- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは18件 まとめられてるよ! まとめ表示

百年の恋も冷めた瞬間 Open 7年目

5854 :2017/09/01(金)16:52:12 ID:xl1
最後に彼の実家に行った帰りに、「あれはわざとだよね」と指摘したら、
私とは目を合わせないで、「えー? 何がー?」みたいな感じで、
のらりくらりとはぐらかされました。図星だったんでしょうね。
そのうち私が本気で怒っていると気付いて、
「誰も食べないから遠慮のかたまりだと思ったんだよ」
「お母さんがまだご飯があるって知らなかったんだよ」
「お母さんは昔から、俺と兄貴が全部食べると喜んでたから、いいんだよ」
「あなたの分を食べたわけじゃないじゃん」
等々、ぶつぶつつぶやいていました。いろいろ矛盾していますよね。

別れたいと言った時も、「えー? やめときなよー」とのらりくらりとヘラヘラしていました。
私の借りていた部屋で一緒に生活していたのですが、
「来月いっぱいで解約するから、自分の住むところは自分でなんとかして」
と告げたら本気だと分かったようで、そのあとは元通り、食いつくす人に戻りました。
同じお皿のものを食べるのが心底イヤになっていたので、
お皿は別々にしましたが、平気で私のお皿からも食べていました。
食いつくしのほかに、配膳中から一人で先に食べ始めるという癖もあったので、
それもなんとか改善させて、全部並べ終わって私が席に着くまで待てるようになっていたのですが、
「本当は犬が『待て』されてるみたいで、気分悪かったんだ」
と勝ち誇ったように言って、配膳中からガツガツ食べる人に戻ってしまいました。

別れる前は、「こんなことぐらいで」と言っていましたが、本当に部屋を退去してからは、
「本当は俺だって別れたかったんだからね!
 あなたと別れてから自由な食べ方ができるから幸せだよ。
 好きなだけ食べられるし、食べながらオナラもできるし」等々、
「私と暮らしている間、食事中にマナーを口うるさく言われることがどれだけ苦痛だったか」
を語る電話やメールが来ていましたが、それもやがて途絶えました。
このレスの続きを表示(94件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





百年の恋も冷めた瞬間 Open 7年目