- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。
このスレは25件 まとめられてるよ! まとめ表示

何を書いても構いませんので@生活板68

360名無しさん@おーぷん :2018/11/09(金)09:12:37 ID:gBI
昨晩の夢に、何年か前に亡くなった父親が出てきた。
ニコニコと笑って立っていた父親を見て、私は泣いて過去の出来事を詫た。

父親が余命宣告がされた後、父親が定年を迎えたらやりたいと言っていたことを一通りさせてあげようということになった。
その時、父親がいつだったか一度見てみたいと言っていた、地元チームの試合を観に行った。
折角見るならば良い席が良いと思い、若かった私はボーナスを使って一番良い指定席を取った。
当日、その席に行くと周囲はチームカラー一色に染まっており、普通の服で行った私達はなんとも場違いだった。
試合が白熱するにするにつれて、周りは相手チームにブーイングして集中力を妨害したり、点が決まると立ち上がって雄叫びを上げ始めた。

この時、初めて指定席は見やすい席でもあり、熱狂的なファンがそれだけの金額を出しても応援しにくる席であることを痛感した。
「熱気がすごいね~」なんて呑気に話していると、斜め後ろの席の人から「もっと真剣に応援しろよ!」「ファンでもないくにこんな席にいるな!」
「お前らのせいで本当は座りたいけど、座れないやつがいるんだぞ!」と罵られた。
その人がおもむろに始めた帰れコールが、私たちの周りの席に広がる。ほんの一部の席でのことだから、ほとんどの人は気づかなかったと思う。
みんながテンションが上り過ぎているのか、諌める人は誰もおらず、父親が「良いよ、帰ろう」と立ち上がって私の手を引いた。
私も立つと、勝ったと言わんばかりにわあっと歓声が上がった。
本当につらかった。
何十年ぶりに父親と手を繋いだ出来事がこれで、悲しくて悔しくて泣いた。
良い年した大人が人目も気にせず、子供みたいに嗚咽をこぼしながら泣いた。
父親は励ますように「いい試合だったな、結果は夕方のニュースで見ような」と言った。

それが私が個人的に父親に出来たことへの最期の出来事だった。
あとは家族旅行に行ったり、家族単位では色々したが、私ができたのはこれが最期だった。
夢の中で詫たが、父親にニコニコしているだけだった。
父親は許してくれているだろうか。
このレスの続きを表示(528件)

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





何を書いても構いませんので@生活板68