- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

ただのありふれたメモ張

1名無しさん@おーぷん:2018/05/30(水)16:16:29 ID:7az()
http://youtu.be/sf4bkLXvZKw
2名無しさん@おーぷん :2018/05/31(木)10:33:40 ID:fPd

3名無しさん@おーぷん :2018/05/31(木)12:35:14 ID:fPd
https://www.amazon.co.jp/%E3%83%91%E3%83%BC%E3%83%AB%E9%87%91%E5%B1%9E-%E8%A8%88%E9%87%8F%E3%82%B9%E3%83%97%E3%83%BC%E3%83%B3-%E3%82%A2%E3%83%B3%E3%83%86%E3%83%8E%E3%83%BC%E3%83%AB-%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%B3%E3%83%AC%E3%82%B9%E8%A3%BD-D-3556/dp/B002TYZSYS/ref=as_sl_pc_as_ss_li_til?tag=you0425x2-22&linkCode=w00&linkId=193b5c83519c575916fe402d2be85df3&creativeASIN=B002TYZSYS
4名無しさん@おーぷん :2018/06/05(火)18:45:12 ID:zMo
夜空は、ゆっくりと闇を深めていく
の眼差しに、は好ましげな笑みを柔らかく浮かべた
の顔を見たことでようやく体の芯から緊張が抜けた。
の功績に労いの言葉が向けられ
言いにくそうにおずおずとそれを口にした
目処が立ったことに胸を撫で下ろし
訝しみながら訪ねてきた
敵意を燻らせた目
は軽く息を吐いた
剣の擦れ合う音が響いている
一太刀を浴びせられていた
5名無しさん@おーぷん :2018/06/06(水)01:03:37 ID:9rL
心労からの溜息を吐く
腕をふるった料理に舌鼓を打ち
人を惹きつける天性の朗らかさ
そんなやりとりを経て
唇を真一文字に引き締めた
は内心でそんなことを考えるが
 とりあえずの目処は立った
冴えない顔
これはまずいと表情を引き攣らせている
との争いを忘れかけるほどに穏やかだ
ふと真剣な面持ちを浮かべた
そんな会話を交わしているうちにまたしばらくの時間が経った
で起きた出来事を、 が へと語り始める
無言で殺意の矛先を向けた
無表情に一声を返す
迷わずに口を開く
息の一日に幕が降りる
怪訝げな一瞥を向けつつ
が「ところで」と口を開いた。
問いかける
おざなりな態度
悲嘆に暮れた顔
 嗜虐的に笑い
言葉をぶつけてくる
余裕のある所作で躱し
呪詛と駄作の烙印が拭われることはない
血飛沫が爆ぜる
地響きが轟き
烈風が一帯に吹き荒れる
干の狼狽えを滲ませながらも
 そんな経緯を経て、今に至る。
6名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)02:01:40 ID:G4T
哄笑を張り上げる
沈痛な声
硬く冷え切った声で呟きを漏らす
力なく肩を落としてうなだれる
消沈してしまい
忌避感を抱いている
はつらつらと語り始める
吐き捨てるように言葉を投げた
深く引き攣る
肩を落として頬や耳を真っ赤に染めて、子供のように唇を震わせている
に彩られた一日が終わりを告げた
恍惚に表情を火照らせる
の日が落ちた
明日の決戦に向けて英気を養う一方
想いを馳せる
双刃が風を裂く音
焦燥に駆られている
沈痛な面持ちで下を向いてしまう
自らを鼓舞するように
小さな呟きを漏らした
注意を払いながら思考を巡らせている
猛烈に迫り
 鋭刃が皮膚へと潜り
の表情に初めての険相が宿る
でも動きが起きていた
の意識は闇に落ちた
半身で躱す
その一瞬を縫うように
 浴びた血飛沫を意に介さず
の闘いぶりは驚嘆に値するもの
驚きを隠しきれずに絶句している
堅牢な要塞
剣呑な
とっさに右へ転げた
掠めて抜けていく
横蹴りを身を屈めて潜り
閃く剣閃
抜刀の光を走らせる
抜き放たれた剣閃は地面を走って割り
烈しく路面が引き裂かれて
横一文字の刀傷に裂ける
眼光が交錯する
刃を逸らす
乱戦が加速する
強い危惧を抱いている
抱擁に身を委ねた
外界とは遮断されたような静謐が満ちている
懸念を一蹴するように
口調は深い慈愛を感じさせて
7名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)22:13:25 ID:G4T
