- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは5件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

今までにあった修羅場を語れ【その23】

601名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)09:55:34 ID:goE
ああ>>598で俺とも私とも書かなかったから女と思われたのかな
「女がほぼいない職場」と書いた通り男です。
セクハラされたとは別に思ってないす。
602名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)10:07:31 ID:443
>>601

男だけだったとしても、職場で「しゃぶれ」とか「びちょびちょだろ」とか目にしたくないよなー
女性が多少なりともいたならなおさらだ
603名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)10:22:55 ID:qn1
>>598
セクハラ以前に脅迫とか刑法犯じゃねーか
604名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)11:16:03 ID:JmQ
>>598
会社の封筒使って元嫁に復縁の手紙送るってどんな判断したらそんな行動取れるんだ
しかも内容はパワーワードというか脅迫だし送料不足で戻されるってアホとしか

離婚の理由がリアルに想像できるし奥さん逃げろとしか言いようがない
598含めて関わった社員もとんだとばっちりだったね
605名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)14:14:24 ID:goE
>>598っす。
ちなみに会社の封筒使ったのは単に封筒買うのケチっただけらしい。
切手も社の買い置きをチョロまかしていた。だがなぜか62円のを貼ったので戻ってきた。
606名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)15:25:39 ID:jH6
ちゃんと料金計算できてたらそのまま奥さんのところにいって発覚が遅れたのか。
607名無しさん@おーぷん :2017/08/12(土)16:15:00 ID:qn1
>>605
82円か92円ならよかったのになwww
608名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)12:20:38 ID:rfd
私が赤ん坊だった頃の母の修羅場。

私がまだ1歳にならないくらいの頃だそうなので25年以上昔の話。
梅雨が終わりかけで薄曇り、気温も高くなく、赤ん坊抱いて軽く散歩するには良さそうな昼下がり。
母は私を抱いてご近所さんにお裾分けか何かをしに行ったその帰り。
家とご近所さんの中間で、それぞれから100メートルちょっとというところに、田舎の古い住宅街にしては道が広くなるところがあって、そこに1台の乗用車が停まっていて、
「すいません、○○ってどっちですか?」
乗用車に乗っていた男性がそんな風に声をかけてきた。
母は男性の聞いてきた地名か施設かなにかがよく聞き取れず、乗用車に近寄りながら聞き返す。
「○○はどこですか?」
男性はそれを繰り返すものの、母はその場所に心当たりが無かったので、近くの交番の場所を説明してあげることにした。
最初はふんふん頷きながら聞いていた男性だったが、あまりに何度も何度も聞き返してくるので妙に感じた母が男性の様子を伺うと、先ほどとは様子が違ってきていた。
目は変にぎらぎらしてきているし、ニコニコしていたのがのっぺり無表情に変わっていて、そのくせ口元だけ不意にニヤッとしたりする。
直感的に危険を察知した母は、後は交番で聞いて下さいと話を切り上げて車から離れた。
609608 :2017/08/13(日)12:21:51 ID:rfd
少し歩いたらもう家だからと早足で歩いていると後ろからのろのろと車がついてくる。
「○○は?○○は?」
母の歩く速度に合わせて後ろから声をかけ続ける男性。ちらりと見やると涎を垂らして目はギョロギョロ動き、一目で異様がわかるまでに変貌していた。
道幅が狭くなっていたので思い切って母はUターン。私を抱っこしているので駆け足程度も怖かったそうだが、今しがた行ったご近所さんの家まで走ろうとした。
後ろで男性が怒鳴っているのが聞こえるけれど、もはや言葉になっていない。車はバックすらしないで狭い道のガードレールやら家の壁やらにガリガリ擦りながら方向転換して母を追ってくる。
(わたしはこの子と一緒に死ぬかもしれない)
母は膝が震えて走れなくなってしまい、後ろから迫るガリガリ車が擦れる音から少しでも離れようと必死に歩を進めようとしていたそのとき、
「(母)さん、どうしたねー?」
大きな声で呼ばわれて顔を上げると、さっきまで話していたご近所のおじさんがダッシュで母のもとまで来てくれた。
「○○は?○○〜?」
男性が金切り声で叫び続けるのを無視して、ご近所さんは母をフォローしながら家まで早足で連れて行ってくれた。
おじさんと母が玄関に入った後も外から金切り声が聞こえていたそうだが、おじさんが警察に通報している間にいなくなってしまったそうだ。

