- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは21件 まとめられてるよ! まとめ表示

何を書いても構いませんので@生活板57

97名無しさん@おーぷん :2018/02/09(金)12:42:13 ID:Ie7
動物胸糞話なので注意。

20年前くらいの話。
私は幼少期に両親が離婚して幼稚園から保育園に移った。
住む場所も変わって、元々人見知りだった私はすぐに友達が出来なかった。
保育園が嫌で仕方なくて、3日に一回くらい家に引きこもってた。
ある日なにを思ったのか雨の日に一人で外に出た。
そしたら私の住むアパートの前に大人の黒猫がいた。
当時は猫のエサなんて分からなかったから煎餅あげた。ボリボリ食べてた。
すごい人懐っこかったからどっかの家の猫かなって思ったけど、毎日家の前に来るので一緒に外で遊ぶようになった。
外に出るようになるとなぜか保育園も行けるようになった。人間の友達も出来た。
でも1番の友達は黒猫だった。
私に着いて来ることもあれば、私が着いて行って色んな場所を教えてもらうこともあった。
黒猫が1番のお気に入りだった廃墟裏の成人誌が大量に捨てられてるスペースは未だに鮮明に覚えてる。
私の母も挨拶したい!って言ってたけど、
私が誰かといる時は絶対に現れなかった。
そんな関係が2年続いて、私は小学校入学と同時に引っ越した。
引っ越す時、塀の上に座りながら黒猫はこっちを見てた。
少し離れた場所に引っ越した私は、時間が出来たら自転車で30分かけて黒猫に会いに行った。
何度行っても黒猫には会えなくて、そのまま3年過ぎた。
ずっと忘れられなくて学校の友達にもよく話してた。
そしたら、その黒猫を知ってるって女の子がいた。
どうやらその子は私の家の近くにおじいちゃんと2人で住んでいて、よく黒猫がおじいちゃんに会いに来てたらしい。
嬉しくて黒猫が元気にしてるか聞いたら
「あー、3年前におじいちゃんが日曜大工してたときノコギリを手滑らせちゃってさー、刺さって死んじゃったw」
って笑いながら言われた。
ショックすぎて当時どんな反応したかは覚えてない。
でも時期も被ってるし本当なんだなって思った。
それからだいぶ飛ぶけど、この間地元の飲み会があって、そこにその女の子がいた。
友達じゃなかったから会ったのは小学生以来で、席も近かったからその黒猫の話をした。
当時ショックでなにも聞けなかったけど、
もし埋めた場所とか覚えてたらお参りしたいから教えてほしくて。そしたら
「あの話ウソだよwまだ覚えてたの?ビックリさせようと思って言ってみただけ!」
って言われた。
それ以上はなにも聞かなかったけど、
なんていうか、たぶんウソって言ったのはウソだろうなって思った。
でも、本当にウソだったらいいなって今も思ってる。
文下手くそ&長文失礼しました。
このレスの続きを表示(811件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





何を書いても構いませんので@生活板57
CRITEO