- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは17件 まとめられてるよ! まとめ表示

今までにあった修羅場を語れ【その25】

65名無しさん@おーぷん :2018/01/30(火)11:39:01 ID:u0W
ペット系の胸糞話なので苦手な方はスルーしてください。

母方の祖母の話(母の修羅場かもしれません)
母が小学校高学年くらいの頃、母の家はポメラニアンを飼ってた。母にとってとても大切な家族だったと私が幼い頃からよく聞かされていた。
でも5年くらい経ったある日、祖父の転勤でペット不可の家に引っ越す事になっちゃって、ポメラニアンは祖母の知り合いの家に譲ることになってしまった。
母は悲しかったけど小学生になにかできるわけもなく、そのままお別れしてそれから一度も会ってないらしい。
ここまでが母から聞いてた話。
この話を私、母、祖母でご飯を食べてる時に私が思い出して、
「そういえば、犬飼ってたんだよね?」
って祖母に聞いたら
「あの子ねぇ、私は忘れられないよ。ずっと追いかけて来ててねぇ」
って言われて、ん?ってなる私と母。
母が「お母さん(祖母)なに?追いかけるって?」
と話を聞いてみると、
本当は知り合いに譲ったんじゃなくて、引っ越した時家に置き去りにしたらしい。
母は学校があるから早めに引っ越して、最後の家の片付けは祖母がやったから、その時に置いてきたと。
譲ったって言ったのは娘の為の嘘とか言ってたけどよく聞いてなかった。
祖母が何故か悲しそうに「(車の)バックミラーにずっと追いかけてくる犬が見えて悲しかったなぁ」って言ってたから、(ダメだけど)どうしても置き去りしか方法がなかったのか?と思ったけど、祖母の性格的に里親探しもロクにしてなかったと思うと後で母が言ってた。
見たこともないポメラニアンだけど、車を追いかける姿を想像しただけで胸が痛いし、なによりあの話を聞いた時の母の、悔しさとか悲しさが入り混じった表情は、普段温厚な母からは想像できなかった。
母の内心は相当修羅場だったと思う。
このレスの続きを表示(356件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





今までにあった修羅場を語れ【その25】
CRITEO