- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは1件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11

5261/2 :2016/02/01(月)18:34:32 ID:0DJ
父の職業を勘違いしていたこと。
文を書くのが下手くそなので箇条書きで。
ちなみに母とは死別したため父子家庭で、祖母が亡くなるまでは3人暮らしでした。


・薄い色のついたレンズのメガネ着用
・若いころはパンチパーマ、途中からオールバック
・トヨタセンチュリーが愛車
・私服はテカったジャージばかり
・仕事用のスーツがなんかテカってる
・金のごついネックレスしてる
・ごつくて趣味の悪いロレックスの時計
・ワニ皮(?)のセカンドバッグ使用(汗)
・土日休みではない
・とても無口でほとんど話さないし、仕事の話など聞いたことがない
・グッドフェローズ、アンタッチャブルなどマフィア関連の映画ばかり観る
・なんでもない普通の日に祖母にジュエリーをプレゼントする
・わりと稼いでいるっぽい

などの理由から、父の職業をヤクザと思っていました。
幼い頃おそるおそる祖母に尋ねると祖母は「難しい、大変な仕事」と言いました。
小学校にあがるころには、父はもう100%ヤクザだと確信していました。
だから、そのことを誰にも言ってはいけないし、
私自身が父の職業を知っていることを知られないようにしなければと気をつけていました。
父兄参観日とか運動会とか「無理なら来なくてもいいからね」と無駄に気を使っていました。
小・中学生のころは「結婚できるんだろうか」とか「父が殺されないだろうか」とか
無意味な心配と不安でこころが一杯でした。

そんな中、祖母が亡くなり、私はさらに増した不安で夜も眠れないようになり、
意を決して父と向き合うことにしました。
「お父さん、騒いだり泣いたり、その、お父さんの仕事の障害になるようなことはしないから、
本当のことを教えてほしい。お父さんの仕事って何?ヤクザなの?」
すると身構えていた父は顔を真赤にして泣き顔か笑い顔か怒り顔かわからない表情で、
「○○士だよ」と一言だけいいました。
(すみません狭い業界だし父が個性的すぎるので身バレが心配で)
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(474件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 その11