その後おじさんから聞いた話によると、男性はボロボロの車だったので警察にすぐに見つかり、人的被害は出ずに済んだ。
隣県の麻薬リハビリ施設から退院して2つ隣の市に住む親に引き取られてきた翌日のことだったらしい。
帰省して妹と怪談話をしていたら、自分の1番の恐怖体験として母が語った修羅場。
610名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)12:43:13 ID:Gjq
ニコニコしていた顔がのっぺりの下りが怖いよー
611名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)13:37:59 ID:tHt
某まとめでふと思い出したので
ネタにもならん箇条書き

親戚に母子家庭の娘二人の家庭があった
この家庭は親戚の集まりには顔を出さず、同じ母子家庭の母が、集まりの帰りに寄って話をするのがいつものパターンだった
当時、自分は小5、娘さん方は中高生でかなり可愛くて、家に寄った時はドギマギしてた
ある時から家に泊まっていいという話になり、(何故か他の親戚が交代で)家に泊まって姉ちゃん達と遊ぶのが一年弱ほど続いた

成人したので、この世の春と歌わんばかりのあの状態がなぜ起きたのか母に尋ねたところ
・母子家庭のあの家庭が高額宝くじを『2つ』当選した
・家が道の行き止まりにあり、いざという時に逃げ道がない
・住所と家庭環境が漏れたのか、まず宗教と募金の話が来た
・断っていると、入れ替わりで「結婚してあげるよ」と言い出す変な男が『複数人』出てきて家の周りをウロウロしだした
・それも断っていると家に入り込んで来たため、親戚の男衆で交代の見廻り組を作っていた
・お前は一応男だしその賑やかしだった、当選額は見廻り組への酒代やら娘の進学費で直ぐに消えた
とのこと

母親(というか親戚中)が、よく話のネタにしてた宝くじを買わなくなってたのは気付いていたが、こんな理由とは驚いた
宝くじが当たってもいいとは限らないんだな、と小話
612名無しさん@おーぷん :2017/08/13(日)14:38:24 ID:mAq
>>608
>>611
どっちも話自体はよく聞くパターンだけど、なんか具体的な部分が怖いな…
613名無しさん@おーぷん :2017/08/14(月)18:38:09 ID:oz7
>>611
> 某まとめでふと思い出したので
大抵のまとめサイトはコメント欄があるんだけど分からなかったのかなぁ?
それとも作家さん?どちらにしてもウザいんだけど
614名無しさん@おーぷん :2017/08/16(水)06:15:20 ID:KY4
作家厨降臨w
615名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)01:52:54 ID:S4r
作家認定とかなんだかなーとは思うが
まとめ見て思い出した とか書かれたら

まとめ見て思い付いた なんだろうなーと思ってしまうな
616名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)11:41:53 ID:mLk
汚い話注意。

ありえないぐらい滅茶苦茶大きなう○こが出たのが修羅場。
4日ぐらい行ってなくて薬飲もうかなって時に急に来た。
うはwこれは快便になりそうな予感www
ってトイレに駆け込んでフン!と気合を込めた。
生まれましたよ。立派なのがスルっと。
水溜まりが全く見えないのがデデーンっとそこに鎮座されておりました。
そして激臭。
こんなのが私のお腹の中にいたの…って感動を覚えるものでした。
が、あまりにも巨大すぎて、位置も悪くて、洗浄ノズルがブツにズブっと突き刺さりお尻洗えず。
仕方なくペーパーで拭いて、掃除しなきゃなって立ち上がったら、自動洗浄が機能。
巨大なブツは微動だにせず、汚水が便器からあああああああああ!

友達と会う約束を取りやめ5時間かけて掃除するはめに。
とにかくブツが粘着質で割りばしで崩したりしたけど流れず、ダイソーに走って掃除道具を取りそろえやりました。
何が悲しくてブツをこねくり回して、激臭に耐え、バケツに汲んだ水を往復で運びっていう作業をしなきゃいけないのか。
生んだときは感動だったけど、最終的には憎しみしか覚えませんでした。

あれが今の季節だったら私は死んでいたか、物凄い羞恥に耐えて業者を呼んでいたと思う。

皆も出すときは注意して下さい。
後先考えずに出すと大変なことになるかもしれませんよ。
汚い話ですみませんでした。
617名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)14:46:41 ID:Ern
便秘の人は大変だねぇ
数週間くらい便秘が続いてウンコがお腹の中で固まってしまい
外科手術でお腹と大腸を切り開いてウンコを取り出した人の手術動画を思い出したよ
お医者さんがお腹の中から手づかみで固まったウンコを取り出してるのが衝撃的な映像だった
618名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)14:54:36 ID:W29
母(女優)が事故にあって、父に連れられて病院に行った
そこで見たのは包帯とガーゼだらけの知らないおばちゃん
物心ついて初めて母のすっぴんと遭遇して誰これギャァアアってなった
母は母で、死ぬかもしれない恐怖と戦い、ようやく夫と子に会えたとたんに
我が子から「誰これ」って言われて修羅場だったと思う

