- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

「Linux Mint 17.1」が登場、MATEではCompizをサポート

1Tv7o6k8acOIX:2014/12/04(木)09:04:58 ID:A2B()
 Linuxディストリビューション「Linux Mint」開発チームは11月29日、最新版となる「Linux Mint 17.1」(開発コード「Rebecca」)をリリースした。
ポイントリリースながら多くの機能強化が加わっている。

 Linux Mintは「モダンで洗練されたOS開発」を目標とするプロジェクト。
Ubuntuをベースに独自のカスタマイズを加えているのが特徴で、プロジェクトでは「Windows、Mac OS Xに続いて3番目に広く利用されている個人用OS」としている。
デスクトップ環境としてはGNOME 2をベースとした「MATE」と、GNOME 3をベースとした「Cinnamon」の2種類が利用できる。

 Linux Mint 7.1は5月末に公開されたバージョン17に続く最新安定版となり、2019年までサポートされる長期サポート版(LTS)となっている。
Linuxカーネルはバージョン3.13で、Ubuntu 14.04(開発コード「Trusty Tahr」)をベースとしている。

 MATE版およびCinnamon版共通の特徴として、アップデートマネージャの強化がある。
ソースパッケージ情報に基づきパッケージをグループ化するようになり、アップデートは個々のパッケージではなく複数のパッケージで構成されるソフトウェアアップデートとして表示される。
関連するすべてのパッケージのアップデートがまとめてユーザーに提供されるため、アップデートが容易かつ適確に行えるという。

アップデートマネージャではカーネルセクションも強化し、既知のセキュリティ修正のレビューなどを把握しやすくした。

 言語設定画面、ログイン画面も改善した。ログイン画面ではシステム環境設定関連が再デザインされたほか、
セキュリティ対策のためにセッションアウトプットの上限を200KBとし、フィルタリングも導入している。

続きはソースで
http://sourceforge.jp/magazine/14/12/02/072700

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





「Linux Mint 17.1」が登場、MATEではCompizをサポート