- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは2件 まとめられてるよ! まとめ表示
レス数が1000を超えています。残念ながらこれ以上レスはできません。

その神経がわからん!その41

110名無しさん@おーぷん :2018/04/21(土)14:29:07 ID:dGs
人間じゃなくても、神経がわからん時があったな
大昔のことだが、実家に住んでいた頃、祖父母が猫を飼っていた
猫から見ると、家庭内の順位は、自分>祖父母>両親>子供(私と弟)らしく
私と弟の存在はほとんど無視、たまに手を出そう(撫でたりしよう)とすると
ピャッと逃げたり、シャーッと怒ったりしていた
ある日学校から帰ってくると、家族は皆出かけていて、私はおやつを探そうと台所に行った
そうしたら猫が一人で、いや一匹で台所に座っていた
どうせ私が近づいたら逃げるだろうと構わず冷蔵庫を開けたりしていると
猫が妙に甘ったるい声で「にゃあああん?にゃん?」と鳴きながらすり寄ってきた
甘えられるのに慣れていなかったので「えっ?」と体をよけると
さらに「んにゃんん~」と足にまといついてきた
ははん、こいつお腹が空いてて、ふだん餌をくれる祖母や母がいないんで
私に媚びてきたな、とわかった
私も鬼じゃないんで、いつもの餌のニボシを数匹だしてやった
しかし猫はニボシを見ると、口をつけずにうるんだ目で
私を見つめてため息をつきやがった(そう見えた)
あれ、お腹空いてないのかな?と思ったら、冷蔵庫の前に座り込んだ
ピンときた
冷蔵庫の中には、猫の大好物だがたまにしかもらえない「なまり節」が入っているのだ
たぶん今日の晩ご飯のおかずだから、私が勝手に猫にやってしまうわけにはいかない
私だって母の「なまり節とナスの煮つけ」は大好物だ
そこでニボシを指さして「なまり節はダメ~、これ食べなさい」といったら
「けっ!」という顔をして、どこかに行ってしまった
なんで祖母や母からでもめったにもらえないものを、私を懐柔すればもらえると思ったんだ
1000 : Over Thread
このスレッドは1000を超えました。
もう書けないので、新しいスレッドを立ててくださいです。。。
※スレ主は1005まで投稿できるよ。次スレ誘導とかに使ってね

このレスの続きを表示(890件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





その神経がわからん!その41
CRITEO