- -pv
スレッドの閲覧状況:
現在、- がスレを見ています。
これまでに合計 - 表示されました。
※PC・スマホの表示回数をカウントしてます。
※24時間表示がないスレのPVはリセットされます。

叙景歌スレ

1名無しさん@おーぷん:2014/09/05(金)16:57:01 ID:cCsT7KpE1()
詠もう
2名無しさん@おーぷん :2014/09/06(土)20:23:28 ID:RshCjVt6U
屍を
踏み越へ駆ける
武者の背に
風孕(はら)み張る
藍染めの母衣(ほろ)


※母衣(ほろ)ってのは騎馬武者の背で翻るマント。伝令将校の符丁のようなもの。
3名無しさん@おーぷん :2014/09/06(土)22:55:17 ID:73quDmSlq
蒼(あお)空に
絹雲薄く
たなびけり
4名無しさん@おーぷん :2014/09/07(日)14:58:23 ID:eifHUJAg5
天の河
振り放(さ)け仰ぐ
満天の
星降る如き
夜の食国(おすくに)
5名無しさん@おーぷん :2014/09/07(日)15:44:07 ID:eifHUJAg5
朝顔の
蕾(つぼみ)は何を
思ひけり
秋(とき)はさだめし
彼岸開けなり
6名無しさん@おーぷん :2014/09/10(水)02:27:21 ID:J6jLWP1Mp
満月の 雲にこもりし
闇夜なり かむかぜ吹きて
おぼろ土蜘蛛
7名無しさん@おーぷん :2014/09/12(金)16:51:50 ID:IUmBblcGZ
見よや陸(くが)
底の割れたる
甕(かめ)の如(ごと)
降りてし已(や)まぬ
天水の
カタストロフの
秋(とき)ならむ
海との境(さかひ)
消へ失せて
麓(ふもと)の村は
今更に
言ふに及ばず
頂の
峰の首(かうべ)も
浸されぬ
珪砂鉄砂の
混じりたる
濁流逆巻く
水底(みなそこ)に
呑み尽くされて
影もなし
ただこの方舟(アーク)
残すのみ

反歌(かへしうた)二首

方舟(はこぶね)を
残すのみとは
言ひながら
命よ続け
理屈あらなも

人は何故
この期(ご)に及ぶ
その日まで
顧みざらむ?
憂ひあらずや?

※ノアの洪水を詠める長歌
8名無しさん@おーぷん :2014/09/12(金)16:55:27 ID:IUmBblcGZ
↑長歌の最終行、

>残すのみ X
>残すのみなり ○

だった。惜しかった。
9名無しさん@おーぷん :2014/09/12(金)17:01:03 ID:IUmBblcGZ
見よや陸(くが)
底の割れたる
甕(かめ)の如(ごと)
降りてし已(や)まぬ
天水の
カタストロフの
秋(とき)ならむ
海との境(さかひ)
消へ失せて
麓(ふもと)の村は
今更に
言ふに及ばず
頂の
峰の首(かうべ)も
浸されぬ
珪砂鉄砂の
混じりたる
濁流逆巻く
水底(みなそこ)に
呑み尽くされて
影もなし
ただこの方舟(アーク)
残すのみなり

反歌(かへしうた)二首

方舟(はこぶね)を
残すのみとは
言ひながら
命よ続け
理屈あらなも

人は何故
この期(ご)に及ぶ
その日まで
顧みざらむ?
憂ひあらずや?

※ノアの洪水を詠める長歌

申し訳ないが、敢えて、修正版を貼らせて頂きました。
10名無しさん@おーぷん :2014/09/17(水)16:53:37 ID:oV0vgbxPl
大日本帝國を詠める長歌

見遥かかす 廃墟なりけり
秋津嶋 これも運命(さだめ)と
言ふべけむ 神つ風てふ
作戦も 故事を頼みの
命名が 示すが如く
ひたすらに 一途なりとは
言ひながら 憐れを誘ふ
ばかりなり 山河に骸(むくろ)
累々と 廃墟に屍(かばね) 草むして
神州つひに 開城す
嗚呼(ああ)神つ風 吹かざりき
ミズーリ号の 甲板に
城下の盟(ちかひ) 強ひられつ
国難ここに 極まれり
国史に残る 瑕疵なれど
臥薪嘗胆 幾星霜
護国の社(やしろ) 英霊の
柱となりて ゐますれば
国つ同胞(はらから) 皆具して
我ら必ず 再起せむ
国つ同胞(はらから) 皆具して
我ら必ず 再起果たさむ

