- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは5件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

今までにあった修羅場を語れ【その9】

67名無しさん@おーぷん :2015/03/26(木)15:59:02 ID:Dso
実家の斜め向かいの家に住む同い年の男A(義務教育時代の同級生)が
勘助期とオンナガー期を繰り返しながら生きている。

勘助期=あの子オレに優しい!俺の事が好きに違いない!×子タン天使!
オンナガー期=×子タンにフラれて頭が冷え、「やっぱり女は糞」と全方位の女に当り散らす

という周期を中学生の頃から繰り返している。
勘助期は長くとも三ヶ月程で、オンナガー期の方が圧倒的に長い。
周囲の女はオンナガー期のAを知っているため、彼を好きになる事は無い。
恋愛的な意味でも、人間としての好意・厚意という意味でも、無い。
なので勘助的恋愛が実ることはなく、30超えた今でも独身。

なぜ元同級生の事情に私が詳しいかというと、実家の斜め向かいにAが今も住んでいるからと
Aの母親とうちの母親が親しい為。
Aの母親はわりとマトモな人なのだが、4,5年前に亡くなった祖母が甘やかしすぎたのが
良くなかったようだ。
A母は「私達が死んだら残されたあの子がちゃんと生きていけるとは思えない」と
せめて金だけでも遺そうと、定年後も声かけしてくれた病院でフルタイムで働いている(元看護師長)
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(933件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今までにあった修羅場を語れ【その9】
CRITEO