父親、本人、その子供と共倒れになるっていうか
早い話、みんな食べていけなくなるっていうの。
そんな簡単なことすら理解できない。
ほんと、自己愛ばっかっていうか、自分本位で
自分の事しか考えてない。
「膿家脳」という言葉を知った時、
これほど自分の父親を形容するのにぴったりの言葉はないって思ったよ
59名無しさん@おーぷん :2015/03/20(金)22:58:35 ID:nqV
ここ初めて来たけど、前に職場で一緒だった女性が膿家の出身だったのかなと思い至った
もう社会人なのに門限があって、7時には家にいなきゃいけないからといつも早々に帰ってた
箱入り娘なのかと思いきや、クチャラーで箸の持ち方もおかしい
「うちは親戚一同の中ではマシな親だったから大学に行けたけど
 親戚で集まる度にみんなに『女のくせに大学行くなんて』と散々言われた」
25で結婚退職したけど、「大学なんか行くから行き遅れたと言われる」などなど愚痴ってた

当時はもう平成10年台で、うちは上司でも自分でお茶をいれるって会社だったんだけど
その子が入社して以来、上司にお茶をいれるようになった
朝早く来てみんなの机を拭いたり、会社の野球部の練習にお茶を用意したり…
男性陣は「あの人は女性らしい素晴らしい人だ、それに比べて他の女性社員は」
なんて言うようになったので、当然他の女子社員からは総スカン
でも、その子は当たり前のことをしているだけなのに、なんで嫌われるの?と不思議がってたな
60名無しさん@おーぷん :2015/03/23(月)21:17:08 ID:mTu
前に他のスレで元彼に売られた女性の話があって、まとめでは創作乙されてた。

田舎住みだけどそんな人間いねえよ→創作!
地域言えよ、言えねえだろ→創作!!
警察出てこないけど?犯罪なのにねvvv→創作pgr

こういうの見てたらどっちの世界が狭いのか分からなくなる。
私の住む地域も凄い田舎だった。そして似たような事があっていた。

私の場合は従姉が狙われていたんだわ。足入れ婚と言うか、向こうの家で生活して、子供が出来たら改めて結婚。そんな感じで。

しかもこっちは売ったのは母親だった。

父方叔母は従姉が大学進学を打診した時に大反対した。理由は無駄だから。
近所の土地持ちの息子に嫁がせるつもりで、
卒業したらすぐ婿家様の家に入れ。
よく働いて跡継ぎも産め。
金をこっちに流せ等々。
それはそれは酷いものだった。

従姉は父方祖父母(叔母夫家)を頼り進学。しかも学費の要らない大学へ進学し、そのまま就職。
旦那さんも同期の方で、転々と日本を巡り、未だにこっちには帰ってこない。

年寄り達は近所の女の子を物色し、親切のつもりで縁談を持ってくる。
まともな親ならここで追い返すか逃げる。
毒な親だったら従姉母みたいになる。
友人は既成事実狙いの男に家に押し掛けられていた。

田舎でも今じゃまともな人は沢山いる。むしろ圧倒的に多い。
でも、一部にはまだまだこういう毒が存在するんたよ。
6160 :2015/03/23(月)22:13:35 ID:mTu
すみません、ageてました…
62名無しさん@おーぷん :2015/03/23(月)22:29:59 ID:m1w
膿家脳の持ち主って、自分の子供を手駒くらいにしか考えてない人が
多いんだろうか
うちの父親は、ある遠戚に養子に出すと祖父が決めてたんだけど
それを嫌って田舎から逃亡
ある地方都市で母と知りあって結婚した
でも、それを気に病んでたようで
代りに白羽の矢が、その当時幼児だった私に立った
その遠戚がいろいろ訳ありの家で
父親はそれを嫌って田舎を飛び出した筈なのに
母はそれに反対したんだけど、
何が何でも養女に出すと言ってきかなかったので
唯一、父が頭が上がらない親戚に頼んで締めあげてもらって
渋々諦めたらしい
自分が家出するくらい嫌な事を子供に押し付けるなよとしか
もし、介護とか言ってきたら
「貴方の娘は、あの時点で養女に出したものと思って
いないと諦めて下さい」
と断るつもり。
63名無しさん@おーぷん :2015/05/18(月)21:58:50 ID:eWF
地方都市で接客業をしてる
市街地はそれなりに栄えてるけど車で20分もいけば田畑が広がる田舎
常連客に膿家のおばちゃんがいて取置き品を嫁さんが引き取りにくるときがあるんだけど
嫁さんいつも暗い顔してるんだよね
たまにおばちゃんが孫つれて来るけど嫁さん不在だし
悪口陰口の類は聞いたことないけど嫁姑間のゴタゴタが垣間見えて怖い
64名無しさん@おーぷん :2015/11/15(日)17:12:00 ID:xPy
北関東の田舎に住んでいる。実家は農家だけど今は農業はしていない。
膿ではないと思うが膿っぽい話もある
今は結婚していて実家の近くに住んでいる
農業を継げと言われたことは無い
言われてもそんな気はまったく無かったが
65名無しさん@おーぷん :2015/11/15(日)17:30:57 ID:xPy
私が諸小学校のころ母親の実家の敷地内に家を建て引っ越した
両親は仕事をしていて、休みの日に農業をする兼業農家だった
豚を飼っていたこともある。
養蚕もやってた
66名無しさん@おーぷん :2015/11/15(日)22:26:02 ID:xPy
隣には性格の悪い婆が息子一家と住んでいた
そこには私の1歳上の子がいて妹が同じ年だったこともあり仲良くなり
学校が遠かったので4人で学校に行ったり、帰ってからも遊んでた
婆は私の曾祖母のところにほぼ毎日来てた。他に友人がいなかったようだ
子供だった私から見てもわかるくらいぼ性格の悪さだった
幼馴染父は名前に八が入ってたから長男では無かったと思う


67名無しさん@おーぷん :2015/11/16(月)17:21:53 ID:UFN
息子にはなかなか嫁が来ず、やっと来た嫁は子連れだったので
婆はとても気に入らなかったようだ
婆が曾ばーさんにそんなことを言ってたことがあるよ
68名無しさん@おーぷん :2015/11/17(火)18:18:21 ID:0g0
田舎の農家しかも婆(性格悪)付の50代のおっさんのところに嫁に来てくれて
子供2人産んでくれたのに何を言ってるんだと婆に言ってやりたい
もういないけど
69名無しさん@おーぷん :2018/01/24(水)10:18:18 ID:oIk
あげ

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





膿家の暗部 part1