反歌(かえし歌)

英霊の
柱となりて
ゐますれば
一隅照らす
灯り絶やさじ
11名無しさん@おーぷん :2014/11/30(日)04:36:55 ID:xwV
さきわいを まもる人とそ さきもりと
さかもり御神酒 御霊にささぐ
12名無しさん@おーぷん :2014/12/08(月)02:16:10 ID:UAh
繰り言や
小便漏らし
我我我
13名無しさん@おーぷん :2014/12/11(木)07:12:11 ID:pDo
時雨(しぐれ)なり
樋(とひ)を伝ひて
落つる音(ね)の
常夜(とこよ)ならざる
明け方に已(や)む
14名無しさん@おーぷん :2014/12/11(木)14:21:30 ID:Bzi
枯れ葉舞ひ
道行く人の
背もまるみ
師走の風ぞ
吹き抜けにける
15名無しさん@おーぷん :2014/12/13(土)01:15:05 ID:Vuc
マスクから
湯気立ちのぼる
通勤路
16名無しさん@おーぷん :2014/12/17(水)14:51:11 ID:gG2
鈍色(にびいろ)の
雪雲天を
覆ひけり
17名無しさん@おーぷん :2014/12/17(水)14:59:58 ID:gG2
風冴ゆみ
唸りて渡る
諏訪の湖(うみ)
18名無しさん@おーぷん :2014/12/17(水)23:36:33 ID:2fC
額深く
突き刺す寒気の
潔さ
19名無しさん@おーぷん :2014/12/17(水)23:46:42 ID:2fC
バスを待つ
白杖と犬に
吹雪く神
20名無しさん@おーぷん :2014/12/28(日)07:08:50 ID:OFh
ゆきゆきて さきわいもりし つわものの
御霊おとしむ 赤などゆるさじ
21名無しさん@おーぷん :2015/03/17(火)00:50:45 ID:rrp
拭きこぼれ
ケーキの欠片
蟻運ぶ
22名無しさん@おーぷん :2015/03/17(火)19:11:14 ID:fcO
電車の窓の向こう
もう一列の吊り革が
やはり揺れている。
夜。
23名無しさん@おーぷん :2015/03/18(水)22:27:59 ID:x9B
春の雨
蛙一匹
道を行く
24名無しさん@おーぷん :2015/03/19(木)18:51:41 ID:lbE
振る女
振られる男
常ならむ
代々(よよ)変わらざる
人の世の色
25名無しさん@おーぷん :2015/03/23(月)23:23:37 ID:Kqn
三日月と
明星浮かぶ
春の宵
26名無しさん@おーぷん :2015/04/04(土)12:56:33 ID:b1K
ああこんな
とこにもあった
のか桜
27名無しさん@おーぷん :2015/04/08(水)20:30:40 ID:1gY
首竦め
速足となる
寒戻り
28名無しさん@おーぷん :2015/04/11(土)21:54:54 ID:Jfz
床の間の
花瓶の造花
意味不明
29名無しさん@おーぷん :2015/04/11(土)22:50:29 ID:mtN
元嫁の懐かしい声いとうしく
吾が情けなさ 寒さ身にしむ
30名無しさん@おーぷん :2015/04/13(月)19:56:44 ID:apX
うつせみの
世の不条理を
しるしけり
ふることぶみの
行の間に間よ
31名無しさん@おーぷん :2015/04/15(水)21:32:39 ID:aiT
通勤の
友と成りえし
傘壊れ
32名無しさん@おーぷん :2015/04/17(金)22:28:49 ID:lnI
かっぱすら
エロに見立てた
コジマゆく
33名無しさん@おーぷん :2015/05/11(月)01:19:32 ID:e0H
ヨムトナク
ラクハラフクレ
生まれ晴れ
34名無しさん@おーぷん :2015/05/14(木)20:14:51 ID:p14
わたしさあ
自殺するよと
サプリ 飲む
35名無しさん@おーぷん :2015/05/21(木)15:57:24 ID:lWM
清流に
きらりと光る
砂金かな
36名無しさん@おーぷん :2015/05/21(木)16:03:53 ID:lWM
初夏の風
息吹(いぶ)ひて梢(こずゑ)
鳴らしけり
37名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)19:52:47 ID:Lwj
山裾に かほるさつきの 木樹の香よ
38名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)20:01:51 ID:Lwj
照りつける 空見上ぐれば 蒼々と ただひたすらに 澄みわたりけり
39名無しさん@おーぷん :2015/05/24(日)20:07:24 ID:Lwj
吹き抜ける 風はいずこに 向かふらむ
40名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)18:29:48 ID:roO
杣(そま)道を
踏みてし進む
徒(かち)すがら
身に染みわたる
草木の香よ
41名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)18:33:18 ID:roO
心地佳し
肌に優しき
みなつきの風
42名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)18:37:04 ID:roO