真摯な眼差しを彼女の瞳に合わせた
確固とした自信が宿っている
口にした異論を引っ込めて口を噤んでいる
揺るぎない信頼が宿されている
剣閃入り乱れ
草履ぞうりが地面を擦ったかと思えば
辛うじてその刃を受けた
間髪入れずに
抉るように振り上げてきた
間合いを一挙に詰められる
紙一重で斬軌道を逸らした
 猜疑の目を向けている
鋭い声を向けた
斜めに斬線を描く
牽制
肺からたっぷりの酸素が吐き出されて目の前が白く明滅する
空間転移の光に染められていくの視界。
最後に見えたのは、破壊波動を受けて崩れ落ちると、その顔に浮かんだ心底からの微笑みだった。
無慈悲に砕き散らしていく
肺を震わせるような慟哭どうこくが床を濡らした
何か決定的な糸が切れたような
深い悲壮に満ちていた
 認めたくない現実を胸の内で呟いて
溢れそうになった慟哭を飲み込んで
 煉獄の棺と化した塔の中
崩れ落ちるように膝を折った
暗く澱んだ世界への憎悪
天地が覆るような崩落の中
思わず身を硬くする
無機質な沈黙を向けてきた
横に跳ね飛ぶ
刃の軌道を強引に曲げる
虚ろな表情で佇んでいて
戦いは一層激化していく
不安を蔓延らせていく
よろけながらもそれをやりすごし
の刃が振り抜かれた
肺に空気が取り込まれると同時、重く鋭くはちきれそうな痛みが胸に広がった。
警句を口にする
一層の緊張が漂い始めた
直後、暗がりから躍り出る人影
卓越した身のこなしで
斜めに踏み抜いて刃を振るう
スウェイで躱かわし
8名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)22:13:50 ID:G4T
痛みに呻きながら
顔には深い困惑と疲労が刻み込まれていて
瞳を鋭く研ぎ澄ませた
神経を全身に張り詰めさせていく
表情が険しかろうが
頬を緩ませて
表情に険を宿して口を開く
の顔は罪悪感に満ちていた
疲れ切った表情
視線を険しくして
不愉快げな表情で眉を曲げる
万全を期さなくてはならない
疑心たっぷりに首を傾げる
打ち伏せられた
淡々とした口調
流れを切り替えるように口を開いた
瞬時に呼吸を整えると
表情を強張らせながら
地盤が揺らぎ、大気が震える
の目から猶予の色が消え
9名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)22:14:14 ID:G4T
スピードは目で捉えるのがやっとの域
冷瞥を向けるのは
冷淡な目を揺らめかせながら
絶え間ない斬突を仕掛けてくる
太刀筋が鋭い
脇から肩へと斬線は斜めに刻まれて
重ねて振り下ろされた刃を紙一重で避けながら
まるでうろたえる様子を見せない
蹴りの一撃で縦に亀裂が走る
殺意に満ちた眼差しが鋭く光る
冷淡な否定を返す
嘘偽りのない殺気を感じて唇を噛む
重心が傾く
鋭く伸びた貫指
蹴り足は空を切った
瞳を凝らして息を深め
踏み足が瓦礫を砕き
亀裂を走らせる
二人の一撃が交錯した
 向けられる攻撃を的確に受け捌き続けている
脇腹へとめり込む
裂けるような痛みが
の息を吐き出させた
表情を歪めながら
の判断を鈍らせた
10名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)22:50:39 ID:G4T
の一瞬、生じた間隙
の全身へと深い深い鈍麻が広がっていく
動きを鈍らせ
膝を屈して前のめりに倒れ伏していく
誰にも聞こえないほどに小さな一言を漏らした
一切の容赦なく
冷ややかな声を掛けられて
ぐっと口を結んで溢れそうな感情を噛み殺した
感傷に身を浸している場合じゃない
静かに笑みを深める
口籠った
ため息交じりの声を漏らす
思考を巡らせていく
死線の攻防へと身を投じる
11名無しさん@おーぷん :2018/06/07(木)23:47:39 ID:G4T
声帯が潰れるほどの絶叫が喉から溢れる
関節を極めて逆向きに折った
の瞳に断固とした意思が宿り
弾ける電光
輝かしい剣気
床に手をついてすぐに身を起こした
痛みが疼く
だけを見据え続けていて
虚を突かれた
低く怒気を漏らす
12名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)11:05:19 ID:mHu
帰路へと足を向け始めた
突拍子もない発言
言葉を滞らせてしまった
労ってくれた
取り繕う
怪訝げに眉をひそめる
の顔には苦悶が滲んでいる
沈痛な面持ちを浮かべて
居合わせた面々に沈黙が漂う
 突き上げるような地鳴りが一つ
唖然と見上げる
断固とした拒絶の意思を宿している