母はそこそこ売れていた&美意識が高い人で、自宅内でも近所の散歩でも
フルメイクだったんだよね
子供目線から見ると普段は若々しく綺麗な母が年齢以上に老けて不細工に見えたので
正直どこかのおばあちゃんかとorz
事故後は徐々に仕事量を減らして引退、普通の主婦になって今では年相応な感じ
芸名を言われても「え、この人があの女優の?」とはなるかどうか微妙なライン
ちょっと小綺麗で品のあるおばあちゃんってくらい

最近インスタとかで女優さんのすっぴん(自称)写真を見るたびに
家族には素顔を見せておいてねってしみじみと思う・・・
619名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)20:43:35 ID:piF
>>618
不謹慎だけど、笑えたw
すまん……
母親なのに「ギャー!」って顔してる父娘想像してwwwwww
まあいま穏やかに暮らせてるなら良かったね
620名無しさん@おーぷん :2017/08/17(木)20:46:36 ID:piF
なぜ二連発で笑える話が続いた!

>>616
デカイう×こを出すのって楽しいけど、そこまで凄まじいのかwww
しかもノズルが刺さるてwww
う×こ串刺しwww
あはwww
621名無しさん@おーぷん :2017/08/18(金)09:35:10 ID:uGY
すごく長いけど。けっこう前の話。
始まりは、当時25才、普通の会社員、1年半くらい付き合っていた彼氏がいて、ひとり暮し。
実家の親が病気で施設に入ることになり、兄と連絡を取って実家をどうするか相談しようとした。
兄と言っても10個くらい上で、兄は私が小学校のときに既に家を出て一人暮らししていたので、そんなに仲良くないというかほとんど会ったことがない。
で、電話してみたら、連絡がつかない。
親は病気でもう意志疎通ができなかったので、どうしたもんかと思っていたんだけど、連絡がとれないものはしょうがない。
唯一知っている携帯の番号が変わっていたので、それ以上はなにもしなかった。
とりあえず実家と同じ県の支店に異動願いを出して、しばらくしてから異動できたので私が実家で一人暮らしすることにした。
彼氏とは遠距離になったけど、付き合いは続いた。
で、そんなこんなで実家で暮らしはじめて半年くらい?
突然女の人が訪ねてきて、兄の彼女だと告げ、子どもをおいていった。
2歳の男の子。兄から養育費ももらえない、連絡もとれない、再婚?するからおいていくとのこと。
当然断ったけど、リアルに置いていかれてしまい、困惑。
警察にも行ってみたけど、兄ともその彼女とも連絡とれないから、施設にーということで、それもそれで可哀想に思えてしまった。
彼女も帰ってくるかもしれないし、としばらく実家で暮らしているうちに、とても可愛くなってしまった。
で、兄も彼女も行方不明だから、いろいろ面倒な手続きして養子にした。
彼氏とは、彼氏親の反対もあって別れてしまい、未婚の私と甥?子どもとの生活になった。
今子どもは小学生なんだけど、私の親が亡くなり葬式をしてしばらくしてから、兄がフラっと帰ってきた。
10年弱仕事で海外に行っていたそうで、そのことは親は知っていたそう。だから連絡つかなかったらしい。
で、兄が甥のことを知らない。産まれたことも知らなかった。
彼女は、付き合っていたけど、海外に行く前に別れたそうで、子どもができたことも知らなかった。
兄に似てるかと言えば似てる…気もする?くらいで、正直よくわからない。
誰が嘘をついているのかもよくわからないけど、とりあえず甥は既に私の子どもだから養子も取り消すつもりはない。
兄は申し訳ながって一緒に暮らしたがるけど、正直そんなに親しいわけではないし、二人暮らしになれているから来てほしくない。
子ども本人は、自分にはお父さんお母さんはいない、母ちゃんは自分を産んだお母さんじゃないけど、自分には母ちゃんがいるという認識なので、兄が父親の可能性があることは伝えていない。
ただ、母ちゃんのお兄さんなんだということだけ。
DNA鑑定とかすればはっきりするのかもしれないけど、それは子どもが大人になって本人がしたければやったらいいかなぁくらいで、今はなにも考えていない。
とりあえずお盆でまた兄が帰ってきていたので、モヤモヤを吐き出し。長文ごめん。
622名無しさん@おーぷん :2017/08/18(金)09:44:27 ID:uGY
あ、ひとつだけいい話。
意志疎通ができなくなっていた親だけど、元気だったときにいつか兄や私の子どもを見たがっていた。
何回かお見舞いに子どもをつれていき、子どもも幼いなりにばあば、と