- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは9件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

今までにあった修羅場を語れ【その23】

36名無しさん@おーぷん :2017/05/24(水)18:38:39 ID:qWe
御両親に紹介したいと言われ、初めて彼の実家へ行ったのが二年前。
優しいご両親に歓迎され、うまくいきそうとホっとした。
その後も連休などに何度かお邪魔し、結婚の話も出た。
今年のGWも一泊でお邪魔した。和気藹々とお話しし、さて帰ろうと車に荷物を積んでいると
私一人の時を見計らってご近所さんが声をかけてきた。
「あなたこのおうちのこと知ってるの?」
「は?」彼氏が出てきたのでご近所さんはアタフタいなくなった。

その後、ご近所さんの言ったことが頭から離れなくて彼氏を問いつめた。
彼氏は白状した。
私が彼の母親だと思っていた人は、本当は彼の叔母だそうだ。彼の父親の妹。
時系列としては、まず彼両親が結婚。新居に彼父、彼母、祖母(彼父の実母)、叔母の4人で住む。
彼が4歳の時、祖母病死。彼が8歳の時、母自殺。
その後はずっと彼と、彼父と、叔母の三人暮らしだった。
「実質夫婦として暮らしているので、両親として紹介しても問題ないと思った」
「長い間これでうまくやっているし特に問題はない」と彼。
ちなみに彼父と叔母は1つの寝室で眠っています。
彼含む全員のことが気持ち悪く感じられ、結婚を考え直している今が修羅場。
親に早く話さなきゃいけなくてそれも鬱。
ご近所さんが私にあんな言い方したってことは、近所の皆さんも思うところあるんだろう。
気持ち悪いと思う反面、でも叔母が一緒に住むくらい普通かも…と揺れる時もあって
まだ混乱してる。
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(964件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今までにあった修羅場を語れ【その23】