命運がかかっている
13名無しさん@おーぷん :2018/06/08(金)12:23:49 ID:mHu
激昂の勢いを削がれて立ち止まる
音を立てて大顎が閉じられる
の表情は深刻さで満ちていて
容赦のない目を光らせている
 悲しげな笑みを浮かべて
身を傾けて避ける
奥底に沈められていてた
駆け抜けていく
優しい声色で口を開く
ゆっくりと夜が更けていく
いつもの底抜けの明るさが消えて失せている
ムッとした表情で口を開く
の瞳に影が宿る
14名無しさん@おーぷん :2018/06/09(土)20:04:55 ID:3Bt
地面を勢いよく転げたことで
意識の揺れが酷くなる
余力を振り絞る
悲しみと諦めの混じった声色
涙交じりの声
その顔は眠っているように安らか
唇を噛んで嗚咽する
彼女の視界を眠気が閉ざそうとする
二つの戦いが幕を閉じたのと同じ頃
の瞳に宿った諦めと後悔の色を見て
剣気を練る
刃を振り抜く
烈音と共に爆ぜる白光
放った閃光
烈斬を叩きつける
一つの瞬きすら致命傷を招きかねない剣戟戦を繰り広げながら
想いを込めてもう一言だけを添える
15名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)01:23:06 ID:0DY
はお互いに視線を切った
因縁の宿敵へと向ける憎悪の口調
の脇腹を突き抉る
重い呼吸に膝を折った
の口から出たその言葉に
意を決した声
意味を問うように視線を寄越した
悲痛な叫びに
衝撃を受けて跳ね上がった
骨の髄までを揺らす振動
嗚咽で揺れそうな声をぐっと我慢して
声を震わせながら
挑む運命を決定付ける証
はその生涯に幕を下ろした
朦朧とする意識のまま
16名無しさん@おーぷん :2018/06/10(日)19:10:30 ID:0DY
一薙ぎ
身を捻って辛うじて避ける
斬撃をただ体捌きだけで避けていく
手にした曲剣で縦に弧を描く
の杞憂を意に介する様子もなく
醜悪な表情を浮かべてみせる
刀身を抜き放つ
17名無しさん@おーぷん :2018/07/02(月)19:50:26 ID:fZe
東京
絶対秋葉原
レイド予定8時間でいくつ
あわせて10円
18名無しさん@おーぷん :2018/07/16(月)16:13:46 ID:SbX
http://youtu.be/J2cPvjVsqW8
19名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)01:27:54 ID:bNH
https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E3%82%B9%E3%83%9E%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B0%8F%E6%9E%97-%E9%9B%84%E6%AC%A1/dp/4063148785
20名無しさん@おーぷん :2018/07/19(木)01:37:36 ID:bNH
https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC-%E3%83%8F%E3%83%BC%E3%83%88%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%83%E3%83%81%E3%83%97%E3%83%AA%E3%82%AD%E3%83%A5%E3%82%A2-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%A9%E3%82%AF%E3%82%BF%E3%83%BC%E6%96%87%E5%BA%AB-%E5%B1%B1%E7%94%B0-%E9%9A%86%E5%8F%B8/dp/4063148742/ref=pd_aw_sim_14_3?_encoding=UTF8&psc=1&refRID=N9451DK4AE9X2R5VG152
21名無しさん@おーぷん :2018/07/22(日)11:59:08 ID:YX2
https://www.docdroid.net/zmVDhA4/d2-peter-munk-george-soros-cheney-paul-wolfowitz-hwbush-gwbush-john-kerry-clinton-september-11-attack.pdf

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





ただのありふれたメモ張
CRITEO