- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは30件 まとめられてるよ! まとめ表示

今までにあった修羅場を語れ【その21】

96名無しさん@おーぷん :2017/02/14(火)18:17:13 ID:wZO
数年前に体験した事。大した事じゃないけど少しだけフェイク入れます。

第1の修羅場。
面識のなかった元同僚にストーカーされ、家凸、会社凸、挙げ句には子供の学校にまで凸された。
何度も話し合いの場を持ったがまるで話にならず、最後には「俺の言うことが聞けないんだったらコロす」とまで言われ警察へ。

しかし
警察は糞の役にもたたなかった。これが第2の修羅場。
当時はまだストーカーがそこまで問題になっていなかったからか対応はひどいものだった。
「つきまとわれてる?いいじゃない、モテて〜」
「最近多いんだよね。痴話喧嘩の仲裁に警察を使う人。うちらもそんなに暇じゃないのよ」
「てゆうかまだ相手と付き合ってないんでしょ?1回だけ試しに付き合ってあげたら?」
そしてトドメに
「ストーカー規制法ってのは恋愛関係にあった男女に適用されるものなの。あなた達付き合ってないでしょ?」
「自分でもっと解決する努力をして、それでもダメならもう1回相談にきたら?」
で、追い返された。
この時ほど警察の無能さを感じた時はない。
私は、自分で何とかするしかない、と覚悟を決めすぐにICレコと日記帳を購入。
更に携帯のメールが全てPCに飛ぶように設定。
とりあえず警察のアドバイス?どおり、まずは元同僚の親に事情を説明し元同僚を説得してもらう事に。
で、単身元同僚実家に乗り込んだ。
実家には元同僚母が1人でいて、母は元同僚に席を外すように言い私と母2人きりの話し合いが始まった。
もちろん会話は全部録音。
で、この話し合いが第3の修羅場だった。

以下、私と元同僚母の会話
母「初めまして、ムチュコタンの母です。主人は〇〇生まれの〇〇育ちで今は〇〇で部長をやっておりますのよ〜」
私の話も聞かずひたすら「うちは名士」自慢を聞かされる事1時間。
その後
母「そんな我が家に、あなたみたいなどこの馬の骨かも分からないような子供に嫁に来てほしくないけど、でもムチュコタンがどうしてもって言うなら仕方ないわね。しっかりうちの家訓を私に習って精進しなさいね」
といきなりの嫁イビリ宣言。
そうか!元同僚母は私が結婚の挨拶に来たと勘違いしてるんだ!と気付く。
私「いえ、今日はそういうお話ではなく。お宅のムチュコタンにつきまとわれて迷惑してるので止めさせて頂きたく相談に来ました」
母「あら!そうなの?じゃぁあなたはムチュコタンとはお付き合いしてないのね?」
私「してません」
一瞬喜んだ風に見えたけど、すぐに不機嫌そうな顔になった元同僚母。
母「今、あなた何て言ったの?迷惑って言ったの?」
私「はい、言いました。迷惑です」
母「あなた!何様のつもりなの?!うちのムチュコタンに好かれて迷惑だなんて!有難いと思いなさいよ!謝りなさい!」

すみません。長いので次に続きます。

このレスの続きを表示(451件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今までにあった修羅場を語れ【その21】