- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

今までにあった修羅場を語れ【その9】

80名無しさん@おーぷん :2015/03/27(金)23:38:04 ID:xlL
汚い話です、注意して下さい
私の家は学校から二キロの場所にあった
しかも急勾配の上り坂
子供の足では歩いて45分はかかる
友達の家は歩いても20分くらいの場所までしかいない
そして20分地点から先は舗装された道しかなくて、道中あるのは30分地点に医薬品研究所が一つだけ
車だけはびゅんびゅん通る
私は当時お腹がゆるくなる薬を飲んでいて、頻繁にトイレに行っていた
なのでたまに友達にトイレを借りてたし、学校からも保護者に貸してあげてと通達があった

ある日友達と別れてから直ぐに猛烈な腹痛に襲われた
お腹が痛くなって、それでも懸命に歩いていたけどどうにも持ちそうにない
そんな時に私の目に飛び込んできたのが例の研究所
先生から「病気のこともあるし、困ったことがあったら研究所に寄るんだよ、学校からも話はつけてあるから」って言われていたので、藁にもすがる思いで研究所に寄った
入り口に受付件警備員がいてニコニコ笑顔のおじさんだった
私は救われた気持ちでその人にトイレを貸してくださいとお願いした
すると私の方を見た途端、おじかんはニコニコ笑顔から般若のような顔になり
「悪ガキがなんで入ってきたぁぁぁ!出ていかんか!ぶっ殺したろか!はよ出ろってんだよガキゃツンボか!のうたりんか!親もぶっ殺したろか!」
大声で怒鳴り飛ばされた
私は吃驚してその拍子に漏らしてしまった
怖いし恥ずかしいしで泣きながら帰った
私はそれから「トイレ貸してください」や「トイレ行っていいですか」と聞けなくなり、漏らすのが怖くて病気が治るまで登校拒否し続けた
中学校では登校拒否だったことをからかわれてイジメられ、また登校拒否になった
私は研究所を恨み続けた
潰れろ潰れろと恨み続けた結果、企業規模が縮小され研究所が撤退、跡地は別の会社に売却された
あの警備員が今不幸になっていることを本気で願っている
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(920件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今までにあった修羅場を語れ【その9】
CRITEO