しくじった
字数間違い
oh sorry
43名無しさん@おーぷん :2015/06/03(水)19:57:05 ID:roO
【もとい。やり直し】

初夏なれば
常の如きに
吹き抜けし
風も慈愛ぞ
いとど涼しき
44名無しさん@おーぷん :2015/06/09(火)19:14:33 ID:tu8
この虚(そら)に
満ちてし在らむ
媒質(エーテル)を
励起させしむ
磯城島(しきしま)の
大和言霊(ことだま)
幸ひて
陰陽二極
相和せば
蜻蛉(あきつ)弓なり
臥龍坐す
天沼矛(あめのぬぼこ)の
滴(したた)りの
美(うま)しゆかしき
国となり
四季の恵みを
賜りぬ


反歌(かへしうた)

梅雨の虚空(そら)
覆ふ雲さへ
いとほしく
天(あめ)の恵みを
かみしめるなり
45名無しさん@おーぷん :2015/10/20(火)16:38:37 ID:x5K
目に染みる 君の姿の様な青
47名無しさん@おーぷん :2015/12/17(木)19:47:41 ID:DjE
蒼穹に
君のピストル
聳え勃つ
48名無しさん@おーぷん :2016/01/17(日)22:31:39 ID:TjL
雪ならぬ
そぼふる雨に
凍えけり
暦照らさば
不思議ならざり
49名無しさん@おーぷん :2016/01/18(月)22:03:20 ID:uUF
ごーごーと
揺らせ参らせ
吹き荒(すさ)ぶ
初春月の
宵(よい)の山風
50名無しさん@おーぷん :2016/01/23(土)18:26:49 ID:Aqs
見詰めたい 冷たい雨に さまよって
逢いたい人と 見詰めあいたい
51名無しさん@おーぷん :2016/01/23(土)18:32:54 ID:Aqs
懐かしい ふるさとに住む 君思い
霰に降られ ものの憐れよ
52忍法帖【Lv=12,しんりゅう,rvb】 :2016/01/23(土)18:38:27 ID:Aqs
雪ならば 弾む心も 霙とは
それぞれの道 外れゆきては
53忍法帖【Lv=12,しんりゅう,rvb】 :2016/01/23(土)18:48:40 ID:Aqs
凍てついて 白い息つく 雑踏に
いそぐ人らは いえ帰りつく
54名無しさん@おーぷん :2016/01/24(日)20:14:31 ID:wKO
心やぐ はりつめる空 のぞむもの
ひとえ綿たし いらつめみつめ

55名無しさん@おーぷん :2016/05/11(水)14:40:07 ID:Dix
春の雨 柔肌濡らす 甘い罠
軒先借りて 矛先むける
56忍法帖【Lv=2,キメラ,HiJ】 :2016/07/11(月)18:26:52 ID:VZN
夢現(うつつ)
かの浦島も
かくやある
刹那よ止まれ
君が笑みする
57名無しさん@おーぷん :2016/08/31(水)19:49:00 ID:O4p
スマホ手に
何を思ふや
今日の君
声惜しみ且つ
文字も抑えて
58名無しさん@おーぷん :2016/09/20(火)20:23:52 ID:RhE
いないとは
思っていても
電話する

新着レスの表示 | ここまで読んだ

名前: mail:





叙景歌スレ
CRITEO